00_top3. 会場イメージ
2019.08.02

地下30mで今の渋谷を見つめるアートエキシビション。 渋谷駅を中心とした『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』開催。

毎日のように利用する駅は街の入り口でもあります。東横線・副都心線渋谷駅のヒカリエ改札内地下を中心に開かれている『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』は、渋谷の街を舞台にした都市型エキシビション。会期初日に行われた発表会に伺いましたので、その様子をレポートします。

渋谷を舞台とした森山大道と次世代クリエイターによる共創。

02. 会場イメージ

いつ訪れてもどこか新しくなっている街、渋谷。東急線渋谷駅周辺は今も新たなビルが建設中です。常にアップデートされる渋谷の入り口のひとつ、東急東横線と副都心線の渋谷駅構内で8月4日まで開催されているのは、著名な写真家・森山大道さん、次世代クリエイターの代表格、映像作家・山田智和さんの作品を中心としたエキシビション『「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」 -UNDERGROUND-』です。

左から、伊藤安鐘さん、森山大道さん、山田智和さん、山口大輝さん。
左から、伊藤安鐘さん、森山大道さん、山田智和さん、山口大輝さん。

森山大道さんは、2019年3月に「写真のノーベル賞」とも言われる 「ハッセルブラッド賞」を受賞したばかり。森山さんが撮り続けてきた東京の街を中心としたストリートスナップは、世界で高い評価を受けています。山田智和さんは、米津玄師の『Lemon』のMVを手掛けるなど、次世代の映像作家として、これからますます目が離せないクリエイターです。

『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』では森山さんと山田さんに加え、公募で選ばれた次世代クリエイター計8名の作品が『UNDERGROUND』『公募作品展』の2つの会場で展示されます。また、『STREET』として森山さん初の屋外展示も開催されます。

駅と街とビル。渋谷を写す3つのエキシビション会場。

03_『UNDERGROUND』会場イメージ

『「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」 -UNDERGROUND-』の会場は、東横線・副都心線渋谷駅のヒカリエ改札内の地下4階。ヒカリエの地下3階から繋がる改札階と、電車のホームがある間……"最もアンダーグラウンド"な場所です。森山さん、山田さん、公募で選ばれた次世代クリエイター、伊藤安鐘さん、山口大輝さんの作品が展示されます。

作品は4人のクリエイターの目で切り取られた今の渋谷の街が写し出されています。

この展示のために渋谷の今を撮り下ろした森山大道さんの作品の一部。(C)Daido Moriyama photo foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
この展示のために渋谷の今を撮り下ろした森山大道さんの作品の一部。(C)Daido Moriyama photo foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
山田智和さんの作品は再開発中の桜ヶ丘地区でも撮影。
山田智和さんの作品は再開発中の桜ヶ丘地区でも撮影。
左から伊藤安鐘さん、森山大道さん、山口大輝さんの作品。
左から伊藤安鐘さん、森山大道さん、山口大輝さんの作品。

始発から終電まで、1日に約117万人もの多くの人が行き交う東横線・副都心線渋谷駅の電車がホームに滑り込む音を間近に感じるスペースでの展示は、8月4日までです。

コイン駐車場の壁に掲げられた森山大道作品。
コイン駐車場の壁に掲げられた森山大道作品。

2つ目の『「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」-STREET-』は、会場というよりも渋谷の街そのものがアートスペース。舞台となるのは渋谷駅周辺でアート作品や広告が見られる試み「ROADCAST」で、森山さんの代表シリーズ「犬の町 三沢」や新作を含む147作品が展開されます。

地下街「しぶちか」の中にも作品が展示されています。
地下街「しぶちか」の中にも作品が展示されています。

展示場所は63か所にものぼり、渋谷の街の路地裏や地下街の中など、いつもどおり渋谷を歩いていたら作品に出くわすことができます。よく知っているつもりだった渋谷の街に森山さんの作品が加わることで、見ているようで見えていなかった渋谷に気付くのかもしません。

09_『公募作品展』イメージ

渋谷モディ1階にある〈ソニースクエア渋谷プロジェクト〉が3つ目の会場です。『「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」 -公募作品展-』として、次世代クリエイター6名が「2019 SHIBUYA」をテーマとして、渋谷の街を撮った新作が展示されます。参加クリエイターは大西祐司さん、黄志逍さん、嶋田鉄馬さん、中林浩人さん、Bartek Maslakさん、楊雨謡さんの6名。

〈ソニースクエア渋谷プロジェクト〉の作品は毎日アップデートされ、毎日訪れても新しい作品、異なる視点からの渋谷の姿を見ることができます。次世代クリエイターの作品は、渋谷モディ壁面のソニービジョン渋谷にも映されるという、大型ビジョンが存在感を放つ渋谷らしい試みも実施されます。

不意に出会う作品が呼ぶ小さな”ショック”も楽しみ。

10_moriyama-san

森山さんと山田さんによる公開トークで、変貌を続ける渋谷を「ラビリンスだ」と話した森山さん。「通りすがりの人に『なんでこんな写真がこんなところにあるんだ?』と、出会い頭に軽いショックを感じてもらいたい」と自身初の野外展示への期待を語りました。

11_yamada-san

尊敬する写真家の森山さんと一緒に展示を行うことを「ありえないくらい光栄なこと」と話す山田さんは、「森山さんの作品を僕も楽しみたいと思います」と答えていました。

いつの時代も流行の発信地としてたくさんの人を惹きつけてきた渋谷。2019年の渋谷を写し出した作品の中で、知っている渋谷と新たに生まれつつある渋谷とが交錯します。この夏、クリエイターの視点が写し出した渋谷を目撃してみませんか?

『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』概要
-UNDERGROUND-
■2019年8月1日~8月4日
■東横線・副都心線渋谷駅のヒカリエ改札内(地下4F)
  ※最寄り出口は15番出口(渋谷ヒカリエ地下3F)
■10:00~21:00、最終日 ~19:00
■電車の乗降時は無料、東横線・副都心線渋谷駅の入場券等
公式サイト

-STREET-
■2019年8月2日~8月15日
■ROADCAST 渋谷駅周辺の63か所で作品展示
■終日
■無料
公式サイト

-公募作品展-
■2019年8月1日~9月中旬
■ソニースクエア渋谷プロジェクト 東京都渋谷区神南1-21-3
■11:00~21:00
■無料
公式サイト

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る