スイスのチョコレート〈Oro de Cacao〉が日本初上陸!
2019.12.27

カカオ豆のアロマが感じられる! スイスのチョコレート〈Oro de Cacao〉が日本初上陸!

スイスのチョコレートブランド〈Oro de Cacao(オロ・デ・カカオ)〉が日本初上陸!ダークチョコレート・ミルクチョコレート・ホワイトチョコレートの3種類を味わってきました!
伊藤美咲
伊藤美咲 / ライター

「ステキな人やモノを広めるフリーライター。1996年東京生まれ、東京育ち。グルメと美容と邦ロックが大好き。」

伊藤美咲さんの記事一覧 →

スイスのチョコレートブランド〈Oro de Cacao〉。

DSC02024

〈Oro de Cacao〉は2017年にディーター・メイヤー氏がスイス・チューリッヒで創業したチョコレートブランド。ブランド名にも入っている「Oro」は「金」を意味します。そしてスイスは日本の約5倍もチョコレートを消費しているチョコレート大国!

そんな〈Oro de Cacao〉が2020年のサロン・デュ・ショコラにて日本初上陸します!

カカオ豆特有のアロマを引き出す特許を取得!

DSC02031

〈Oro de Cacao〉の最大の特徴は国際特許技術であるCold Extractionを取得していること。

Cold Extractionとは、カカオ豆に含まれる自然で複雑なアロマを最大限に引き出すために開発された技術です。チョコレートは一般的に原料となるカカオ豆を焙煎してつくられますが、〈Oro de Cacao〉では焙煎せずに低温で丁寧に抽出しています。

DSC02032-2

また、アロマが熱によって弱まることを抑えるため、コンチングと呼ばれるチョコレートをなめらかに練り上げる工程の温度を一般的な温度よりも下げて、カカオ豆のアロマを最大限に引き出しているそう。

甘いものが苦手な人にこそおすすめしたい「ダークチョコレート ペルー80%」。

DSC02094-2

カカオ80%とハイカカオなダークチョコレート。苦味・酸味が少なく、砂糖の量を抑えることができたため、ヘルシーな味わいです。甘いものが苦手な方にぴったり。

100gあたり2,400mgのポリフェノールが含まれているので、美容効果が高いのも嬉しいポイント!

自分へのご褒美やプレゼントにもぴったり。コーヒーや赤ワインとの相性も抜群です。

ミルクチョコレートなのにカカオ60%!「ミルクチョコレート キューバ60%」。

DSC02092-2

ミルクチョコレートもカカオ60%とハイカカオ。〈Oro de Cacao〉のチョコレートはカカオ豆由来のアロマ以外は一切添加せず、香り高く仕上げられています。口に入れる前に、香りをまず楽しんで。

香りに癒された後に食べると、口の中になめらかな味わいが広がります。老若男女に愛されるフレーバーになること間違いなし。

濃厚&フルーティー!「ホワイトチョコレート グアテマラ42%」。

DSC02099-2

特に甘みが強いイメージのあるホワイトチョコレート。〈Oro de Cacao〉のホワイトチョコレートは甘すぎずさわやかな口あたり。チーズや柑橘系ジャムとの相性も◎。

心地よいカカオバターの余韻が楽しめます。カカオバターも同じくグアテマラ産カカオ豆から抽出したものを使用していますよ。市販のホワイトチョコレートが苦手な方にこそ味わってほしい1枚。

全種類味わいたい人のためのアソートも。

DSC02028-2

カカオ豆の種類が異なったダークチョコレート4種・ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートの計6種がセットになったアソートも用意。食べ比べてみてお気に入りの1枚を見つけてくださいね。

すでに多数のアワード受賞のある〈Oro de Cacao〉のチョコレート。2020年1月から開催されるサロン・デュ・ショコラにて日本初上陸です!(東京会場・オンライン限定)ぜひ味わってみてはいかが?

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る