〈ディモンシュ〉店主・堀内隆志さんがブレンドする中深煎りが好み。
2022.05.04

【私が愛するコーヒー時間。】 写真家・長野陽一さんが愛するコーヒー時間。「自宅でも各地の豆で旅の記憶に想いを馳せる。」

忙しい日々の中でのコーヒーブレイクが頭をクリアにしたり、自分らしさの輪郭に気づけたりする日常のスイッチに。十人十色の楽しみ方を伺った。今回は、写真家・長野陽一さんの愛するコーヒー時間を教えてもらいました。
〈ディモンシュ〉店主・堀内隆志さんがブレンドする中深煎りが好み。
〈ディモンシュ〉店主・堀内隆志さんがブレンドする中深煎りが好み。
出張先で買った盛岡〈クラムボン〉と鎌倉〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉(http://dimanche.shop-pro.jp/)の豆。
出張先で買った盛岡〈クラムボン〉と鎌倉〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉(http://dimanche.shop-pro.jp/)の豆。
愛用のミル「みるっこ」は木のふたに替え、温かな佇まいに。
愛用のミル「みるっこ」は木のふたに替え、温かな佇まいに。
〈ディモンシュ〉店主・堀内隆志さんがブレンドする中深煎りが好み。
出張先で買った盛岡〈クラムボン〉と鎌倉〈カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ〉(http://dimanche.shop-pro.jp/)の豆。
愛用のミル「みるっこ」は木のふたに替え、温かな佇まいに。

撮影での地方出張が多い、長野陽一さん。「全国に好きなコーヒー専門店や喫茶店があり、時間を見つけては豆を買って帰ります」そして自宅で丁寧に豆を挽き、ハンドドリップでコーヒーを淹れる。旅の土産話をしながら、同じくコーヒー好きな家族と味わうそうだ。

道具にも旅の記憶が宿る。コーヒーサーバーは小鹿田(おんた)焼のポット。カップはロンドンで購入。
道具にも旅の記憶が宿る。コーヒーサーバーは小鹿田(おんた)焼のポット。カップはロンドンで購入。

「味にも土地や店の空気、焙煎人の人となりが。仕事をしながら、食べながら、なんてことはせず、コーヒーだけにまっすぐ向き合います」貴重な遠くの味も好きだけど、近くのホッとする味も好き。地元鎌倉の名店のコーヒーを飲むと「帰ってきた」と思えるそう。長野さんのコーヒー愛には、土地への愛も詰まっている。

Profile…長野陽一(ながの・よういち)

ポートレイトや料理、島など、背景にストーリーが漂う写真にファンが多い。鎌倉在住。写真集に『シマノホホエミ』(FOIL)、『長野陽一の美味しいポートレイト』(HeHe)など。

(Hanako1208号掲載/photo : Kenya Abe, Yoichi Nagano, Yoshiko Watanabe text : Kyoko Kashimura, Mako Yamato edit : Nao Yoshida)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る