t_IMG2369
2019.06.14

「和スパイシーほうじ茶」に「レモングラスほうじ茶」!? 九州産ほうじ茶専門店!福岡土産は〈ほうじ茶屋tumugu〉のオリジナルほうじ茶を。

ほうじ茶、日本茶、和紅茶……。最近はコーヒーだけでなく、お茶をメインに楽しむカフェが話題。福岡・糸島在住の“お茶の作り手”である加藤美帆さんと、旬なお茶の専門店へ。Hanako『福岡シティガイド』「カフェ天国の福岡。最近の流行を聞きたい!」より、福岡・那の川にある九州産ほうじ茶の専門店〈ほうじ茶屋tumugu〉をご紹介します。

全種類試したくなる九州産ほうじ茶の専門店。

〈-suu-〉代表・加藤美帆/薬草ハーバリスト、獣医師。野草茶と暮らしのブランド〈-suu-〉を運営。「どんな人がつくったのか、どうやって淹れたのか。一杯から感じられます。」
〈-suu-〉代表・加藤美帆/薬草ハーバリスト、獣医師。野草茶と暮らしのブランド〈-suu-〉を運営。「どんな人がつくったのか、どうやって淹れたのか。一杯から感じられます。」

「和スパイシーほうじ茶」や「レモングラスほうじ茶」などオリジナル商品が16種。

「和スパイシーほうじ茶」を試飲。「ラテはチャイ風になって、ニッケの香りが爽やかです」と話す加藤さん。
「和スパイシーほうじ茶」を試飲。「ラテはチャイ風になって、ニッケの香りが爽やかです」と話す加藤さん。
茶葉によって使う部位や火の入れ方はさまざま。見た目にも違いがはっきりと分かる。
茶葉によって使う部位や火の入れ方はさまざま。見た目にも違いがはっきりと分かる。

ティーバッグをお土産にしても、ふらっと一杯テイクアウトしても。

生産者ごとに味も香りも変わる。4人の生産者によるスタンダードなほうじ茶は各1,000円。
生産者ごとに味も香りも変わる。4人の生産者によるスタンダードなほうじ茶は各1,000円。

ほとんどの茶葉はティーバッグで、オンラインショップでも販売する。

_IMG2369

テイクアウトはストレートティーがホット・アイスともに100円、ほうじ茶ラテはホット250円、アイス300円(各税込)。

〈ほうじ茶屋tumugu〉/那の川

■福岡県福岡市南区那の川1-23-24 小江ビル1F
■092-406-7326
■10:00~19:00 日祝休 
■4席/禁煙 
hoji-tumugu.com

Hanako『福岡シティガイド』特集では、福岡の楽しみ方を多数ご紹介しています!

HANAKO201907_001

(Hanako1173号掲載/photo : Kenta Kawasaki text : Mayuu Yasunaga, Shiori Matsuzaki (Chikara) edit : Chikara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る