news_cut00_139
2017.04.16

『モダン京都』特集よりお届け。 ビストロとタイ&ベトナム料理、京都きっての斬新なスタイルとは!?

『和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都』特集では、伝統を大切にしつつも新しいエッセンスを取り込み、ブラッシュアップし続ける京都に注目。今回ご紹介するのは、そんな京都の「今」を象徴する斬新なスタイルのお店2軒です。

〈Le Bistrot BELLEVILLE〉

cut00_104
「旅する朝食」(2,800円)
「旅する朝食」(2,800円)

卵料理とパンを選ぶ。

〈TOLBIAC〉

cut00_121
「プリフィクスコース」(3,200円~)
「プリフィクスコース」(3,200円~)

夜のメニューより、「ムーパッチャー」と「ナム・プリック・オン」。

ひとつのキッチンから生まれる2つの世界。

フランス料理の〈ビストロ ベルヴィル〉と、タイ&ベトナム料理の〈トルビアック〉。それぞれ独立した2つの料理店の間にはひとつのキッチンがあり、1人のシェフが切り盛りするスタイルは京都きってのユニークさ。
ブロカントとドライフラワー、ピンクの壁が印象的な〈ビストロ ベルヴィル〉では、バスクをはじめとする郷土料理と、モロッコやチュニジアの移民料理を。〈トルビアック〉はゴダールの映画『中国女』やベトナムのミリタリーカフェ、パリの中華街にインスパイアされた空間。朝食にはフランス植民地時代を感じさせるベトナム料理、夕食には中華の影響を受けたタイ料理をという2本立ての内容。「好きなものをまとめつつも混在させない店が理想」という店主。無二の個性が京都らしさを感じさせる一軒。

cut00_095

〈Le Bistrot BELLEVILLE〉
■075-708-7894
■京都府京都市中京区夷川通寺町東入る北側常盤木町49-201
■9:30~10:30最終入店(要予約)、11:00~13:00最終入店(要予約)、18:00~21:45最終入店 不定休 

cut00_094

〈TOLBIAC〉
■050-3555-0530
■京都府京都市中京区夷川通寺町東入る北側常盤木町49-202
■9:30~10:30最終入店(要予約)、18:00~21:45最終入店 不定休

(Hanako1131号掲載/photo : Tomokatsu Noro(TRAVEL) text : Mako Yamato)

『和も洋も、古くて新しいモダンな町 京都』特集では、ブラッシュアップし続ける京都の‟今”をお伝えしています!

HANAKO1131_0011
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る