トップ写真
2021.07.04

窓際のスペースに菜園をつくる。 初心者にもおすすめ!窓際でハーブや野菜を育てる“コンパクト菜園”のススメ。

初心者にもおすすめの、窓際でできるコンパクトな菜園。少量使いたいハーブ類も、常に新鮮なものが手に入るのが魅力!6月28日(月)発売 Hanako1198号「料理が好きになるとっておきレッスン」よりお届け。

ハウス状態の室内で季節を問わず栽培。

トップ写真

「家の中の利点は、1年を通して栽培できること」と、園芸家の深町貴子さん。20℃前後の室内は、いわば通年ハウス状態。発芽・生育の適温が室内温度の範囲ならば、夏野菜・冬野菜を気にする必要もない。「屋外に比べれば虫も少ないので、その点でも初心者向きです」。

ただし、必ず確保してほしいのが「光」だと深町さん。「いろいろな種類の植物育成ライトが販売されているので、日当たりが悪ければ活用してみてください」。土は野菜用培養土を選べば、最初の1カ月分は肥料が入っているので手間いらず。室内で小さく育てるなら、追加肥料なしで問題ないという。「種から育てて、芽が出る楽しさを味わってください。室内なら目に入るので小さな変化にも気がつく。興味を持続させることが成功の秘訣です」

深町さん流窓際菜園3つのポイント

1.室温に合う野菜を選ぼう!

2.光をたっぷり与えよう!

3.目の届く場所で育てよう!

窓際菜園におすすめの野菜6選

「ミックスリーフ」
「ミックスリーフ」
「バジル」
「バジル」
「三つ葉」
「三つ葉」
「ラディッシュ」
「ラディッシュ」
「ドワーフトマト」
「ドワーフトマト」
「レタス」
「レタス」
「ミックスリーフ」
「バジル」
「三つ葉」
「ラディッシュ」
「ドワーフトマト」
「レタス」

1.「ミックスリーフ」ミックスサラダを育てちゃおう。

いろいろな葉物野菜を一緒に育てれば、収穫してそのままミックスサラダに。必ず同じ科目でそろえること。写真は小松菜、水菜、わさび菜などのアブラナ科を、牛乳パックを加工した自作プランターで栽培。側面に水抜きの穴を開けて。

2.「バジル」短期間で収穫。初心者もぜひ。

三つ葉と同じ好光性種子。濡らした土に種をまき、2、3mmふんわりと土をかけて霧吹きで全体を湿らせる。3日ほどで発芽し、間引きしながら食べられるので初心者におすすめ。収穫の際は上の葉を摘むと、さらに脇芽が生えてくる。

3.「三つ葉」ゆっくり発芽、のんびり屋さん。

発芽に光が必要な好光性種子。濡れた土に種をまき、土をうすくかけて霧吹き。2週間ほどと発芽に時間がかかるので、気長に待つ。茎のように見える、葉の下の「葉柄」部分までが葉なので、収穫の際は葉柄から上全てを外側の葉から摘む。

4.「ラディッシュ」まるごとおいしくいただく。

隣に仲間がいないと発芽しないので、1cm間隔で種をまき、0.8~1cmほど土をかけて水やり。ふたばが出たらひとつおきに間引きをし、本葉が出たらさらに間引くと、実が大きく育つ。間引き菜もおいしいので、捨てずに食べてしまおう。

5.「ドワーフトマト」窓際には背丈が低めのものを。

本来2m以上にまで育つトマト。窓際には50cmほどにしかならないドワーフトマトがおすすめ。アンデスの高原が原産なので、光を好む一方暑さは苦手。暑さで花をつけなくなったら涼しい場所へ。花が咲いたら肥料をやり、水切れに注意。

6.「レタス」台所スポンジで水耕栽培。

研磨剤不使用のスポンジ(2層のもの)を濡らして揉み、粗い面に十字形にカットを入れ種を2、3粒。水を張った皿に置き、根が出たら球根用容器に置く。ペットボトルの上部を切ってひっくり返しても代用可。根の上部には空気層をつくる。

Gardening Leader…深町貴子(ふかまち・たかこ)

深町貴子(ふかまち・たかこ)さん

園芸家。植物を育てることの喜びを独自の視点で語り、園芸の魅力を広めている。YouTubeチャンネル『Horti』にて園芸動画を配信。

(Hanako1198号掲載/photo : Kenji Nakata text : Maki Nakamura edit : Kei Kimura, Kumpei Kuwamoto(Mo-Green))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る