2021-11-04_HN_運勢対談-4710
2022.01.04

幸せをよぶ、神社とお寺。 おすすめ神社の授与品コレクションといえば?神社を愛する鏡リュウジさんとMARIKOさんに聞いた。

「気持ちをクリアにしたいときに神社へ行く」と語る、神社検定1級を持つモデルのMARIKOさんと、占星術の第一人者であり、京都出身で神社を幼い頃から身近に感じてきた鏡リュウジさんに2022年注目の社寺を聞いた。今回は、お気に入りの神社の授与品コレクションを教えても会いました。12月25日(土)発売Hanako1204号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届けします。

鏡リュウジさんのコレクション
1.〈服部天神宮(はっとりてんじんぐう)〉の「足守」の

1231
靴ひもに通して足を守る「足守」
靴ひもに通して足を守る「足守」
1231
靴ひもに通して足を守る「足守」

菅原道真が持病の足の病から回復し、京都から太宰府まで無事到着したことにちなんで「足の神様」と呼ばれる。「サッカーやマラソンのほか、リハビリに励む人にもおすすめです」(鏡さん)。

〈服部天神宮(はっとりてんじんぐう)〉
■大阪府豊中市服部元町1-2-17
■06-6862-5022
■6:00~18:00(4月~9月は~19:00)

MARIKOさんのコレクション
1.個性的なデザインのお守りがお気に入り

2021-11-04_HN_運勢対談-4710

日御碕(ひのみさき)神社の御神砂守にはお清めの砂が入っていたり、小網(こあみ)神社の強運・厄除守りはカッコいい龍のデザインだったり。「神社ごとに個性があるのも発見です」(MARIKOさん、以下同)

2.愛用の御朱印帳は東京都の大宮八幡宮。

2021-11-04_HN_運勢対談-4716

神職の方との会話のきっかけにもなるという御朱印帳。「コロナ下の今は直接書いてもらうのはなかなか難しいですが、後から見返すと、旅の思い出も一緒に蘇ってきて楽しい気分に」

3.鬼のイラストがかわいい東霧島神社の御朱印。

2021-11-04_HN_運勢対談-4715

右は宮崎県都城にある東霧島(つまきりしま)神社の御朱印。社殿に続く約170段の鬼磐(おにいわ)階段がモチーフ。「村娘を嫁にするため、鬼が一晩で階段を作ったという伝説があるんです」

Profile

2021-11-04_HN_運勢対談-4579

鏡リュウジ(かがみ・りゅうじ)/心理占星術研究家・翻訳家。1968年生まれ、京都出身。占星術の第一人者として知られる。最新著作『鏡リュウジの実践タロット・テクニックケルト十字法大辞典』(朝日新聞出版)が発売中。

MARIKO(マリコ)/モデル。ファッションや美容など幅広い方面で活躍。神社検定1級を持つ神社好きの一面があり、Hanako.tokyoで「MARIKOの神社 de デトックス!」を連載中。インスタグラム(@marikozaemon)も人気

※この対談は2021年11月4日に行いました。。

(Hanako1204号掲載/photo : Shu Yamamoto hair : Yukiko Hongo illustration : Mariko Matsumoto text : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る