南向きの窓から光と風が入り、植物がよく育つというキッチンフロア。壁をブルーにしたのは、花やグリーン、古材が映えるようにとの思いから。イタリア製メーカー〈SMEG 〉のレトロなオーブンもお気に入り。
2022.06.08

優しい気持ちを作る、理想の部屋づくり。 センスのいい人に学ぶ、心地よい部屋の工夫。|〈martau. (マルト) 〉デザイナー・滝沢うめの『風の抜ける「呼吸する」家。』

物件そのものの良さだけでなく、素敵な部屋には家主の持つさまざまな“工夫”がちりばめられています。実例をお手本に、センスアップのヒントを学びます。今回は、〈martau. (マルト) 〉デザイナー・滝沢うめのさんのお部屋をご紹介します。
当初、オープンアトリエにする予定だったという上のフロア。奥行きのある作りで風通しがよく、滝沢さんの創作の場でもある。かつて仕事としても弾いていたというピアノも、空間にしっくりなじんでいる。
当初、オープンアトリエにする予定だったという上のフロア。奥行きのある作りで風通しがよく、滝沢さんの創作の場でもある。かつて仕事としても弾いていたというピアノも、空間にしっくりなじんでいる。

デザイナーの滝沢うめのさんが住むのは、「日本のガウディ」と称される建築家が設計したヴィンテージマンション。メゾネットの部屋をフルリノベーションし、個性的な箱とリンクするような雰囲気ある空間を作り上げている。

南向きの窓から光と風が入り、植物がよく育つというキッチンフロア。壁をブルーにしたのは、花やグリーン、古材が映えるようにとの思いから。イタリア製メーカー〈SMEG 〉のレトロなオーブンもお気に入り。
南向きの窓から光と風が入り、植物がよく育つというキッチンフロア。壁をブルーにしたのは、花やグリーン、古材が映えるようにとの思いから。イタリア製メーカー〈SMEG 〉のレトロなオーブンもお気に入り。

滝沢さんがこのメゾネット物件を選んだのは、「風が気持ちよく抜けるから」。実際部屋に入ると、ふたつのフロアをつなぐ階段が通り道になって、風が家じゅうをよどみなく流れているのがわかる。あちこちで観葉植物や花がそよぎ、空気がすがすがしい。「いつも自然を感じられる家にしたくて。グリーンやお花が部屋にあると、空気の巡りがよくなってリラックスできるんです」

【POINT1】『バスルームも風と植物を感じられる作りにする。』タイル張りにこだわったバスルームも風が抜け、植物が映える。アメリカ製の洗面台にあるのは白樺の枝を束ねたヴィヒタ。お風呂の湯気で香りが広がるそう。
【POINT1】『バスルームも風と植物を感じられる作りにする。』タイル張りにこだわったバスルームも風が抜け、植物が映える。アメリカ製の洗面台にあるのは白樺の枝を束ねたヴィヒタ。お風呂の湯気で香りが広がるそう。
【POINT2】『吊るしの植物をそこかしこに配置。』天井の配管やカーテンバーに枝ものやスモークツリーをあしらう。窓辺には古くから沖縄で親しまれる「ヤマクニブー」のスワッグを飾り、蚊よけとしても。
【POINT2】『吊るしの植物をそこかしこに配置。』天井の配管やカーテンバーに枝ものやスモークツリーをあしらう。窓辺には古くから沖縄で親しまれる「ヤマクニブー」のスワッグを飾り、蚊よけとしても。
【POINT3】『家具はいいものが見つかるまで買わない。』家具はすべてアンティーク。用途で選ぶことはなく、気に入ったものを見つけたら買うスタイル。実店舗、ネットショップ、旅先と、出会いの場は広い。
【POINT3】『家具はいいものが見つかるまで買わない。』家具はすべてアンティーク。用途で選ぶことはなく、気に入ったものを見つけたら買うスタイル。実店舗、ネットショップ、旅先と、出会いの場は広い。
【POINT4】『韓国の布をカーテン代わりに。』韓国の骨董街で「無垢な表情に魅了された」という古いポシャギをリネンのカーテンに重ねて。「繊細な手仕事が、ものづくりへの気付きを与えてくれます」
【POINT4】『韓国の布をカーテン代わりに。』韓国の骨董街で「無垢な表情に魅了された」という古いポシャギをリネンのカーテンに重ねて。「繊細な手仕事が、ものづくりへの気付きを与えてくれます」
【POINT1】『バスルームも風と植物を感じられる作りにする。』タイル張りにこだわったバスルームも風が抜け、植物が映える。アメリカ製の洗面台にあるのは白樺の枝を束ねたヴィヒタ。お風呂の湯気で香りが広がるそう。
【POINT2】『吊るしの植物をそこかしこに配置。』天井の配管やカーテンバーに枝ものやスモークツリーをあしらう。窓辺には古くから沖縄で親しまれる「ヤマクニブー」のスワッグを飾り、蚊よけとしても。
【POINT3】『家具はいいものが見つかるまで買わない。』家具はすべてアンティーク。用途で選ぶことはなく、気に入ったものを見つけたら買うスタイル。実店舗、ネットショップ、旅先と、出会いの場は広い。
【POINT4】『韓国の布をカーテン代わりに。』韓国の骨董街で「無垢な表情に魅了された」という古いポシャギをリネンのカーテンに重ねて。「繊細な手仕事が、ものづくりへの気付きを与えてくれます」

改装は、友人である〈ZUBO D.I.Y.Laboratory〉のニイハラフクミさんに依頼した。気心の知れた仲だからこそ、思い描くイメージが伝わりやすく、多少の無理も叶えてもらえたという。例えば、くすみブルーの壁が印象的なキッチンは、水回りでは敬遠されがちな「木」をテーマに。ニイハラさんの家のベランダで“育てた”古材を利用した収納棚をはじめ、一般的にはステンレスを用いる作業台まで、木材で統一した。「昔のフランス映画に出てくるような木のキッチンが念願でした。本当は作業スペース部分も古材にしたくて相談したところ、やはり強度的に難しかった。でも、木を使うことは妥協せず、無垢のオーク材を選びました。水気はすぐに拭きとるなど少し手間はかかりますが、機能性より自分が思う美しさを大事にしました」憧れと美意識を形にしたキッチンは、床にも同じオーク材を使ったこともあり、アンティークの家具が配されたダイニングとひと続きのよう。

【POINT5】『食器も本もオープン収納。』棚は古材を生かした作り付けで、味わいある漆喰の壁によく合う。「オープンにすることで、好きな器や本を日々眺めていられる楽しみがあります」
【POINT5】『食器も本もオープン収納。』棚は古材を生かした作り付けで、味わいある漆喰の壁によく合う。「オープンにすることで、好きな器や本を日々眺めていられる楽しみがあります」

玄関があるフロアは床にも古材を張り、ヨーロッパからアジアまで各国の古い家具や道具、オブジェなどが、風が抜ける余白を保ちながら点在する。漆しっ喰くいの壁を場所によって白と黄色で塗り分け、空間にやわらかなリズムをつけているのもユニークだ。黄色の色味は、旅先のモロッコで見た「ターメリックで色付けした壁」をイメージソースに、何度もニイハラさんとやり取りして作り上げた。「心が動いたものをひとつずつ選び、表現している感じですね。どこか懐かしさを感じる質感、いくつもの場所や人の手を経て表れる温かみなど、人工物や新しいものにはない表情に惹かれます。歴史や背景に思いを馳せられるもの、呼吸するものと暮らすことは、創作のインスピレーションにもなるんです。これからも少しずつ理想の部屋に近づけていけたら」

【DATA & PROFILE】

_MG_0244

【PROFILE】
たきざわ・うめの/フランスのヴィンテージリネンを使ったバッグなどを制作する〈martau.〉を主宰。家族はパートナーと猫のモーリン。Instagram:@martau._umeno

【DATA】
■人数:2人暮らし
■所在地:東京23区 駅徒歩18分
■築年数:47年
■居住歴:4年

(Hanako1209号掲載/photo : Kenya Abe text : Asami Kumasaka)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る