まるでポーランドの軽井沢!?スパの町「シチャヴニツァ」で自然を満喫できる5つのこと。
2019.12.14

女子旅の穴場!ポーランドの注目エリア。 まるでポーランドの軽井沢!?スパの町「シチャヴニツァ」で自然を満喫できる5つのこと。

ポーランドの南部、スロバキアの国境に隣接する山岳地帯にあるスパの町「シチャヴニツァ」。ミネラルウォーターの産地として有名な「シチャヴニツァ」は、ポーランド人がバケーションで訪れる、まさに癒しと休養の場所。冬は温泉スパにスキー、夏は川くだりにカヤックなど、自然を存分に楽しめます。澄んだ空気と鳥のさえずり、高濃度ミネラルウォーターで日頃の疲れから心身が蘇ります。あまり紹介されていない「シチャヴニツァ」の楽しみ方をご紹介!
中村香織
中村香織 / 編集者

「雑誌とデジタルを行ったり来たりする編集者。ファッションを切り口にした企画が得意。旅とイケメン俳優の取材は趣味を超えたライフワーク。(Instagram:@kaoricontact)最近手掛けたアジアンボーイズの美容バイブル『ROU&TINIi.b』が絶賛発売中」

中村香織さんの記事一覧 →

楽しみ方1:国境を流れる「ドゥナイェツ川」で川くだり

P1010284

ポーランド南部にあるピェニヌィ山脈に流れている「ドゥナイェツ川」では、サマーシーズンに丸太の小舟に乗って川下りを体験できます。

P1010274

渓谷をゆっくりくだるので大自然に包まれてとても気持ちがいいです。左がポーランド、左がスロバキアです。

P1010255

スロバキアとポーランドの国境を流れるドゥナイェツ川に、2つの国にかかる橋があります。入り口にこの看板が目印です。

P1010261

橋を渡っていくと国境の証明書を見ることができます。かなり小さい表示なので見逃さないように!

楽しみ方2:〈トリップアドバイザー〉1位の温泉スパで全身をほぐす

P1010330のコピー

宿泊施設もある温泉スパウォータパーク〈Termy BUKOVINA〉。アクティビティで疲れたらこちらへGO!トリップアドバイザーでも1位を誇るこの施設は、このエリアに訪れたら絶対に行っておきたい場所。温水プールにウォーターマッサージ、サウナにスパに、子供も楽しめるスライダーなど、大人も子供も1日楽しめます。

P1010318

大自然を眺めながら浸る温泉プールは至福のひとときです。温度はぬるめなので長く入っていられます。

P1010323のコピー

高、中、低の3つのスライダー。子供はもちろん多くの大人も楽しんでいました。

P1010347

屋内と野外にサウナも常備。とくに野外のサウナはポーランドの伝統的な技法でつくられたかわいい建物の中にあるので、体も心もほっこりします。

P1010345

サウナのあとに寛ぐプールスペースも。サウナエリアは子供がいないので、大人だけでゆっくり過ごしたい人におすすめです。

楽しみ方3:森にひっそり佇むスパリゾートホテルで何もしない贅沢

P1010294のコピー

国境近くにある5つ星のウェルネス&スパリゾートホテル〈Modrzewie Park Hotel〉。リッチな設備に質の高いレストランやバーも常設しているので、ただホテルの中で何もしないを楽しめます。

P1010305のコピー

屋内スイミングプールやスチームバスがあるウェルネスエリアも充実。リラックスしたひとときを過ごせます。

P1010297のコピー

星空を眺めながら眠ることができるお部屋。森の中に佇むホテルなので自然と調和しながらゆっくり心身を休ませることができます。

楽しみ方4: 大自然のロケーションを満喫しながら郷土料理を食べる

P1010369

地元の食材を使った新鮮な地方料理が味わえる郷土料理レストラン〈SZYMKOWKA〉。祖母から受け継がれたポーランドの素朴な料理が楽しめます。

P1010374

山脈の美しい景色をパノラマの窓から一望することができます。

P1010375

壮大な絶景の景色と一緒に郷土料理を楽しむことができます。まわりには宿泊施設のログハウスも。こんな大自然の中で目覚める朝はきっと格別ですね!

P1010377

ポーランドのソウルフード、プラツキ。擦り潰したじゃがいもに小麦、卵、塩コショウを加えて焼くパンケーキ。

P1010381

タイム、ローズマリー、赤ワインでマリネした名物の子羊のミートボール。地元のチーズをフライで作った包みと、ポルチーニのソースと一緒にいただきます。

楽しみ方5:地元民が手作りするホヤホヤのお土産を買う

P1010353

郷土料理レストラン〈SZYMKOWKA〉の敷地すぐにあるギフトショップ。ジャム、チーズなどの地元の食材を使った手作り食品から、手編みのソックス、帽子、手袋が格安で購入することができます。

P1010361

バッグのジャム瓶の蓋布もキュート。工芸品、バッグなど、ここでしか購入できないオリジナルのお土産品がラインナップ。

P1010365

編商品として販売されている毛糸の手袋やソックスは、こちらのお姉さんが作っています。現地の温かみが感じられまる思い出の逸品に。

P1010350

お店の外では演奏も。音楽に拍車がかかり、たくさんお土産を購入してしまいました。

★「女子旅の穴場!ポーランドの注目エリア。ポーランドの京都「クラクフ」の街歩きでするべき5つのこと。」はこちらから。

今月のスペシャル

2021年注目のスイーツがわかる!ときめくスイーツ特集。2021年注目のスイーツがわかる!ときめくスイーツ特集。
TOPに戻る