噂の中華が〈ラフォーレ原宿〉に不定期オープン。ヘルシー中華〈Chipoon〉の限定コースを大公開!
2019.12.07

人気シェフが腕を振るう、話題の特別イベント。 噂の中華が〈ラフォーレ原宿〉に不定期オープン。ヘルシー中華〈Chipoon〉の限定コースを大公開!

ここ数年でどんどん進化している東京の中華。2019年は“本場の味”を追求した広東料理店と人気シェフが手がけるヘルシー中華に話題が集中!Hanako『1000円の幸せと、6000円の悦びと。おいしい店!』「東京の中華がもっと楽しくパワーアップ。」より、〈ラフォーレ原宿〉の〈Chipoon〉をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

原宿のランドマークに噂の中華が不定期オープン。

原宿 Chipoon

浅草や渋谷と並び、世界中から観光客が訪れる原宿の名所といえば、〈ラフォーレ原宿〉。ジャパニーズカルチャーの発信地であり、ファッションホリックの聖地でもあるこの場所に、新しい風を吹き込んでいるのが〝体にやさしい中華のファストフード店〞〈Chipoon〉だ。

原宿 Chipoon

メニューを監修するのは、野菜をたっぷり使った自然派中華の名手、西岡英俊さん。自身が腕をふるう銀座〈レンゲ〉のコースは1万5000円からだが、動物性の食材を一切使わないヴィーガン中華の波及の一環として、西岡さんが不定期で〈Chipoon〉の厨房に立ち、その日限定のコースを6500円で提供するという試みが大きな話題を呼んでいる。

6,500円の限定コースを大公開!

原宿 Chipoon
アミューズ5種、四川風のピリ辛ソースを合わせたよだれ茄子に押し豆腐を千切りにした干糸、燻香がアクセントになった車麩など。
原宿 Chipoon
季節の野菜のポタージュ。糠漬けにした野菜をスープに。青唐辛子のラー油とネパール産の胡椒を使って酸辣湯風の風味に。
原宿 Chipoon
春巻き。写真はきのこの春巻き。パリッとした皮のなかにはフライパンで蒸し焼きにしたきのこがぎっしり!旨みの凝縮体。
原宿 Chipoon
餃子。具材は乳酸発酵させた白菜、舞茸、きくらげ。米をつぶしてきりたんぽ状にしたものを“餡”のつなぎに使っている。
原宿 Chipoon
タワラマゼラン。ジャガイモをスライスして乳化させたものに白トリュフを加えた創意あふれるひと皿(トリュフは別途2,000円)。
原宿 Chipoon
麻婆豆腐。自家製の豆花と枝豆の豆板醤で作る人気メニュー。豆花は85℃で40分ほど蒸すことでふるふるとした口当たりに。
原宿 Chipoon
ラーメン。ラフォーレ原宿の今年のクリスマスメニューのカラーに合わせてトマトと豆乳スープの“ピンクのラーメン”を考案。
原宿 Chipoon
杏仁豆腐。写真は栗と黒みつをトッピングしたもの。やさしい甘みの杏仁豆腐にコクが加わり、食後の満足感もひとしお。

野菜中心で乳製品も使わないとなると淡泊な料理を想像するが、四川風のピリ辛ソースをかけたよだれ茄子、きのこや乳酸発酵させた白菜を包んだ餃子、手作り豆花で作る麻婆豆腐に卵不使用のラーメンはヘルシーながらも味の輪郭はくっきり。腕利きシェフのアイデアが冴えわたる限定コースはネット予約のみのプラチナチケットだが、是が非でも手に入れて新しい食体験を楽しみたい。

〈Chipoon〉

限定ディナーはHPで告知。
■東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2F 
■11:00~21:00(通常営業) 休みは施設に準ずる 
■8席/禁煙

Hanako『1000円の幸せと、6000円の悦びと。おいしい店!』特集では、おすすめグルメを多数ご紹介しています!

HANAKO202001_001

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi text : Keiko Kodera)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る