t41490
2019.02.07

「サロン・デュ・ショコラ パリ」お墨付き。 まるで和懐石!?京都〈サロンドロワイヤル〉の和素材チョコレートがユニーク過ぎる。

まるで和懐石のような、ユニークな素材使いが光るチョコレートとは?2018年「サロン・デュ・ショコラ パリ」で受賞した、京都の老舗チョコレート店〈サロンドロワイヤル〉の和素材チョコレートをご紹介します。Hanako『チョコレートと冬の男。』「ショコラティエを魅了し続ける日本の素材。」よりお届け。

タケノコ、ワサビ、豆腐……。京都の老舗チョコレート店がユニークな和素材で栄えある賞を獲得!

「サロン・デュ・ショコラ」チーム。完成までに試作したのは30~40種類に上ったという。「C.C.C.」出品2年目での受賞は快挙だった。
「サロン・デュ・ショコラ」チーム。完成までに試作したのは30~40種類に上ったという。「C.C.C.」出品2年目での受賞は快挙だった。

「香りが繊細な和素材は、チョコレートに負けてしまうものが多い。和食でダシをとるのと同じく、微妙なバランスが大事なんです」と話すのは、〈サロンドロワイヤル 京都本店〉のパティシエ、岡本昂也さん。2018年の「サロン・デュ・ショコラパリ」で、ショコラ愛好家の会「C.C.C.」の外国人部門最優秀賞を初めて獲得したチームの一員だ。いまや世界中のショコラティエが和素材を使うが、改めてその奥深さが知れ渡ることになった。

儚く個性的な素材を生かす、緻密なアイデア。

南国産の果物などに比べて香りが弱い和素材を使うのはなぜ? 
「『KYOTO』ブランドがパリで浸透しているというのがまず一つ。ですが〝和と洋の融合〞こそ〈サロンドロワイヤル〉が80年以上大切にしてきたことなのです」と岡本さん。

41028
右上から時計回りに、「碧~Midori~」「葵~Aoi~」「都~Miyako~」「禅~Zen~」。バレンタインまで京都本店で販売し、都内イベントへの出品も。1,500円(税込)。
右上から時計回りに、「碧~Midori~」「葵~Aoi~」「都~Miyako~」「禅~Zen~」。バレンタインまで京都本店で販売し、都内イベントへの出品も。1,500円(税込)。

今回受賞した「雅 MIYABI」は、まるで和懐石。タケノコと木の芽を使った「碧」は焼きタケノコ、ワサビとあられを入れた「葵」はお茶漬け、黒ごまペーストと絹ごし豆腐で作った「禅」はごま豆腐のイメージだ。日本酒をベースにした「都」にはユズのパートドフリュイを忍ばせ、チョコレートファンをうならせた。個性を出しつつ、チョコレートとしてのおいしさも逸脱してはいない。これが和素材を使う難しさと魅力だ。

〈サロンドロワイヤル 京都本店〉

IMG_1139

1935年の創業以来、日本のチョコレート界を牽引。クロスが広げられたテーブルでゆったり過ごせて、夏には鴨川の川床も。
■京都府京都市中京区木屋町通り御池上ル上樵木町502
■075-211-4121
■11:00~19:00(5月~9月の川床期間は~20:00) 無休 
■18席/禁煙

Hanako『チョコレートと冬の男。』特集では、おすすめのチョコレートを多数ご紹介しています。

Hanako『チョコレートと冬の男。』

(Hanako1169号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る