移転しても人気のお店!鎌倉・逗子・葉山エリアに続々移転オープンするグルメ・スイーツ店。
2019.04.29

豊かな海や山の恵みを味わうなら。 移転しても人気のお店!鎌倉・逗子・葉山エリアに続々移転オープンするグルメ・スイーツ店。

新鮮な魚介が水揚げされる港があって、とれたての瑞々しい野菜が手に入る生産地も目と鼻の先。しかも舌の肥えた住人が少なくない鎌倉、逗子、葉山は料理人にとって理想のロケーション。新店開業が続く中、ほかの土地で人気を博した実力店も続々移転オープンし、食のシーンを盛り上げています。Hanako『ひみつの鎌倉』「移転しても人気者。」より、鎌倉・逗子・葉山の注目トラットリア・ワインバー・パティスリーをご紹介。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Akizuki〉お箸と和の器で寛ぐ。新たな扉を開いた名店へ。

2006年に腰越で開業。地魚がメインの小さなトラットリアは、素材の新鮮さを活かした料理で瞬く間に人気店に。その後、江の島に近い片瀬に移転して席数もスタッフも増え、ますます繁盛。しかし、ある日店主の秋月光広さんは違う土地への移転を決める。

「もっと静かなところで席数も減らして我が家に招くような店をやりたい」。理想の土地を探し、静岡の港町も候補に挙がったが最終的に北鎌倉へ。

扉を開けると居心地の良い空間が広がる。

新たな店は蔵のような佇まいでテーブルは1卓。

清々しい印象の白木のカウンターで。ワインは飲み疲れないヴァンナチュール。

秋月さんの仕事ぶりを間近に見られるカウンターが特等席だ。

フグと春キャベツとカラスミ、タケノコ姫皮のキタッラ。

ここで秋月さんが扱うのは相模湾の魚介や藤沢の野菜のみならず、食への探究心や愛情でつながった生産者による日本各地の食材。四季折々の味わいが一期一会の料理となる。

会津のホワイトアスパラと舞鶴のツチエビのロースト。ハーブのソースと長谷川さんのトマトのソースで。
ヤガラの骨と昆布でとっただしでさっと蒸したヤガラとワカメのバコーレ 湘南ゴールド添え。いずれも料理はコースより。献立は季節で変わる。

和の器でひと皿ずつ供されるコースを、手にしっくりなじむ煤竹製のお箸でどうぞ。

糖度が高く旨みも濃厚な長谷川農園のトマト。塩を加えるだけでソースとして成立する。

〈Akizuki〉
コースのみ、昼3,900円、夜7,000円。要予約。
■神奈川県鎌倉市山ノ内1386-2 
■0467-53-8740 
■12:00 ~15:30 、18:00~(月金はディナーのみ営業) 木休、ほか月2回月不定休 
■12席/禁煙

2.〈OHANAYA〉より生産者の近くへ!三浦の旬をくっきりと。

厨房に面したカウンターは料理を待つ時間も楽しい。

シェフの折田幸久さんとソムリエの廣田俊己さんが逗子に来て1年。

三崎産スズキのポワレ あさりのサフランクリームソース2,000円。献立は食材で変更あり。

三浦の野菜も相模湾の魚も以前から扱っていたが、生産者との距離が近くなり今まで以上に料理に熱が入ると折田さん。

にんじんのフリット850円。仏ローヌ地方〈Anders Frederik Steen〉の「A Kiss & A lover’s lie 2018」グラス1,100円と。

にんじんひとつとっても土の香りが鮮やか。フリットにしてキンカンやペコリーノチーズ、コショウと合わせれば、ワインを呼ぶひと皿に。廣田さんが選ぶナチュラルワインとの相乗効果でおいしさも倍増!

〈OHANAYA〉
16時台と早い時間から営業しており、地元の親子連れに早くも人気。
■神奈川県逗子市逗子6-5-1 WHITE & GREY 1F 
■0468-90-6320 
■16:30~23:00LO 不定休 
■12席/禁煙

3.〈Nicolas & Herbs〉自ら育てたハーブをタルトやショコラに。

葉山在住6年のニコラさん。

オーナーは仏リヨンで生まれ育ったニコラ・モローさん。22歳で来日し都内で自身のブランドを展開するに至ったが、結婚を機に移り住んだ葉山に魅せられ心機一転、この地で新たなスタートを切ることに。

エストラゴンやバジルなどを使ったタルトが並ぶ。

自宅の庭で育てたオーガニックハーブ、地元の上質なハチミツや卵を惜しげなく使ったタルトやショコラ、キッシュやシュー生地のサンドイッチは洗練と素朴、両方の魅力を兼ね備える。

スパイラル マンゴー555円とタルトゆずレモンエストラゴン500円。2軒隣の〈COFFEE HUS〉の店内でコーヒー300円~と一緒にイートイン。

〈Nicolas & Herbs〉
5/10からジェラートも発売開始。イートインは2軒隣のカフェ〈COFFEE HUS〉で可。
■神奈川県三浦郡葉山町一色1723-1 
■046-845-9833 
■10:00~18:00(金土~19:00) 月火休 
■禁煙 

Hanako『ひみつの鎌倉』特集では、鎌倉の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1172号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Mutsumi Hidaka)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る