サンドイッチ専門店〈KING GEORGE〉初となるスイーツサンドに注目!
2019.10.26

甘酸っぱいりんごとチーズクリームがぎっしりつまった、ご褒美サンドイッチ。 サンドイッチ専門店〈KING GEORGE〉初となるスイーツサンドに注目!

2014年のオープン以来、フォトジェニックなサンドイッチの代名詞となった代官山のサンドイッチバー〈KING GEORGE〉。ボリューミーなサンドイッチの美しい断面を"萌え断"と表現するようになったのも、このお店がはじまりです。そんな〈KING GEORGE〉がスイーツサンドを季節限定で販売していると聞いてお店にお邪魔してきました。

野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおり
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

秋に旬を迎えるりんごがたっぷりのスイーツサンドイッチ。

〈KING GEORGE〉は代官山の八幡通り沿いのビルの2階にあります。入り口に飾られたアイコニックな猫の看板とグリーンのアーチが店に通じる階段へと誘います。

お店の中は大きな窓に囲まれて開放的。サンドイッチが誕生した国、イギリス生まれのヴィンテージチェアのアーチが優雅な空間を演出します。

10月17日から11月中頃までの期間限定「APPLE APPLE RICOTTA」(1,550円)は、意外なことに、〈KING GEORGE〉では初めてのスイーツサンドイッチだとか。

「APPLE APPLE RICOTTA」には2つの味と食感のりんごが入っています。ひとつは均一に美しくスライスされたフレッシュなりんご。もうひとつはローズヒップティーと蜂蜜で煮込んだすっきりとした甘みのコンポートです。ローズヒップティー由来のピンク色が目を引くコンポートは、シナモンの風味もほんのり効いています。

この2つのりんごのおいしさを引き立てるチーズクリームは、クリームチーズとリコッタチーズをブレンド。ふんわりと混ぜられていて、2つの食感のりんごを包み込むようです。

〈KING GEORGE〉初のスイーツサンドイッチといえども、"萌え断"サンドイッチらしいボリューミーな厚みと切断面の美しさは通常メニューに引けを取りません。味と見た目のアクセントになっているのは、甘酸っぱいドライクランベリー。さらに食感に変化を出すアーモンドとやさしい甘みの蜂蜜が隠れていて、ひと口にサンドイッチと言ってしまうのがもったいない手の込みようです。

疲れが溜まってくると、食事としてパンケーキやフレンチトーストのような甘いものを食べたくなってしまうけれど、栄養のことを考えるとちょっと。そんな気持ちに身に覚えがある人も多いはず。そんなとき、食物繊維やビタミン豊富なフルーツをたっぷり使ったスイーツサンドが救世主になってくれるかもしれません。

「APPLE APPLE RICOTTA」には「カモミールティー」(550円)を合わせるのがおすすめ。リラックス効果もあると言われるカモミールティーは、香りがりんごに似ているので、この上ない組み合わせといえそうです。

シグネチャーサンドイッチは味のバランスがポイント。

〈KING GEORGE〉のシグネチャーサンドといえば、そのままズバリの「The King George」(1,350円)です。通常メニューのサンドイッチは、白いワックスペーパーに包まれて、甘酸っぱいピクルスが上にのった状態で提供されます。厚みが10cmはあるでしょうか。

サンドイッチをくるっと上に回転させると、写真を撮らずにはいられない美しい断面が現れます。「The King George」はターキーブレストとゴーダーチーズがメイン。それに加えて〈KING GEORGE〉のサンドイッチには欠かせない鮮やかなトマトとたっぷりのサニーレタス、低カロリーマヨネーズが入っています。

具材たっぷりがポイントに見えますが、実はトマトの厚みがほんのすこし変わっても味のバランスが崩れてしまうそう。この美しい具材の層は、計算されたおいしさの秘密でもあるのですね。

〈KING GEORGE〉のサンドイッチは、左からライ、ダークライ、セサミという3種類からパンを選ぶことができます。いろんな味を試したくなるので、2種類オーダーして半分ずつ違う味を楽しむ、ふたり連れのお客さんも多いそう。もし半分でお腹いっぱいになってしまったら、お願いすると容器に入れてもらって持ち帰ることもできるのでご心配なく。

サンドイッチとポップなバンダナが拡げる特別な日常。

イギリス発祥のサンドイッチを扱う〈KING GEORGE〉は、インテリアにイギリスの家具を使うなど、イギリスのカルチャーも空間を通して楽しむことができます。この秋、限定で数量販売しているクリエイティブグループ〈Bob Foundation〉とコラボしたバンダナ(1,870円)もそのひとつ。

休日を公園で過ごすことも多いロンドンでは、サンドイッチをバンダナで包んでピクニックをすることも多いのだとか。バンダナの図柄は、〈KING GEORGE〉のサンドイッチの製作過程をポップなイラストで表しています。秋晴れの日にサンドイッチを持って公園でプチピクニック。そんなちょっとした日常もかわいいバンダナ1枚で特別なものに変わるかもしれません。

年末に向けて体調を整えておきたいこの頃。〈KING GEORGE〉のヘルシーなサンドイッチで罪悪感なくお腹と心を満たしてはいかがでしょうか?

〈KING GEORGE THE SANDWICH BAR 代官山店〉
■東京都渋谷区代官山町11-13 2F
■03-6277-5734
■11:00〜20:00(19:30LO)、日~18:00(17:30LO)
■不定休
公式サイト
※価格は全て税込み(10%)。

野崎さおり

ひとつでいろんな味が楽しめる「APPLE APPLE RICOTTA」。飽きずに食べきってしまいました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る