0617HN_0147_bDN
2022.07.31

J SONGBOOK 日本の音楽を学ぼう! 女優・歌手 上白石萌音さんの私を創った音楽の歴史。『絢香さんと吉岡聖恵さんが私にとっての二大巨頭。』

令和の音楽シーンで活躍するミュージシャンたちは、どんな「日本の音楽」を聴いて育ってきたのか。記憶の最初にある音楽から、活動の原点まで、そのルーツに迫ります。今回は、女優・歌手の上白石萌音さんにお話を聞きました。7月28日(木)発売Hanako1211号「J SONGBOOK 日本の音楽を学ぼう!」よりお届けします。

0617HN_0147_bDN

ノースリーブドレス41,800円(エスロー|エンケル 03-6812-9897)/ブラウス46,200円(ケイコ ニシヤマ 03-5357-8292)/イヤリング3,080円(トゥラン|コトモノマルシェ東急ハンズ新宿店 070-3229-6807)

大橋トリオさん、ハナレグミさん、ハンバート ハンバートさん、コトリンゴさん、GLIM SPANKYさん……大好きなアーティストは数え切れないほどたくさんいるんです。でもその中で、自分のルーツは誰だろうと考えると、絢香さんと吉岡聖恵さんが私にとっての二大巨頭だなって。小さいときって、両親の趣味趣向で音楽を聴くじゃないですか。それでいうと、邦楽があんまりかからない家だったんです。父も母も洋楽好きで、スティングとかABBAとかそういった音楽が流れていて。唯一流れていたのがMr.Children。とはいえ、日本の歌をまったく知らなかったわけではなく、流行ってる曲やみんなが歌ってる曲は知っていたんです。矢島美容室とか(笑)。

絢香『ayaka’s History 2006-2009』/2009年発売の2枚組ベストアルバム。「三日月」や「おかえり」などヒット曲が満載。絢香入門編にはもってこい。
絢香『ayaka’s History 2006-2009』/2009年発売の2枚組ベストアルバム。「三日月」や「おかえり」などヒット曲が満載。絢香入門編にはもってこい。

私は、8歳から10歳までの3年間、父の仕事の都合でメキシコに住んでいたんですが、あるとき、日本人のお友達の家の車に乗ったとき、絢香さんの「おかえり」がかかってて。それを聴いたとき、めちゃくちゃ郷愁に駆られたんです。うわあ、帰りたい、日本に帰りたいって。それまで日本に帰りたいと考えたことがなかったんです。メキシコの生活がすごく楽しくて。でも、なぜか、「おかえり」に心が動かされた。帰国後、親に「誕生日になにがほしい?」って聞かれたとき、絢香さんのベストアルバムをねだって買ってもらいました。

いきものがかり『ハジマリノウタ』/2009年発売のオリジナルアルバム。上白石さんは2008年発売のサードアルバム『My song Your song』もお気に入り。
いきものがかり『ハジマリノウタ』/2009年発売のオリジナルアルバム。上白石さんは2008年発売のサードアルバム『My song Your song』もお気に入り。

そして、いきものがかりさんに出会ったのは小6のとき。ちょうどその年のNコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲が「YELL」で、合唱クラブに入っていたので、どんな歌なのか聴いてみようとCDを借りてきたんです。打ち抜かれました。吉岡聖恵さんの声が本当に気持ち良くて、小学生の私にまっすぐ入ってきたんです。そこから、いきものがかりさんの曲を聴くようになって。私は、お仕事を始めたのが中1の終わりからだったので、人生がいちばん転換していった時期に、寄り添ってくれる音楽になりました。環境が変わって怖かったり不安だったりしたときに、聖恵さんの歌声に励まされて。なので「ハジマリノウタ〜遠い空澄んで〜」を聴くといまだにエモくなる。ありありと思い出すんです、あの頃のことを。

【J SONG HISTORY】

□音楽好きの両親のもと、洋楽ばかりを聴いて育つ。

□唯一ミスチルだけはヘビロテ。メキシコで楽しい日々を過ごしていた10歳の頃、絢香の「おかえり」を聴き郷愁に駆られる。

□小6のとき、いきものがかりのアルバムをレンタル。以降、吉岡聖恵が心の師に。

Profile…上白石萌音(かみしらいし・もね)

tujyo

1998年、鹿児島県生まれ。女優・歌手。小さな頃から歌うことが大好きで、ミュージカル音楽にも造詣が深い。ニューアルバム『name』は、ハンバート ハンバートの佐藤良成、森山直太朗、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦と川上つよし、小林武史、MONGOL800のキヨサク、金子隆博など、上白石さんの大好きなアーティストが参加。

(Hanako1211号掲載/photo : MEGUMI styling : Takashi Shimokawa, Azusa Kitamura (Office Shimarl) hair & make : Tomoko Tominaga (allure) text : Izumi Karashima)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る