ママ友への手土産は、有機茶どら焼き専門店〈Dolala〉を。ヘルシースイーツ「有機抹茶生どら」で決まり!
2019.11.16

小さい子供も安心のどら焼き。 ママ友への手土産は、有機茶どら焼き専門店〈Dolala〉を。ヘルシースイーツ「有機抹茶生どら」で決まり!

ハイレベルな手土産スイーツが揃う自由が丘。今回は、Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』「お気に入りの逸品は、好きな人にも食べてほしい。」より、有機茶どら焼き専門店〈Dolala〉をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

つくりたてのおいしさと、有機茶の薫りを贈る。

自由が丘 Dolala

甘いもの好きが集う自由が丘では、おいしい手みやげ選びも楽しみのひとつ。家族、友人、恋人などの親しい人に気軽に手渡せる「とっておきの逸品」を知っておけば、きっと帰り道まで楽しくなってくる。

自由が丘 Dolala

昨年11月オープンの〈Dolala〉は茶道教室「SHUHALLY」で10年以上教えていた松村宗亮さんによる有機茶どら焼きの専門店。

自由が丘 Dolala
有機抹茶、米粉、蜂蜜などをたっぷり使ったモチモチの生地に、豆乳クリームと特別栽培の小倉三笠餡をサンドした有機抹茶生どら。5個入り2,300円、風呂敷(4種)600円(各税込)。

和菓子作家の坂本紫穂さんが監修をつとめた「有機抹茶生どら」は、小麦粉・卵・牛乳をいっさい使っていない。生地にはJSA認証のオリジナル有機抹茶、国産米粉、蜂蜜などを練り込み、てんさい糖を使った豆乳クリーム、北海道で栽培した小倉三笠餡をたっぷり挟む。注文を受けてから作る出来たてのどら焼きを待つ間は店内で点たてた有機茶をゆっくりと味わって。

〈Dolala〉

■東京都目黒区中根1-23-5
■03-5726-9830
■11:00~17:00 月休(火は不定休につき要問合せ)

Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』では、自由が丘の楽しみ方を多数ご紹介しています!

Hanako CITYGUIDE 自由が丘 百科事典

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/photo: Shinnosuke Yoshimori text: Mayu Sakazaki)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る