【大阪】フレンチ・イタリアン出身シェフが手掛ける、進化系「スパイスカレー」3選
2018.12.06

大阪の食トレンドは「スパイスカレー」! 【大阪】フレンチ・イタリアン出身シェフが手掛ける、進化系「スパイスカレー」3選

大阪の食シーンを賑わす、進化系「スパイスカレー」。『Meets Regional』編集長・竹村匡己をナビゲーターにお迎えして、Hanako『全国 いま絶対に行きたい店』「大阪・神戸で、素敵にコスパ。」より、フレンチ・イタリアン出身シェフが手掛ける絶品「スパイスカレー」3選をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈定食堂 金剛石〉の「ミックスホルモン牛豚キーマ」/松屋町

DSC_1394
「ミックスホルモン牛豚キーマ」(900円)、「煮卵」(100円)

テッチャンとアカセン、牛肉と豚肉の合挽きを使用。おかずはレンズ豆カリー、じゃがいもとゴボウのマスタードココナツ煮など。

イタリア料理人でありつつ、独学でスパイス使いを学んだという店主の中尾浩基さん。おおよそ週替わりのカレーは屋号のとおり定食をイメージ。味や食感にメリハリを効かせたおかずと共に、最後まで飽きさせることのない仕様に。

DSC_1402

〈定食堂 金剛石〉
■大阪府大阪市中央区瓦屋町1-8-25 ハイツ松屋町1-2 
■06-7174-2578
■11:30~14:00LO、18:30~21:00LO(火11:30~16:00LO) 水休 
■10席/禁煙

2.〈スープカレー なっぱ〉の「鶏ざんまい」/西天満

IMG_7203
「鶏ざんまい」(1,200円)

鶏ガラダシベースのスープカレー。ご飯はターメリックライス。10種類以上の野菜、炙りチキン、鶏皮餃子、温泉玉子などをトッピング。

店主の中村和也さんは、カレー作りはまずダシだとフレンチ修業から始めた異色の経歴の持ち主。完成させたのは鶏ガラや海老のスープにハーブを加えて煮込み、塩麹で味を調えた旨みたっぷりのスープカレー。存在感ある季節野菜の甘みも相まって、まろやかな一皿に。

IMG_7195

〈スープカレー なっぱ〉
■大阪府大阪市北区西天満4-13-1 
■050-3716-0078
■11:00~14:30(14:00LO、売り切れ次第終了) 土休 
■11席/喫煙

3.〈スパイス料理 イデマツ〉の「スパイス御膳」/天満

DSC_1348

独学でスパイス使いを学んできたというブラッスリー店主・出口泰正さんが、週に一度だけランチタイムに開く料理店。屋号には「世界中のスパイス料理を作りたい。カレーもそのひとつ」の思いが込められている。

DSC_13451
「スパイス御膳」(1,450円)

イカスミポークカレー、海老ココナッツなど肉と魚介2種類のカレーに、ブレンド茶で炊くご飯、カルパッチョなど8種類のおかず。

御膳仕立てでおかずとして楽しむカレーが新鮮。

〈スパイス料理 イデマツ〉
■大阪府大阪市北区池田町10-10-105
■090-2100-8392
■11:30~14:30LO(売り切れ次第終了) 木のみ営業 
■16席/禁煙

今回ナビゲートしてくれたのは…

『Meets Regional』編集長・竹村匡己/生まれは京都の伏見。保険会社を経て、京阪神エルマガジン社入社。エルマガジン、サヴィ、リシェ、ムックと転戦し、ミーツ編集部へ。2014年より現職。「タイニーでショートカットな女の子に弱いです」

Hanako『全国 いま絶対に行きたい店』特集では、大阪のおすすめグルメを多数ご紹介しています。

Hanako『全国 いま絶対に行きたい店』

(Hanako1167号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Kunihiro Fukumori text : Mako Yamato)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る