PMSに自律神経…心身の不調を根本解決!ハーブを濃縮した「ハーブチンキ」の効能や作り方とは?
2018.08.07

就寝前に取り入れたい! PMSに自律神経…心身の不調を根本解決!ハーブを濃縮した「ハーブチンキ」の効能や作り方とは?

就寝前に取り入れたい、ハーブを濃縮した「ハーブチンキ」。PMSや自律神経といった様々な心身の不調を、根本から癒してくれるんです。Hanako『わたしの夏麺diary』Book in Book「Summer Healing 2018」より、そんなハーブチンキの効能や作り方をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

ゆっくり、優しく効いてくるハーブの癒し。

近ごろ日本でも浸透しつつある植物療法。その治療に用いられる、ハーブの有用成分をアルコールで抽出したハーブチンキは、就寝前のリラックスタイムにもぴったり。アレルギー症状や自律神経の乱れなど、あらゆる悩みにゆっくりと働きかけて根本から癒してくれる。作り方はいたってシンプル。煮沸した容器に乾燥ハーブ50gとウォッカ750㎖を入れ、冷暗所で2週間ほど漬け込むだけ。漬かった後はハーブは取り除き、液体のみを10㎖ほど、ストレートまたは炭酸などで割ってどうぞ。

ORANGE FLOWER/ビターオレンジの花であるオレンジフラワー。神経を調和する作用を持ち、気持ちの浮き沈みを穏やかにしてくれる。抗炎症、殺菌、血糖値を正常に戻すなどの作用も。

ROSE/女性には最適なハーブであるローズ。生理不順に働きかけ、情緒不安定なときや軽い鬱症状にも作用する。デトックスやスキンケア効果にも期待。風邪をひいてしまった際にも。

教えてくれたカフェ

〈NeRoLi herb〉
植物療法士がオリジナルブレンドを処方してくれる(50g 7,407円、要予約)。■東京都世田谷区北沢2-1-7 ハウジング北沢Ⅰビル3F
■03-5432-9265
■12:00~1:00 火休 
■15席/喫煙

Hanako『わたしの夏麺diary』特集では、夏に取り入れたいケアを多数ご紹介しています。

(Hanako1161号掲載/photo : Nahoko Morimoto text : Ako Tsunematsu edit : Rio Hirai)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る