t2289
2019.02.08

絶品チョコスイーツで至福のバレンタインを。 わざわざ足を運ぶ価値あり!【京都・茨城】実力派ショコラトリー・パティスリーとは?

バレンタインデートは、チョコレートケーキがおいしいおしゃれカフェへ。Hanako『チョコレートと冬の男。』「心地のいい店で過ごすチョコレートの時間。」より、京都・茨城のおすすめショコラトリー・パティスリーをご紹介します。チョコレートギフトも要チェック!

〈La Rivière de Sable〉チョコレートを取り囲む時間と空間までプロデュース。/茨城

スフレショコラでキャラメルクリームをサンドした一番人気の「ムッシュ・ノワール」420円。テラスでは「ショコラショー」500円も飲める。
スフレショコラでキャラメルクリームをサンドした一番人気の「ムッシュ・ノワール」420円。テラスでは「ショコラショー」500円も飲める。

世界最高峰のパティシエコンクールで受賞歴のある植﨑義明さんが、満を持して独立。地元・茨城県に構えた店はチョコレートに特化したパティスリーだ。

ボンボン(各250円~)は世界大会出品作も。
ボンボン(各250円~)は世界大会出品作も。

毎朝その日の分だけを作るボンボン、一度凍らせておいしさを引き出す焼き菓子など、すべて常に最高のタイミングで店頭に並ぶよう、手間を惜しまない。

1227_hnkns_5414

さらに植﨑さんが心を砕くのは空間演出だ。商品を選びやすい動線づくりに気を配り、チョコレート色のインテリアで心を和ませる。

〈La Rivière de Sable〉
イチゴ、洋梨、栗など地元産の果物を使ったケーキも自慢。
■茨城県つくば市みどりの東21-13 
■029-828-6929 
■10:00~19:00 水、第2火休 
■テラス8席/禁煙

〈Chocolaterie HISASHI〉世界大会優勝の実力を持つショコラティエの店。/京都

2296

滋賀県近江八幡市の有名菓子店〈たねや〉で約15年間シェフを務め、「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ」や「ワールドチョコレートマスターズ」など、数々の国際コンクールで好成績を残してきた小野林範さんによるショコラトリー。

味のバリエーションが豊富なボンボンショコラ(フィグ、カフェ)各290円(各税込)。
味のバリエーションが豊富なボンボンショコラ(フィグ、カフェ)各290円(各税込)。

カカオを独自に焙煎・ブレンドしたオリジナルチョコレートや、豊かな味わいのボンボンショコラに加えて、和洋折衷のモナカチョコレートや、キャラクターを模したケーキなど、遊び心を感じる品も。

オリジナルチョコレートをふんだんに使用した、風味豊かなチョコレートケーキ「ガイア71」580円。
オリジナルチョコレートをふんだんに使用した、風味豊かなチョコレートケーキ「ガイア71」580円。

〈Chocolaterie HISASHI〉
チョコを使ったソフトクリームやドリンクも人気。イートインできるカウンターも併設。
■京都府京都市東山区夷町166-16 
■075-744-0310 
■11:00~18:30 月、第1・3火休 
■4席/禁煙

Hanako『チョコレートと冬の男。』特集では、おすすめのチョコレートを多数ご紹介しています。

Hanako『チョコレートと冬の男。』

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI(DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る