話題のイースト東京エリアに、泊まれるシアター〈Theater Zzz〉がオープン!
2019.08.25

非日常的体験や文化交流ができる、新しいカルチャーを発信する宿泊施設! 話題のイースト東京エリアに、泊まれるシアター〈Theater Zzz〉がオープン!

「数寄と出会い、風景が重なる舞台」をコンセプトに、お茶・映画・旅の3つの要素が集約した宿泊施設、泊まれるシアター〈Theater Zzz(シアターズィー)〉が2019年8月23日(金)にオープン。場所は東京都墨田区、非日常を味わうことができるスポットとして話題のイースト東京エリアです。宿泊だけでなく映画を見ながら、お茶を飲みながら、と文化交流の場として新たなカルチャーを体験できる場所になりそうです!

真野 侑子 / フリーライター

「美食、旅、オーガニックコスメを愛するライター。さまざまなメディアで執筆中。 その傍らWEB・コンテンツマーケティング業も。スナックが好きな呑んべえガール。」

真野 侑子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

泊まれるシアター〈Theater Zzz(シアターズィー)〉とは。

都営地下鉄大江戸線 両国駅より徒歩4分、都営地下鉄浅草線 蔵前駅より徒歩12分の場所にオープン。

注目が集まるイースト東京エリアに、お茶・映画・旅の3つの要素が一つの空間で体感できる泊まれるシアター〈Theater Zzz〉がオープン。さまざまな目的で訪れた人が、それぞれの自分の好きな時間を過ごし、新しい発見や新たな物語を創り出す舞台として利用してほしい、そんな空間や時間を提供すべく誕生した宿泊施設。

〈Theater Zzz〉では、屋外でのシアターを室内で楽しむことのできる宿泊スペースや、茶屋〈CHASURU〉があり、宿泊者だけでなくカフェやコワーキングとしても利用すること可能です。

宿泊しながら、映画を見ながら、お茶を飲みながら…と。それぞれの時間をより有意義に過ごせ、訪れる人のさまざまなストーリーが繰り広げられます。

屋外のシアターを室内で体感!「THEATER」スペースをご紹介。

段々畑のような人工芝のオープンステージに、クッションや木のテーブルがランダムに配置。

足を伸ばしてくつろぎながら、まるで家にいるかのようなリラックスした時間を過ごせるシアタースペース。映画をみたり、自らブレンドしたお茶と茶菓子でくつろぎながらティータイムを楽しんだり、コワーキングスペースとして利用したりと、自由気ままに過ごせる、ゆるりとした空気が流れている都会のオアシスです。

音響設備も充実。大型スクリーンを設置し、厳選された映画をBGVとして投影。

シアタースペースでは、クリエイティブチーム「Do it Theater(ドゥイット・シアター)」が企画協力として参加し、交流をテーマにした英語字幕での日本映画の上映や、ゲストを呼んでの上映会など、定期的にイベントを開催する予定とのこと。日本の方のみならず、海外からの訪問者も一緒に楽しめる、文化交流を大切にする場にしていきたいのだそう。

自らブレンドしたお茶を。茶屋〈CHASURU〉。

入り口のすぐ左側に、お茶にお花やフルーツ、薬膳を自分の体調や気分に合わせてブレンドすることができる茶屋〈CHASURU〉が。

1杯目はお茶そのものの味を、2杯目はお花をブレンド、3杯目はフルーツをブレンドと。〈CHASURU〉では、お茶をただ楽しむだけでなく、香りや色の変化などを自由に楽しむことができる創造型茶屋です。

提供されるお茶は、ティーエッセイスト・日本茶アーティストの茂木雅世さんが監修。

まずは茶葉から選びます。左から順に、芳醇な香りが広がり心休まる味わいの「やまなみ紅茶」、渋みや苦みが少ないクリアな味わいの「緑茶」、あっさりした味わいだけど奥深い「青茶」の3種類の茶葉がラインナップ。

次はブレンドする花や、フルーツを選んでいきます。

「ローズ」、「菊花」、「桂花」。

フルーツは、いちごやスイカ、オレンジ、りんごなど。お好みのフルーツをチョイスできます。

そして自分好みにセレクトしたお茶セットがこちら。

1杯目は茶葉そのものの味を堪能して、2杯目からはフルーツや花をブレンドして自分好みにカスタマイズ。飲んでいる間お茶だけに集中することで、ショートトリップをしているかのような優雅な気持ちに。
あえて何もしないでお茶を飲む、贅沢な時間を楽しむことで、新しいお茶との素敵な出会いがあるかもしれないですね。


また夜には、お茶カクテルなどの独自のメニューも提供。宿泊された方と地元の方が交流できる場にもなっています。

「人魚姫の涙(和紅茶タピオカミルク)」700円。「利休の白昼夢(抹茶タピオカミルク)」700円。

〈CHASURU〉では、お茶だけでなく、モチモチのタピオカが入ったドリンクなども。

シアターに泊まるという、新しい発想!「HOSTEL」。

夜は、シアタースペースの天井に吊るされている、1枚の布と4つのフックでテントを設置し、寝袋で寝る形式に。設置はとっても簡単なので、女性の方でもテントを張ることが可能!

森の中でキャンプをしているかのような癒しの空間が、都会の真ん中で体感できます。

客室はこちらのひと部屋のみ。簡易宿泊タイプとして最大18名利用が可能。

隣のテントとつなげることも可能なので、友達グループや家族での宿泊も◎。

寝るスペースはこんな感じ。コンパクトだけど、しっかりとスペースを確保できるので安心!

宿泊者が利用できる館内着も用意されています。

そして人工芝のオープンステージのところに、貴重品を預けることができる金庫を設置。自然の中にいるかのような開放的な空間を堪能できながらも、セキュリティーはしっかりとしているので、安心して宿泊することができます。

「お茶漬け」700円。※朝食タイムは500円。

また、フードアーティスト「ものがたり食堂」とコラボレーションしたメニューも提供。

この彩り豊かな「お茶漬け」は、ほかほかのご飯の上に、ささみや三つ葉、カラフルなあられ、最中などをトッピング。
急須から丁寧に注ぎながら最中を崩していくと、中から高菜が!こころも体も温まる日本料理。やさしく体に染みわたっていく味で、とっても美味しかったです。

「椿おにぎり」700円。
「落花生香るおこしキャンディー」各300円。

椿の花をモチーフにした鮮やかなおにぎりや、チョコレートをコーティングしたおこしなど、ここならではのユニークなメニューも提供。

シアター×お茶×ホステルが融合する、新しい宿泊施設!

映画、旅、お茶、ホステル。さまざまな要素が融合し、シアターに泊まるという、これまでにない新しい宿泊スタイルを提供する〈TheaterZzz〉。訪れる人人の安らぎとなり、交流のできる場となるようなコミュニティをつくる場所として、ますます楽しい交流の場になりそうな予感大!
また夜にぜひ訪れたいです。



〈TheaterZzz(シアターズィー)〉
■東京都墨田区石原1-18-7 1F
■16テント(最大18名収容)※男女共有
公式サイト

真野 侑子

本当に大自然にいるかのような開放的な空間。貸切利用も可能なので、友達グループで映画鑑賞するのも楽しそう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る