夏の終わりに楽しみたい!京都の定番人気スイーツ「柑橘スイーツ」おすすめ3選
2018.09.12

京都のハズさない手土産といったらこれ! 夏の終わりに楽しみたい!京都の定番人気スイーツ「柑橘スイーツ」おすすめ3選

夏の終わりに楽しみたい、京都の定番人気スイーツといったらこれ!「柑橘スイーツ」。まずおさえるべきおすすめ3選を、Hanako『京都検定。』「Q. 京都の定番のお菓子といえば?」よりご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈老松 嵐山店〉の晩柑糖

coda-10716

萩の夏ミカンで作る「夏柑糖」に続き、グレープフルーツを使った「晩柑糖」が登場。「『夏柑糖』は夏ミカンがなくなれば終わり。お客様の惜しむ声で『晩柑糖』ができました」。作り方は同じ、果汁を寒天で固める。口当たり良く、爽やかなほろ苦さ。9月下旬まで。648円、持ち帰り1個1,080円。玉露(和菓子付き)1,080円(各税込)

〈老松 嵐山店〉
■京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20 
■075-881-9033 
■9:00~17:00(茶寮9:30~16:30LO) 不定休 
■33席/禁煙 

2.〈フルーツパーラー クリケット〉のクリケットゼリー

coda-11071

1974(昭和49)年創業、グレープフルーツ、オレンジ、レモンのゼリーが一年中楽しめる。果汁とゼラチンだけで手作りし、みずみずしくさわやか。蓋に残された果肉を搾り入れれば、さらにフレッシュ。自家製の生クリームも品良くなじみ、味わいの変化も楽しみ。各700円。三宝柑、柚子といった旬限定のゼリーも。通販あり。

〈フルーツパーラー クリケット〉
■京都府京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1F 
■075-461-3000 
■10:00~18:00 火不定休(12/31休) 
■24席/禁煙

3.〈村上開新堂〉のオレンジゼリー

coda-11024

1907(明治40)年創業の洋菓子店。紀州みかんで作るゼリー「好事福盧(こうずぶくろ)」は、池波正太郎にも愛された銘菓。こちらは11~3月限定のため、後にオレンジゼリーが誕生。果汁とゼラチンを合わせ冷やし固める、「好事福盧」と同じ作り方で、懐かしい甘み。なくなり次第終了、9月下旬まで。562円。白桃アールグレイ750円。

〈村上開新堂〉
■京都府京都市中京区寺町通二条上ル東側 
■075-231-1058 
■10:00~18:00(カフェ16:30LO) 日祝、第3月休 
■15席/禁煙 

Hanako『京都検定。』特集では、京都のスイーツを多数ご紹介しています。

HANAKO1164_001

(Hanako1164号掲載/photo : Masahiro Kouda text : Aki Miyashita)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る