料理が楽しくなるメソッド7
2021.07.03

いちから始める、豊かなクッキングライフ 料理が楽しくなる7つのメソッド。メニューの決め方や買い物のコツとは?

調理に入る前に、献立を考えて、材料を買いに行き、キッチンを使いやすく整えておくことが大切だ。ここでは、調理に取り掛かるまでの心得7つをチェック。メニューの決め方や買い物のコツなど、気負わず料理に向き合えるメソッドを体得しよう。6月28日(月)発売 Hanako1198号「料理が好きになるとっておきレッスン」よりお届け。

1.献立は気分によって品数を増やす。

【1】野菜も肉も一緒にした丼に。/玉ねぎとしょうがで炒めた牛肉を丼に。これだけでも十分おいしいですが、ほうれん草を入れてたまごとじにすれば栄養満点になります。見た目も華やかですね。
【1】野菜も肉も一緒にした丼に。/玉ねぎとしょうがで炒めた牛肉を丼に。これだけでも十分おいしいですが、ほうれん草を入れてたまごとじにすれば栄養満点になります。見た目も華やかですね。
【2】ちょっとだけ手間をかけて。/牛肉、玉ねぎ、しょうがを蒸し焼きにして、ポン酢をかけて主菜に。ほうれん草をナムルに、たまごをスープにしてご飯をよそえば、立派で優雅な食事になります。
【2】ちょっとだけ手間をかけて。/牛肉、玉ねぎ、しょうがを蒸し焼きにして、ポン酢をかけて主菜に。ほうれん草をナムルに、たまごをスープにしてご飯をよそえば、立派で優雅な食事になります。
【3】一皿加えて、満足度アップ。/少し余裕がある日は、牛丼にたまごをトッピングして、ほうれん草は味噌汁やおひたしにするのはどうでしょう。味付けや食感の変化もあって、楽しい食事に。
【3】一皿加えて、満足度アップ。/少し余裕がある日は、牛丼にたまごをトッピングして、ほうれん草は味噌汁やおひたしにするのはどうでしょう。味付けや食感の変化もあって、楽しい食事に。
【1】野菜も肉も一緒にした丼に。/玉ねぎとしょうがで炒めた牛肉を丼に。これだけでも十分おいしいですが、ほうれん草を入れてたまごとじにすれば栄養満点になります。見た目も華やかですね。
【2】ちょっとだけ手間をかけて。/牛肉、玉ねぎ、しょうがを蒸し焼きにして、ポン酢をかけて主菜に。ほうれん草をナムルに、たまごをスープにしてご飯をよそえば、立派で優雅な食事になります。
【3】一皿加えて、満足度アップ。/少し余裕がある日は、牛丼にたまごをトッピングして、ほうれん草は味噌汁やおひたしにするのはどうでしょう。味付けや食感の変化もあって、楽しい食事に。

時間がないからさっと済ませたいのか、大切な人とゆっくり食事を楽しみたいのか、どんなシーンでごはんを食べるのかをまず考えましょう。手っ取り早く食べたいなら丼やワンプレートごはんがいいですね。余裕があれば、おかずを増やしましょう。おかずが増えると食材も増やさなくてはと考えがちですが、どんなシーンでも同じ材料で作ることができます。ここでは牛肉、玉ねぎ、ほうれん草、しょうが、たまご、ご飯を使って、3つのシーンを考えてみました。品数が増えるほど、味付けはシンプルにするのがおすすめ。作るのも食べるのも大変になりますから。

2.余ったおかずや惣菜も使ってよし。

料理が楽しくなるメソッド7

自分で料理をしたくても、どうしても時間がない日や、どうしても作る気になれない日だってあります。そういう時は、前日の残り物を使ったり、スーパーの惣菜コーナーで食べたいものを探したりしてもいいんです。全部を完璧にやろうとしなくても大丈夫ですよ。

3.買い物メモは、スーパーの陳列順に書く。

料理が楽しくなるメソッド7

買い物メモをいつも行くスーパーのカテゴリ別に整理して書くと便利です。大抵のスーパーは、入るとすぐに青果コーナーがあり、肉、魚、たまごの後に調味料、乾物、乳製品などが並んでいます。小さなスーパーでは人の流れに逆らうのが大変ですし、ほかの人への配慮にもなります。

4.スーパーの鮮魚コーナーで魚をさばいてもらおう。

料理が楽しくなるメソッド7

鮮魚コーナーで魚をさばいてもらうのは、意外と知られていない裏技。頭を落としたり、内臓をとったり、三枚におろしたり。さばいてある魚を買うよりも、その場で調理してもらう方が新鮮です。作りたい料理を言えば、適したさばき方にしてくれるから、プロを頼りましょう。

5.ステーキを焼くなら、牛脂は切れ端をゲットして。

料理が楽しくなるメソッド7

スーパーで牛肉を買う時、パック詰めの牛脂が無料でもらえるのはもはや常識。ですが、バックヤードで肉をさばいているような大きめのスーパーなら、新鮮で上等な肉の切れ端をもらえることも。いい肉の牛脂が手に入れば、安いステーキ肉でも格段においしくなりますよ。

6.買ってきた惣菜や残り物は盛り付けや調味料でランクアップ。

料理が楽しくなるメソッド7

買ってきた惣菜を食べる時に活躍するのが、「そろえておきたい調味料」(P.24)で紹介したおすすめの調味料たち。刺身は付属のものより、いいしょうゆで食べればそれだけでおいしくなるし、揚げ物のソースや塩だって同じです。温かい惣菜は温め直し、器に盛り付けましょう。

7.調理に専念できる環境を整える。

料理が楽しくなるメソッド7

1.調味料は前もって量っておく。

炒めている間に慌てて調味料を量ろうとして、いつの間にか焦げついたり、野菜がクタクタになったり、を防止。

2.まな板やボウルをセッティング。

使う道具を出して、調理スペースを確保しましょう。小さなキッチンなら、フライパンなども置いておくといい。

3.好きな音楽で気分をアップ。

BGMがあれば、食材を切ったり炒めたりするのにもリズムに乗って楽しめますよ。料理のジャンルと合わせても。

4.エプロンで気合いを入れる。

エプロンを締めたり、バンダナをキュッと巻いたりして、お料理スイッチを入れるのもおすすめです。

5.合間に読める本や雑誌を用意。

煮込んだり蒸したりしている間は、料理以外のことをしてもOK 。本を読んだり、映画やドラマを見たり。

6.泥のついた野菜を洗っておく。

スムーズに調理に入れるように、根菜の泥を洗って落としたり、常温に戻す食材を出しておいたりしましょう。

7.見やすい位置にレシピを用意。

レシピは手が汚れた状態でも見やすいようにしておきましょう。壁に貼ったり、スマホなら画面オンの状態に。

Navigator…and recipe(アンド・レシピ)

山田英季、小池花恵のふたりによるユニット。料理と旅をテーマに活動している。メディアや飲食店などへのレシピ作成のほか、食の楽しさを伝えるためのイベントなどもプロデュース。自身のメディアも展開している。『冷蔵庫にあるもんで』『あたらしいおかず』など著作も多数。

(Hanako1198号掲載/illustration : SANDER STUDIO text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る