1月10日から期間限定。『〈貝印〉プレゼンツ「切るとは」展』が東京ミッドタウンで開催!
2020.01.09

スタンプラリーに参加で貝印商品のプレゼントも! 1月10日から期間限定。『〈貝印〉プレゼンツ「切るとは」展』が東京ミッドタウンで開催!

2019年に創業111周年を迎えた総合刃物メーカーの〈貝印〉は、切ることを多角的に体感できる『〈貝印〉プレゼンツ「切るとは」展』を開催。2020年1月10日(金)〜13日(月)の期間限定なので、この週末にぜひ足を運んでみては?
サクマ ラン
サクマ ラン / フリーランス

「美容と食が好きなフリーライター/イラストレーター。好奇心には勝てないアクティブ派。」

サクマ ランさんの記事一覧 →

『〈貝印〉プレゼンツ「切るとは」展』とは?

IMG_7342

期間限定開催となるこちらのイベントは、“「切る」辞典の中に入り込み、「切る」という行為を見つめ直す”というのがコンセプト。「切る」行為の面白さを感じることのできる体験型のイベントです!

IMG_7341

それではコンテンツをひとつひとつまわってみたいと思います!

「切る」を紐解く体験コンテンツ!

IMG_7343

まず入り口に入るとスマートフォンが貸し出され、各コンテンツに散りばめられたARマーカーを読み取りながら会場を自由に回遊。ARスタンプを集めると、なんと最後に貝印商品のプレゼントがもらえるそうなのでぜひ全部集めてみてくださいね!

IMG_7345

1つ目のコンテンツはヒステリーボード。「切る」辞典を作るに至った貝印の111年の歴史を知ることができますよ!

IMG_7347

2つ目のコンテンツは、包丁、ツメキリ、カミソリの展示。サイズや用途が異なるたくさんの商品があり、見ているだけでわくわく!

IMG_7348

今発売しているものだけでなく、環境を考えて開発が進められている未来の商品も展示。紙カミソリや杉や竹が材料として使われた包丁など、将来が楽しみになるようなものばかり。

IMG_7360

3つ目は、聴覚を利用したコンテンツ。音を聞いてどんな道具が使われているか、何を切っているかなどを当てるクイズコーナーです!

IMG_7359

4つ目は切れ味の比較を体験することのできるコンテンツ。目の前で包丁の特徴や違いをレクチャーしていただき、実際にお肉やキャベツの千切りを見ることができます!

IMG_7354

料理は味付け、火加減、切り方が3つの重要ポイントなのだそう。美味しく仕上げるためにいい包丁は欠かせないんですね!

IMG_7352

5つ目は「切る」を体験できるコンテンツ。スマートフォンでブラウザにアクセスし、画面を指でスワイプ。すると目の前のモニターに映し出されたものがカットされるという不思議な体験ができちゃいます!

IMG_7340

全部のコンテンツをまわりスタンプを集めていくと、内容の異なるエンディングをスマートフォンで見られることができますよ!最後までお楽しみ盛りだくさんなイベント、ぜひこの週末に足を運んでみてはいかがですか?

『〈貝印〉プレゼンツ「切るとは」展』概要
■東京都港区 赤坂 9-7-1 東京ミッドタウン アトリウム
■2020年1月10日(金)〜13日(月)
■11:00〜21:00

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る