人気ウェディング&パーティデザイナー・黒沢祐子さんは、こうやって人生を切り開いた!
2018.07.05

オンリーワンの結婚式を作る! 人気ウェディング&パーティデザイナー・黒沢祐子さんは、こうやって人生を切り開いた!

オンリーワンの結婚式を作り上げる、人気ウェディング&パーティデザイナー・黒沢祐子さん。転職、さらにフリーランスとして活躍する彼女を突き動かしてきたものとは?Hanako創刊30周年特別企画『働くことと、生きること。46人の、転機と決断。』「転機は通過点。オンリーワンな仕事をする人。」よりお届けします。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

〝やりたい〞を追求し、自らの道を切り開く。

MG_7167atari
最新のウェディングドレスが並ぶ〈ザ・トリート・ドレッシング〉にて。「何度訪れても気分が上がる場所」(黒沢さん)

黒沢祐子/大学卒業後、OLを経て〈Plan・Do・See〉に転職し、ウェディングプランナーに転身。2008年会場探しからスタートするフリーランススタイルのプランナーに。現在まで950組以上のカップルを担当する。

新郎新婦2人の〝らしさ〞を引き出す結婚式を作ることで評判のウェディングプランナー・黒沢祐子さん。
彼女の転機のきっかけは〝直感〞。「若い時はひらめきで動くタイプではありませんでした。どちらかというと慎重で事なかれ主義。新卒で入った会社も『潰れなさそうだから』という理由で選んでいますし(笑)」

大きな転機となったのは、自らの一度目の結婚式の時。「結果的にこの結婚は失敗に終わったのですが(笑)。この時初めてウェディングプランナーという仕事に接して、型通りの対応に疑問を持ち、『この仕事がしたい』と強く感じ、行動にうつしたんです」

その後、レストランウェディングの会社に転職、約10年間勤務した後、フリーランスのプランナーに。

SCAN0033atari

〈Plan・Do・See〉勤務時代。10年はがむしゃらに働くと決め、猪突猛進していた頃。「会場ありきでなくお客様のオンリーワンの式を作り上げたい、と思ったのがフリーになるきっかけでした」

S__29458475atari
プレ花嫁さんのアイデアソースとしても人気の黒沢さんのInstagram。

会場、花、ドレスやヘアメイク、映像や音楽、ペーパーアイテムまで式をトータルコーディネートすべく、顧客と何度も打ち合わせを重ねる。時に顧客の自宅に足を運び、お酒を飲みながら行うことも。「大切にしているのは、家族のように密な関係性を築くこと。ありがたいことに式の後も交流が続くことが多いのは、お客様とプランナーという関係の前に、人として向き合うようにしているからかもしれません」

黒沢祐子さんのターニングポイントとは?

①自分自身の一度目の結婚式。
「初めて接したウェディングプランナー。ソツがないけれど、マニュアル通りで味気なく感じられて。だからこそ、『もっと別のアプローチでこの仕事ができる場所があるはず。やってみよう』と直感で決めました。人生の中で『これがやりたい!』と強く思ったのはこの時が初めて」

②仕事スピリッツを学んだ秘書業。
「〈Plan・Do・See〉社長の、はちゃめちゃだけど熱いインタビューをたまたま読んで、『この人の会社で働きたい』と直感で転職しました」。入社してすぐまさかの社長秘書に。1年半ほどの短い期間だったが「社長から『有言実行』『夢は口に出す』スピリッツを学びました」。

③“好き”を追求すべくフリーランスに。
「会社の中でプランナーとして10年以上現場を経験すると、おのずと現場統括の役割を担うことが多くなって。元々常に最前線で現場にいたいタイプ。35歳を過ぎたら好きなことをやろうとフリーランスに。より密にお客様と対峙し、パーティを作り出せる環境を選びました」

Hanako『46人の、転機と決断。』特集では、オンリーワンな仕事をする女性を多数ご紹介しています。

HANAKO1159_001

(Hanako1159号掲載/photo : Mariko Tosa text : Kana Yabuuchi)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る