弥次喜多メイン
2020.01.28

日本橋で弥次喜多コンビとお江戸体験! 千疋屋のカットフルーツや江戸前寿司を堪能。 現代の3倍サイズの江戸前寿司が登場!『日本橋シアトリカルツアー』体験イベント。

日本橋の魅力をエンターテイメントで発信する、新感覚の“没入型”街歩きツアー『日本橋シアトリカルツアー』。江戸時代から現代にタイムスリップした、あの"弥次喜多コンビ"と一緒に日本橋の街や文化を堪能できます。今回はその体験ツアーにお邪魔してきたので、見所をたっぷりとご紹介します!

”演劇×街あるき”の新感覚エンタメ! 弥次喜多コンビと一緒に、日本橋の魅力を体験。

弥次喜多コンビと観光ツアーガイド・藤川初音さんの一本締め。
弥次喜多コンビと観光ツアーガイド・藤川初音さんの一本締め。

今回の体験イベントでは、60分のダイジェスト版で日本橋の名所をぐるり! 「日本橋と言えば、ここしかない」という観光名所や、おいしい老舗を巡ります。ただ、弥次喜多コンビのひとり、弥次さんがタイムスリップした際に江戸時代の記憶を失ってしまっていたことが判明。

ちょっとした不安を抱えつつも、弥次さんの記憶を取り戻すべく、お江戸にちなんだ日本橋の名所巡りがスタートしました。景気良く"一本締め"で日本橋案内所を出発!

移動中、歩きながら弥次喜多コンビとの会話も楽しめちゃいます。

日本橋の老舗鮨屋〈繁乃鮨〉、〈蛇の市本店〉が再現した江戸前寿司。
日本橋の老舗鮨屋〈繁乃鮨〉、〈蛇の市本店〉が再現した江戸前寿司。

弥次喜多コンビと向かった先は、仲通りに現れた寿司屋台。江戸の人々から愛された、赤シャリで握った大きなお寿司が登場しました! 大きくて、とても一口では食べきれないほど。漬けマグロにも、お味がしっかり染み込んでいて食べ応え抜群です。現代の3倍もの大きさの江戸前寿司ですが、立って食べるのがお江戸流とのこと。

お寿司には必ずガリが付いてきますが、江戸時代、屋台でお寿司をいただくときに「手が乾かないように、ガリで指先を濡らしながら頬張った」というプチお江戸話も聞かせてくれました!

福徳神社での迫真の演技。
福徳神社での迫真の演技。

寿司屋台を後にし、向かった先は日本橋の地に鎮座する福徳神社。しかし、ここである事件が勃発します。私たちの目の前で繰り広げられる、キャストの迫真の演技からは目が離せません。

日本の道路の起点となっている日本橋。
日本の道路の起点となっている日本橋。

気を取り直して向かったのは、日本の道路の起点にもなっている日本橋。ここまで来ると、気分はすっかり江戸っ子です。

弥次喜多コンビが、高速道路が架かる「日本橋」を見て驚く場面も。それもそのはず。200年以上の時を経て、日本橋の街は大きく変化しました。でも一方で''江戸前”寿司など、お江戸の名残は今も色濃く残っています。

この他にも、本ツアーでは千疋屋総本店 日本橋本店で旬のカットフルーツを堪能したり、山本海苔店 日本橋本店やにんべん 日本橋本店などの美味しい老舗にも立ち寄ったり。思わず笑顔になること、間違いなし!

日本橋の街を楽しむのはもちろん、福徳神社で判明した事件などエンディングが気になる方は、ぜひツアーに参加してみてくださいね!

「日本橋シアトリカルツアー」概要
◾️主催
日本橋シアトリカルツアー実行委員会

◾️企画・製作
松竹株式会社

◾️特別協力
三井不動産株式会社

◾️後援
一般社団法人中央区観光協会

◾️協力
日本橋地域ルネッサンス 100 年計画委員会、名橋「日本橋」保存会、株式会社千疋屋総本店、株式会社にんべん、株式会社山本海苔店

◾️Twitterフォロー&リツイートキャンペーンを実施中!
2月24日(月・祝)にツアーの先行体験ができる「プレミアムチケット」を、抽選で5組10名にプレゼントするキャンペーンも。『日本橋シアトリカルツアー』公式Twitterアカウント(@nihonbashi_tour)をフォローして、該当の投稿をリツイートしてみて。

加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る