Alte Liebe 横浜本店
2018.09.01

優雅な空間でフレンチを堪能! 開港の地・横浜ならではのランチなら、ミュージックレストラン〈Alte Liebe 横浜本店〉がおすすめ!

西洋文化の入り口であった横浜ならではの、ご褒美ランチとは?アールデコ調の優雅な空間でフレンチが楽しめる、日本大通りのミュージックレストラン〈Alte Liebe 横浜本店〉を、Hanako『横浜ロマンティック』「老舗で食べる懐かしの洋食ランチ。」よりご紹介します。

古都ウィーンのカフェを彷彿させる優雅な老舗店。

Alte Liebe 横浜本店 日本大通り

諸外国の領事館が軒を並べていた日本大通りは、今も歴史的建造物の並ぶ異国情緒あふれる街並みが美しい。その一つ、旧商工奨励館1階にある、内装や調度の細部までウィーンの芸術様式で統一したレストランが〈アルテ リーベ〉。高い天井、アーチを描く柱上部の月桂樹をモチーフにした金の装飾、床や壁に施された正方形の寄木装飾など、1920〜30年代のヨーロッパを席巻したアールデコやウィーン分離派のスタイルで統一された空間は、本場ウィーンの優雅な老舗カフェレストランを彷彿させる。同時代に横浜に建立された旧商工奨励館の建築様式との調和も、横浜らしい店の歴史を物語る。

起源は19世紀初頭に遡るドイツのトーネット社は、曲木(まげき)の技術の開発で知られる家具工房。ビロード張りの座り心地のいい椅子をリニューアル時に特注。
起源は19世紀初頭に遡るドイツのトーネット社は、曲木(まげき)の技術の開発で知られる家具工房。ビロード張りの座り心地のいい椅子をリニューアル時に特注。

起源は19世紀初頭に遡るドイツのトーネット社は、曲木(まげき)の技術の開発で知られる家具工房。ビロード張りの座り心地のいい椅子をリニューアル時に特注。

食事時のピアノやヴァイオリンの生演奏も、オーナーシェフが腕をふるう本格的なコース料理を味わうひと時を華やかな非日常へと誘う。

昼はピアノ独奏、夜はピアノとヴァイオリンの共演を欠かさぬミュージックレストランのスタイルを創業時より守る。写真はオブジェとして置かれた古いオルガン。
昼はピアノ独奏、夜はピアノとヴァイオリンの共演を欠かさぬミュージックレストランのスタイルを創業時より守る。写真はオブジェとして置かれた古いオルガン。

昼はピアノ独奏、夜はピアノとヴァイオリンの共演を欠かさぬミュージックレストランのスタイルを創業時より守る。写真はオブジェとして置かれた古いオルガン。

ランチは3種のコース料理から。「鴨フィレ肉のロースト、焼き野菜とチェリーのコンポート」をメインに前菜とデザート付きのコース「真夏の予感」4,800円より。
ランチは3種のコース料理から。「鴨フィレ肉のロースト、焼き野菜とチェリーのコンポート」をメインに前菜とデザート付きのコース「真夏の予感」4,800円より。

ランチは3種のコース料理から。「鴨フィレ肉のロースト、焼き野菜とチェリーのコンポート」をメインに前菜とデザート付きのコース「真夏の予感」4,800円より。

〈Alte Liebe 横浜本店〉
ミュージックレストランとして1965年創業。旧商工奨励館修復時に内装を一新し2000年リニューアルオープン。ランチコース4,000円~。
■神奈川県横浜市中区日本大通11
■045-222-3346 
■11:30(土日祝12:00 )~14:00LO、17:30~21:00LO 月休 
■80席/禁煙 

Hanako『横浜ロマンティック』特集では、横浜の洋食を多数ご紹介しています。

HANAKO1163_001

(Hanako1163号掲載/photo : Ayumi Yamamoto text : Chiyo Sagae)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る