新宿 MORETHAN TEA STAND
2019.03.06

ティースタンドが続々オープン! 「片手にコーヒー」に新たな選択を。都内・鎌倉のおすすめティースタンド4軒

次々に新しいお店がオープンしているティースタンド。老舗からファンの多い人気店、新たなスポットまで個性豊かなスタンドをそろえました。Hanako『やっぱり私は、お茶が好き。』「スタイル別カフェ& スタンド案内。」より、都内・鎌倉のおすすめティースタンド4軒をご紹介。

1.〈MORETHAN TEA STAND〉/新宿

ラボのようなカウンター。ここで淹れる。
ラボのようなカウンター。ここで淹れる。

〈MORETHAN〉は〈THE KNOT TOKYO Shinjuku〉と一体になったレストラン。ホテル入口にあるティースタンドには、フレーバーティーやチャイスパイスの香りが立ち込めている。

「フレーバーミルクティー 」(520円)
「フレーバーミルクティー 」(520円)

濃く煮出したフレーバーティーシロップに、スリランカ産の茶葉・ディンブラで淹れたミルクティーを加えて風味豊かな一杯に。サンドイッチ「グリルドチーズ」500円には+50円~でトマトやザラメなどを追加できる。

〈MORETHAN TEASTAND(モアザン ティースタンド)〉
■東京都新宿区西新宿4-31-1〈HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku 1F〉
■03-6276-7635 
■8:00~19:00 無休 
■禁煙

2.〈一保堂茶舗 東京丸の内店〉/有楽町

テイクアウトはマイボトルの持ち込みもOK。
テイクアウトはマイボトルの持ち込みもOK。

京都の老舗日本茶専門店。店頭では、茶葉を購入するだけでなくお茶のテイクアウトサービスも。

「ほうじ茶」(411円)、「抹茶プレミアム」(540円)
「ほうじ茶」(411円)、「抹茶プレミアム」(540円)

抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶と種類も豊富で、おすすめは抹茶プレミアム。濃厚な甘みとコクがしっかりある通向けのメニューだ。また、ゆっくりお茶を淹れる時間を楽しみたいなら併設の喫茶室〈嘉木〉に立ち寄って。塩川いづみさんによるカップのイラ ストもキュート。

〈一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)東京丸の内店〉
■東京都千代田区丸の内3-1-1 丸の内仲通り 国際ビル1F
■03-6212-0202
■11:00~19:00 無休 
■テイクアウトのみ/禁煙

3.〈Monmouth Tea〉/千駄ヶ谷

千駄ヶ谷 Monmouth Tea

お客はビジネスマンや女子高生など、実にさまざま。「お茶を片手に、初対面の人同士が話している風景をつくりたくて」と店主の柏井慶一さん。13年目を迎え、店はすっかり街の一部になっている。

「モンマスティーM」(350円)(税込)
「モンマスティーM」(350円)(税込)

柏井さんが愛するカフェ〈ケニヤン〉の味。

〈Monmouth Tea(モンマスティー)〉
■東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-2
■03-3478-2357
■7:00~24:00 無休

4.〈CHABAKKA TEA PARKS 鎌倉店〉/鎌倉

由比ヶ浜に2号店もオープンしたばかり。
由比ヶ浜に2号店もオープンしたばかり。

店主が全国の小規模農家を巡り、オーガニックで栽培されたシングルオリジン茶のみを厳選。

「ドラフトティー」(700円)
「ドラフトティー」(700円)

人気はサーバーから注ぐ水出し煎茶のドラフトティー。クリーミーな泡は口当たりよく飲みやすい。

〈CHABAKKA TEA PARKS 鎌倉店〉
■神奈川県鎌倉市御成町11-10
■0467-84-7598
■11:00~18:00 水休 
■店内20席/禁煙

Hanako『やっぱり私は、お茶が好き。』特集では、おいしいお茶のお店を多数ご紹介しています。

Hanako『やっぱり私は、お茶が好き。』

(Hanako1170号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kana Umehara, Kahoko Nishimura edit : Rie Nishikawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る