レクレール・ドゥ・ジェニ 日本橋髙島屋 ショコラミニョン
2019.01.31

バレンタイン限定チョコレートも。 キュートな動物に癒される!アニマルパッケージのおすすめチョコレート4選

チョコレートを贈るときも贈られたときも心躍るのは、パッケージのかわいいひと箱に出会ったとき。動物モチーフのグッドデザインな逸品を集めました。Hanako『チョコレートと冬の男。』「パッケージに恋するチョコレート。」よりお届けします。

1.〈レクレール・ドゥ・ジェニ 日本橋髙島屋〉パッケージに恋して、蓋を開けても恋するpinkの魔法。

レクレール・ドゥ・ジェニ 日本橋髙島屋 ショコラミニョン
1/30~2/14(8階催物会場)「ショコラミニョン」7個入り(2,376円)(税込)
1/30~2/14(8階催物会場)「ショコラミニョン」7個入り(2,376円)(税込)

〈レクレール・ドゥ・ジェニ〉のバレンタイン限定品は、フラミンゴが描かれた円形ボックス。カシスなどを使用したボンボンショコラとのコントラストも◎ 

〈レクレール・ドゥ・ジェニ 日本橋髙島屋〉
■東京都中央区日本橋2-4-1
■03-3211-4111(代表)
■10:30~19:30(2/8~13は~20:00) 不定休

2.〈ブルーノ ルデルフ 銀座三越〉シェフの愛猫が、メインのイラストに登場。

ブルーノ ルデルフ 銀座三越 ショコラカクテル
「ショコラカクテル」8個入り(3,456円)(税込)
「ショコラカクテル」8個入り(3,456円)(税込)

愛猫家のショコラティエ、ブルーノ ルデルフ氏の飼い猫、オランジェットちゃんがボックスのモデルに。かわいい線画に、トリコロールのゴムバンドが小粋。モヒートやラムレーズンなどのカクテルがモチーフに。

〈ブルーノ ルデルフ 銀座三越〉
■東京都中央区銀座4-6-16
■03-3562-1111(代表)
■10:30~20:00 不定休

3.〈ショコラ・フランス屋〉パンダのアイコンは、いつだって癒し系!

ショコラ・フランス屋 木のぼりぱんだ
~2/14「木のぼりぱんだ」(648円)(税込)
~2/14「木のぼりぱんだ」(648円)(税込)

ぱ・ぱ・ぱ・ぱんだシリーズは全9種類。子どもが食べられるようにとお酒は一切使わないレシピで、今や大人女子にも人気。木登りパンダは、見ていてじんわりあったまる感。チョコの中にもパンダが2匹。

〈ショコラ・フランス屋〉
■京都府京都市伏見区深草池ノ内町3
■075-641-7274
■9:30~19:00 水休

4.〈ジャン フランソワ・ベー〉白鳥とフルーツ。想像力をかきたてるイラストがかわいい。

ジャン フランソワ・ベー スイートスイート
「スイートスイート」9個入り(1,593円)(税込)
「スイートスイート」9個入り(1,593円)(税込)

パッケージデザインは悠々と泳ぐ白鳥。みにくいアヒルの子が、大きくなって白鳥の群れに出会う、ハッピーエンドの物語をイメージ。桃やオレンジは、フルーツ専門のショコラトリーらしく中のボンボンショコラを連想させる楽しい組み合わせ。

〈ジャン フランソワ・ベー〉
■03-6435-5238

Hanako『チョコレートと冬の男。』特集では、おすすめのチョコレートを多数ご紹介しています。

Hanako『チョコレートと冬の男。』

(Hanako1169号掲載/photo : Tomoya Uehara, Chihiro Oshima styling : Reiko Ogino text & edit : Chiemi Makita cooperation : UTUWA)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る