山形の名料亭旅館が共同経営する食堂も。【馬喰町エリア】最新の注目レストランとは?
2019.05.06

日本各地の豊かな食材が楽しめる。 山形の名料亭旅館が共同経営する食堂も。【馬喰町エリア】最新の注目レストランとは?

数年前にブームになった馬喰町エリアは健在。古いビルや倉庫を改装したレストランやギャラリーが、問屋街に違和感なく溶け込んでいます。今回は、日本各地の豊かな食材が楽しめるおすすめ和食レストラン・食堂をご紹介。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈フクモリ 馬喰町店〉ランチもおやつも夕食も。豊穣な山形の食を体感。

山形の名料亭旅館3軒が共同経営する食堂。

山形名産フクモリ合わせ1,400円。六田焼麩の唐揚げ、玉こんにゃく、紅花たまごの燻製、山形ハーブ鶏のレバーパテなど。純米吟醸別嬪うすにごり酒1杯700円。

昼はご飯と味噌汁がおかわり自由な日替わり定食、カフェタイムはオリジナルブレンドのコーヒーとスイーツ、夜は山形食材のおいしい料理と地酒が楽しめる。メニューには、山形牛や豚、庄内浜の魚介類、山形が誇るお米“つや姫”などなど、食の宝庫の魅力がいっぱい。山形の食の奥深さを体験することができる。

店舗デザインは代表の小松裕行氏。リノベ空間に古い家具や照明を配置し、ナチュラルかつ風合いのある雰囲気に。

開放感のある店内は、「自然に過ごすための場所」がデザインコンセプト。古い椅子やソファのある居心地の良い空間に、つい長居してしまう。

〈フクモリ 馬喰町店〉
■東京都千代田区東神田1-2-10 泰岳ビル1F
■03-5829-9987
■11:30~22:00LO(月火~21:00LO、日10:00~15:00LO、ランチ15:00LO)※詳細はHP確認 無休 
■36席/15:00まで禁煙

〈MK無彩〉和モダンな空間の中で、和とフレンチの融合を楽しむ。

京都をイメージしたという店内。オープンキッチンとの組み合わせも面白い。

軽井沢の契約農家から届く旬の朝採れ野菜、希少な信州峯村牛、活きたまま食べる生牡蠣、黄金だし。この4つを柱に、豊かな発想で、ほかにはない料理を生み出す今井恒三シェフ。和食にフレンチテイストを加えた新しい味覚を提案している。

手前から、真牡蠣の雲丹バター焼き900円、蒸し真牡蠣600円、牡蠣フライ700円。ほかにも、信州プレミアムみねむら牛の味噌幽庵炭火焼1,980円など、こだわり食材の魅力的なメニューがいっぱい。

まずは、その日一番おいしいものを仕入れるという牡蠣でスタート。生牡蠣からフライまでの6種類から選べる。メインなら峯村牛は外せない。味噌漬けにしてからグリルするなど、和テイストがアクセントに。メニューが豊富だから、何回来ても楽しめる。

〈MK無彩〉
予約可。ランチ1,000円~。夜はアラカルト中心。おまかせコースも可。
■東京都中央区日本橋馬喰町1-9-9 B1 
■03-6661-6350
■11:00~14:00LO、17:00~22:00LO 日祝休 
■46席/禁煙

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

編集部

馬喰町エリア、気になる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る