コーヒーカルチャーが盛んな沖縄で行くべきカフェとは?沖縄のおすすめカフェ5軒
2018.07.14

コーヒーカルチャーがアツい沖縄! コーヒーカルチャーが盛んな沖縄で行くべきカフェとは?沖縄のおすすめカフェ5軒

栄町市場〈COFFEE potohoto〉の店主・山田哲史さんにおすすめのカフェを教えてもらいました。Hanako『沖縄 ひとり旅だから、できること。』「沖縄ひとりごはん便利ガイド」よりピックアップしてお届けします。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.〈YAMADA COFFEE OKINAWA〉/宜野湾市

産地らしさとユニークな個性を兼ね備えたシングルオリジンを集め、バラエティ豊かなブレンドを9種も作っている。全ての豆からドリップコーヒー500円が飲め、おかわり150円は種類を替えて頼める楽しさも。チーズケーキは350円(各税込)。

〈YAMADA COFFEE OKINAWA〉
■沖縄県宜野湾市宜野湾3-17-3
■098-896-1908
■10:00~19:00 月休 
■8席/禁煙 

2.〈COFFEE potohoto〉/安里

2008年の開業当時、スタンド方式は全国的にも先駆けだった。市場の一角でコーヒーを淹れていると、近所の惣菜屋さんも顔を出し、地域密着。右から、レモンで清涼感のあるアイスエスプレッソ320円、アイスカフェラテ320円(各税込)。

〈COFFEE potohoto〉
■沖縄県那覇市安里388-1 栄町市場内 
■098-886-3095
■10:00~18:00 日休 
■2席/分煙

3.〈MAHOU COFFEE〉/牧志

“ドリッピスト”の山明央さん・葵さん夫妻が営む深煎りコーヒーとエスプレッソの専門店。点滴式にじっくり水出ししたのち熟成させる「ダッチアイス珈琲」500円など抽出にこだわりが。葵さん作「チョコチーズキューブ」430円がぴったり。

〈MAHOU COFFEE〉
■沖縄県那覇市壺屋1-6-5
■098-863-6866 
■10:00~17:00LO 日休 
■10席/禁煙 

4.〈沖縄セラードコーヒー〉/浦添市

焙煎と卸をしていた店が3年前に小売りをスタート。豆本来の甘みが強く出る完熟具合のコーヒーを集め、農園の視察にも取り組む。新メニュー「エスプレッソシシェケラート」550円(税込)はパッションフルーツ入りで爽やか。

〈沖縄セラードコーヒー〉
■沖縄県浦添市港川2-15-6 No.28 
■098-875-0123
■12:00~18:30 祝休 
■4席/禁煙

5.〈TIMELESS CHOCOLATE〉/北谷町

沖縄のサトウキビでビーントゥバーを作る工房併設のカフェ。産地や作り方の異なるチョコレートを組み合わせたケーキ600円は、〈COFFEE potohoto〉によるコーヒー500円と好相性。写真左手前はティラミス600円。

〈TIMELESS CHOCOLATE〉
■沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46 Distortion Seaside Bldg 2F 
■11:00~19:00 無休 
■25席/分煙 

ナビゲーター・山田哲史
栄町市場〈COFFEE potohoto〉の店主。25歳で初めて飲んだ上質なコーヒーに衝撃を受け、コーヒーに没頭する日々。

Hanako『沖縄 ひとり旅だから、できること。』特集では、沖縄のカフェを多数ご紹介しています。

(Hanako1160号掲載/photo : Kengo Tarumi, G-KEN, Norio Kidera, Yoichi Nagano text : Kahoko Nishimura, Keiko Kodera)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちらへ。

TOPに戻る