グラフィカルな表紙の「NOTEBOOK A5」。中面はドットグリッド。
2019.11.18

シングルオリジンの日本茶サロンも。 パリのクリエイターが日本橋に店を開いたわけ。ステーショナリーショップ&カフェ〈PAPIER TIGRE 東京店〉へ。

パリ発のステーショナリーブランド〈パピエ ティグル〉の創設メンバー、マキシム・ブレノンさんに直撃!クリエイティビティを刺激する、EATSエリアの魅力とは!?Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』「パリのクリエイターがEATSに店を開いたわけ。」よりお届け。

トラディショナルで創造的。“東京のブルックリン”だね。

グラフィカルな表紙の「NOTEBOOK A5」。中面はドットグリッド。
グラフィカルな表紙の「NOTEBOOK A5」。中面はドットグリッド。
A5サイズのビニールポーチ「TUXEDO」1,300円。ほかに柄・サイズ違いも。ボールペン(各600円)は計5色展開。
A5サイズのビニールポーチ「TUXEDO」1,300円。ほかに柄・サイズ違いも。ボールペン(各600円)は計5色展開。
マキシムさんもオススメ、東京店先行発売の晴雨兼用折りたたみ傘各4,800円。
マキシムさんもオススメ、東京店先行発売の晴雨兼用折りたたみ傘各4,800円。

グラフィカルなノートに、色違いでそろえたくなるカラフルなペン。使うだけで心躍るようなプロダクトを提案するブランド〈パピエ ティグル〉。パリ・マレ地区の本店に続いて2017年にオープンした、本国以外で唯一のショップが意外にもEATSエリアの日本橋浜町にある。

Maxime Brenon(マキシム・ブレノン)/フランス・ナント出身。2012年に共同創設者と〈パピエ ティグル〉を立ち上げる。主にマーケティングや広報を担当。年に3~4回のペースで来日する。東京店の近くに今年開業した〈浜町ホテル〉もお気に入りだそう。
Maxime Brenon(マキシム・ブレノン)/フランス・ナント出身。2012年に共同創設者と〈パピエ ティグル〉を立ち上げる。主にマーケティングや広報を担当。年に3~4回のペースで来日する。東京店の近くに今年開業した〈浜町ホテル〉もお気に入りだそう。

「このエリアを選んだ理由は2つ。ひとつは小さくてかわいい建物やブティック、オフィスが多いこと。2つ目は伝統的なアルティザナル(職人気質)とクリエイティビティ、革新的な要素がミックスした場所だから。まるで15年前のブルックリンのような雰囲気とクオリティに、すっかり魅了されちゃってね」

たしかに最近は東京の西側から移ってくるアーティストも増え、前衛的なムードも漂う浜町・人形町界隈。同時に、人々の生活に根ざしたローカルな雰囲気も残っているのが、マキシムさんの感性にフィットしたのだという。

マキシムさんの心に残った日本橋浜町の風景。ご近所で撮影したプライベート写真を公開!お向かいの濱町神社をショップの上にあるオフィスからパチリ。
マキシムさんの心に残った日本橋浜町の風景。ご近所で撮影したプライベート写真を公開!お向かいの濱町神社をショップの上にあるオフィスからパチリ。
すぐ裏の建築事務所は「オープンな雰囲気が好き」。
すぐ裏の建築事務所は「オープンな雰囲気が好き」。

「東京店の目の前には小さな神社があって和むし、近所の緑道をのんびり散歩すると気持ちがリフレッシュできる。小規模な建築スタジオとか、個人経営の書店とか、生活感がちゃんとあるというのかな。本店のあるマレもパリの東側だけど、どちらかというとにぎやかなショッピングタウンだから、共通点は……全くない!(笑)新しいものも古いものも全部が違うけど、僕にとってはそれが新鮮なんだよ」

日本茶もいただける、世界で2番目のショップ。

広々としたショップスペース。
広々としたショップスペース。

築56年のビルを改装。デザインは有田焼のブランドのディレクションなどで知られる柳原照弘氏が手がけた。

併設の〈サロン・ド・テ パピエ ティグル〉ではシングルオリジンにこだわるティーブランド〈PNT(人とお茶)〉のお茶を提供。スタッフが丁寧に淹れてくれる。
併設の〈サロン・ド・テ パピエ ティグル〉ではシングルオリジンにこだわるティーブランド〈PNT(人とお茶)〉のお茶を提供。スタッフが丁寧に淹れてくれる。
本日の1煎茶(オーガニック烏龍茶)500円。茶葉は宮崎の〈宮崎農園〉のもの。〈sundayfromage〉のチーズ(1,500円)は写真映えばっちり。〈MOHEIM〉のマグは購入可能、1,600円。
本日の1煎茶(オーガニック烏龍茶)500円。茶葉は宮崎の〈宮崎農園〉のもの。〈sundayfromage〉のチーズ(1,500円)は写真映えばっちり。〈MOHEIM〉のマグは購入可能、1,600円。

「テルさんとパリで話し合いを重ねて、僕たちの価値観に合う、控えめで合理的、かつ機能的なインテリアに仕上げてもらったんだ。棚やテーブルに日本の再生紙を圧縮した特殊な素材を使うアイデアは、さすがだよね。建物の味のある部分はなるべく残していて、天井の木材には古い手書きの印もたくさん。ぜひ注目してほしい!って、ちょっと細かいかな(笑)」

〈PAPIER TIGRE 東京店〉

ポップアップイベントやワークショップも不定期で開催。9月は英国の照明ブランド〈ANGLEPOISE〉などとコラボ。
■東京都中央区日本橋浜町3-10-4
■03-6875-0431
■11:00~19:00(カフェ18:30LO) 月休 
■13席/禁煙

Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』では、東京駅イーストエリアの楽しみ方を多数ご紹介しています!

Hanako East Area of Tokyo Station Magazine

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo :Mari Shimmura(Paris), Kazuharu Igarashi(Tokyo) coordination : Shoko Sakai(Paris) text : Hiroko Yabuki)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る