歯並びが美を左右する!歯列矯正の種類やメリット、病院選びのコツが知りたい!
2018.08.27

今こそ学びたいオーラルケア。 歯並びが美を左右する!歯列矯正の種類やメリット、病院選びのコツが知りたい!

美を左右する歯並び。歯列矯正に興味があっても、費用や時間コストがかかる分、クリニック選びに悩んでいる人も多いのでは?今回は無料カウンセリングを体験した様子を、Hanako『ひんやりスイーツと夏の男。』「Hanako Lab. CULTURAL STUDIES vol.2 今こそ学びたいオーラルケア。」よりお届けします。

Hanako Lab. CULTURAL STUDIES /

「ちょっとの工夫やアイデアをプラスすれば、もっとおいしく、もっとたのしい!東京をおいしく生きる女子たちに贈る「Hanako Lab. CULTURAL STUDIES」!」

Hanako Lab. CULTURAL STUDIES
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

今回体験したのは…

岡田真麻/ライター

矯正の種類やメリット、病院選びのコツを聞きました。

「歯並びが気になる」という岡田さんは〈表参道ヒカリデンタル矯正歯科〉で歯列矯正治療前に行う無料カウンセリングを体験。口腔内診査で歯並びのチェックと問診を行った。

口腔内診査で歯並び、噛み合わせを細かくチェック。

問診では矯正治療の種類とそれぞれのメリット、デメリットの説明も。

部分矯正:前歯の凸凹や、空きっ歯など気になるところをピンポイントで治療。他の矯正に比べて低額、短期間で治療ができるが、適応症例が限られている。

表側矯正:さまざまな不正咬合治療に対応することができる。金属製の装置が目立ちやすいというデメリットがあったが、近年は、歯になじむ白の装置やワイヤーも登場。

裏側矯正:歯の裏側に装置を取り付けるため周囲に気づかれずに矯正できる。一般的に表側矯正よりも高額。

マウスピース型矯正:透明な装置を装着し、何度か交換をしながら歯を動かす方法。取り外しができるので歯磨きがしやすい半面、装置を付ける時間が短いと治療期間が長くなるデメリットも。

カウンセリング後、X線検査、CT撮影などの精密検査を経て、治療方針を決定。

その後、精密検査に進んだ場合は、X線で頭部と口元の位置関係を分析し、CTで歯の状態を確認してから、最適な治療計画を立てる。「後悔のない治療のためにもこの工程は大切です」と川崎直子先生。歯並びが整うと見た目の美しさだけでなく、噛み合わせがよくなることでしっかり噛むことができ、口臭や歯周病などの予防にもなる。治療が始まると、月に1回程度の通院が必要になる。通いやすいかどうかも選ぶポイントに。

体験したクリニックはこちら!

〈表参道ヒカリデンタル 矯正歯科〉
CTを含む精密検査35,000円。
■東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル4F
■0800-777-4187
■12:00~15:00、16:00~19:30(土10:00~13:00、14:30~18:00) 月日祝休

Hanako『ひんやりスイーツと夏の男。』特集では、オーラルケアを多数ご紹介しています。

(Hanako1162号掲載/photo : Natsumi Kakuto illustration : Ema Mori text : Mariko Uramoto edit : Momoka Oba)

Hanako Lab. CULTURAL STUDIES

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る