朝から満喫するグルメの街・福岡。絶品朝食が楽しめるカフェ・中華粥専門店3軒
2019.06.06

無農薬野菜たっぷりのモーニングプレートなど。 朝から満喫するグルメの街・福岡。絶品朝食が楽しめるカフェ・中華粥専門店3軒

せっかく福岡に来たなら朝食から特別な一日を始めたい。Hanako『福岡シティガイド』「気持ちいい福岡の朝は何から始めたらいい?」より、旅のスイッチが入る朝食をピックアップしました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Pusis〉何が出てくるかは行ってからのお楽しみ!メニューのない料理店/別府

松﨑典成さんがドリンク、妻の茉衣子(まいこ)さんが料理を担当。「食べることと飲むことを素直に楽しんでほしい」という思いから、店内は撮影禁止だ。

「Morning meal」(1,000円)(税込)

ワンプレートにドリンクを添える。この日は鹿児島〈ふくどめ小牧場〉のハムをのせ、スプーンにイチゴとバルサミコ酢のジャムを。マヨネーズやケチャップも自家製だ。野菜を中心に使い、塩麹やハーブの優しい味付けが体に染み渡っていく。一汁三菜の昼食も人気。

〈Pusis〉
■福岡県福岡市城南区別府1-4-7 
■8:00~18:00(17:00LO、モーニングはなくなり次第終了) 金休、ほか不定休 
■10席/禁煙 
pusis.net

Pusis

Pusis

  • カフェ/ベーカリー
  • 福岡県

2.〈BLUE JAM〉抜群のロケーション!地元の野菜たっぷりで大満足のプレート/田村

東京のベーカリーで経験を積んだ店主・櫻井広基さん。「定番商品にも個性を出したい」と菓子パンの練乳や餡までも手作りしている。

「ブルージャムモーニングプレート」(1,100円)(税込)

3種のトーストと自家製ロースハムや有精卵の目玉焼き、手作り豆乳ヨーグルトをワンプレートに。サラダはすべて糸島産の無農薬野菜だ。2階のカフェスペースでは無農薬・無添加など素材選びに気遣ったメニューを提供。窓から見える風景を楽しみながら食事できる。

〈BLUE JAM〉
■福岡県福岡市早良区田村3-1-41 
■092-861-5888
■8:00~18:00、モーニング9:00(土日祝8:00)~11:00LO 無休 
■58席/禁煙

BLUE JAM

BLUE JAM

  • ベーカリー
  • 福岡県

3.〈Teddy & Daddy〉朝活で温活!父のレシピを受け継ぐ中国粥は本場の味/荒戸

太田観希さん・有希絵(ゆきえ)さん姉妹の中国粥専門店。

「生ハムとパクチーの豆乳粥」(800円)

生ハムの塩気とパクチーの香りを、スープと豆乳がまろやかにまとめる。あまりの人気に期間限定商品から通常メニューに仲間入りした。香港出身である父のレシピで、6時間以上かけて仕込む。全14種ある中国粥のスープは豚骨を鶏ガラで割り、濃厚ながら後味はさっぱり。朝7時からのモーニングはドリンクもしくはフルーツがサービスに。 

〈Teddy & Daddy〉
■福岡県福岡市中央区荒戸2-5-20 
■092-753-9640
■7:00~15:00(モーニング~10:30) 月休(祝の場合、翌火休) 
■13席/禁煙

Teddy & Daddy

Teddy & Daddy

  • 中華/飲茶・点心
  • 福岡県

Hanako『福岡シティガイド』特集では、福岡の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1173号掲載/photo : Daisaku Eto text : Shiori Matsuzaki (Chikara) edit : Chikara)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る