純喫茶研究家おすすめ!【東京】名店純喫茶とレトロかわいいひんやりスイーツ4選
2019.07.03

インスタ映えします。 純喫茶研究家おすすめ!【東京】名店純喫茶とレトロかわいいひんやりスイーツ4選

昭和の空間が色濃く残る、純喫茶。店主の思いが詰まった空間で楽しみたいのは、創業当時から変わらない味が魅力のひんやりスイーツたち。口いっぱいに広がる甘みに癒されるはず。Hanako『ハワイ これからの、お気に入り。』「純喫茶とひんやりスイーツ」より、純喫茶研究家・難波里奈さんをナビゲーターにお迎えしてお届けします。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈名曲・珈琲 新宿 らんぶる〉常連しか知らない秘密の味。/新宿

バニラアイスをミキサーにかけて作るミルクセーキ 800円(税込)。

1950年創業の新宿を代表する老舗喫茶店。ショッピングで疲れた体を癒してくれるスポットとしても人気。「地下に広がる優雅な空間で味わいたいのは、メニュー表には掲載されてないにもかかわらず、注文すると作ってくれる裏メニューのミルクセーキ。しゃりしゃりっとした食感がこれからの季節にぴったりです」(難波さん、以下同)。

〈名曲・珈琲 新宿 らんぶる〉
■東京都新宿区新宿3-31-3
■03-3352-3361
■9:30~23:00 無休 
■200席/喫煙

2.〈ギャラン〉真っ赤なさくらんぼに視線くぎづけ。/上野

「アイスクリームバニラ」800円(税込)

ゴールドを基調にしたゴージャスな内装に、レトロ可愛い床。そのコントラストが楽しい店内は、朝からサラリーマンや学生など、様々な年代のお客さんでいっぱい。「アイスクリームで出来た花びらの中には、チョコレートソースと真っ赤なさくらんぼ。店内に流れる昭和歌謡をBGMに、ゆっくりと一匙ずつ味わう喜びは、誰かに教えたくなることうけあいです」。

〈ギャラン〉
■東京都台東区上野6-14-4 
■03-3836-2756
■8:00~23:00 無休 
■104席/喫煙

3.〈こけし屋〉耳に見立てたクッキーが愛らしい。/西荻窪

食後にぴったりな小さめサイズのアイスクリーム「バニラ」は、500円。

作家・松本清張や井伏鱒二などが足しげく通っていた、西荻窪のランドマーク的存在の店。「洋菓子販売、喫茶、フランス料理が一つの建物の中で一度に楽しめます。地元の人々に愛されているこちらのアイスクリームは甘さ控えめで上品な味。軽やかなクッキーが耳のようになっていて可愛らしい」。

〈こけし屋〉
■東京都杉並区西荻南3-14-6 
■03-3334-5111
■9:00~17:30(17:00LO) 火休 
■48席/禁煙

4.〈ゆりあぺむぺる〉心踊る、宝石のようなルックス。/吉祥寺

「まるで童話の中に迷い込んだような美しい店内でいただきたいのは、それぞれにロマンチックな名前が付けられた、目にも美しいクリームソーダたち」。夏らしい色合いのクリームソーダは、右から「アクアマリン」、「ラピスラズリ」、「エメラルドグリーン」各800円(税込)。店長の渡辺隆弘さんいわく、「それぞれの味の違いは実際に飲んでみてからのお楽しみ」とのこと。

〈ゆりあぺむぺる〉
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-6 
■0422-48-6822
■11:30~24:00 無休 
■50席/分煙(土日祝は喫煙)

純喫茶研究家・難波里奈さん

東京喫茶店研究所二代目所長。1,700軒以上の純喫茶を訪れている。著書に『クリームソーダ 純喫茶めぐり』(グラフィック社)など多数。

Hanako『ハワイ これからの、お気に入り。』特集では、おいしいひんやりスイーツを多数ご紹介しています!

(Hanako1174号掲載/photo : Misa Nakagaki illustration : Yu Tokumaru text & edit : Marie Takada)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る