おしゃれなお店がたくさん。【自由が丘】おすすめファッション・インテリア雑貨ショップ3軒
2019.10.21

アートなシチリア陶器の一点モノうつわも。 おしゃれなお店がたくさん。【自由が丘】おすすめファッション・インテリア雑貨ショップ3軒

東急沿線の自由が丘周辺にはライフスタイルにこだわる感度の高い人たちが多く暮らしているから、ショップやレストラン、カフェのクオリティもハイレベル。特にインテリアや生活雑貨は、質量ともにかなり充実。Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』「自由が丘 街歩きガイド2019」より、自由が丘の注目ファッション・雑貨ショップ3軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈ジャンセン 自由が丘店〉ラフなのに、大人っぽくて着回せそう。自由が丘で最注目の〈ジャンセン〉。

自由が丘 ジャンセン
〈ジャンセン〉のファンは自分らしさを大切に毎日を楽しむ女性たち。自由が丘店のスタッフも笑顔が爽やかで生き生きしている。ダイビングガールのロゴが入ったスタッフエプロンは手作りなのだそう。

今年、自由が丘にオープンした〈ジャンセン〉は、100年以上の歴史を持つアメリカ西海岸生まれの老舗のブランド。仕立てや着心地にこだわった質の良い服作りの伝統と、現代の暮らしに合わせた高い機能性、デザイン性を融合し、価格と価値のバランスも優れている。

自由が丘 ジャンセン
店内は木目を生かしたナチュラルテイスト。
自由が丘 ジャンセン
自由が丘 ジャンセン
ジャガードのもこもこ感を生かした〈ジャンセン〉のロゴがキャッチーなプルオーバーニット。肌触り抜群のゆったりサイズ。7,000円。
自由が丘 ジャンセン
ジップとボタンの2wayで楽しめる中綿キルトコート。コーデュロイの袖口のベルトやパイピングが上品。18,000円。
自由が丘 ジャンセン
バイカラーのマウンテンパーカー。16,000円。

ファッション・ファンクション・サスティナブルというコンセプトの通り、エシカルな天然素材を使ったアイテムやスポーツシックな大人のデイリーウェアは、シーンレスでミックスコーディネートしやすい。ライフスタイルの質を重視する自由が丘の街のイメージにもぴったりだ。今シーズンは春先まで活躍しそうなアウターも充実。自分らしい一着を見つけに行って。

自由が丘 ジャンセン
日々を丁寧に暮らすための生活雑貨も揃う。敏感肌でも安心して使える〈リブレヨコハマ〉のファブリックスプレー。2,000円。
自由が丘 ジャンセン
ベルガモットの香りの洗濯用洗剤。2,400円。
自由が丘 ジャンセン

〈ジャンセン 自由が丘店〉
〈ジャンセン〉は1910年にポートランドで創業。地元のボートクラブの依頼で冬用のウールの水着を開発し、赤いニットの水着姿のダイビングガールのキャラクターが大ヒット。第二次世界大戦後はスタイリッシュな水着に加え、カジュアルウェアを展開。モデル時代のマリリン・モンローもプロモーションに起用された。
■東京都目黒区自由が丘2-16-22 陽輪台自由が丘1F
■03-6421-4521
■11:00~19:00 火水休

【自由が丘の街をキレイにしようDAY!】
ポートランドは地域住民の交流が活発で自由が丘との共通点も多い。そこで自由が丘店では、毎月第1または第2日曜に、近隣の店舗とも協力しながら本国で行っていたクリーン活動を開催。誰でも参加できて、お礼にささやかなプレゼントも。受付は9:30~12:00。トングとエプロンは貸し出してくれるので、ジョインしてみては?

2.〈アルテカイ 自由が丘〉地中海の太陽を感じる鮮やかなアート。日本で唯一のシチリア陶器の専門店。

自由が丘 アルテカイ
ピカソに影響を受け、画家として活躍していたアントニオ氏。イスラム圏で発祥し、1,000年以上の歴史を持つマヨルカ焼きの独特の世界観をアート作品に昇華させた彼は、“シチリアの奇跡”と称され、世界中のアートファンから熱い視線を浴びている。

商社マンだった冨永敏夫さんが旅先のシチリアで心を奪われたのは、マヨルカ焼き。イスラム支配下にあったスペインのマヨルカ島からシチリアに伝わったこの陶器は、素焼きの器に白い上薬をかけて乾燥させ、顔料で絵柄を描く。夏の太陽が似合うカラフルな色彩にアラビアの雰囲気を漂わせた遊び心あふれるその創造性は、世界的にも知られるアーティスト、アントニオ・フォーリン氏の目にも留まり、鮮烈な個性を放つアート作品となった。

自由が丘 アルテカイ

この2人の出会いから始まった自由が丘の店は、扉を開けた瞬間、様々な色が目に飛び込んでくる。

自由が丘 アルテカイ
ポップな柄の皿はシンプルなパスタやサラダも、見栄えの良いごちそうに。にぎやかなホームパーティのテーブルコーディネートにもぴったり。
自由が丘 アルテカイ
シチリアの言い伝えや神話をモチーフに、アントニオ氏が自由な発想で手作りした作品はすべて1点もの。ユーモアがあって、空間を劇的に明るくする。
自由が丘 アルテカイ
自然豊かなシチリアで生まれた陶器はグリーンとの相性が抜群。男女の顔をモチーフにした鉢植えには、ユニークな多肉植物がおすすめ。

イタリアから直輸入で届くお皿やオブジェに描かれたモチーフたちが、にぎやかに語り合っているようで楽しい。

〈アルテカイ 自由が丘〉
■東京都目黒区自由が丘2-18-11
■03-5726-8486
■12:00~19:00 月火水休 
インターネットでの注文も可能。

3.〈オリエンタル・ラグ・ファクトリー ショールーム〉心和む手織りのハンドメイド。遊牧民族の希少なラグの専門店。

自由が丘 オリエンタル・ラグ・ファクトリー ショールーム

ラグやカーペットの専門店が数多くある自由が丘に今年オープンし、家具の高級ブランドやインテリアスタイリストにも注目されているのが〈オリエンタル・ラグ・ファクトリー〉のガゼニ・ラハットだ。パキスタン周辺に住むトルクマン族が100%の天然の羊毛を手織りで仕上げるラグは素足に心地良く、使い込むほど風合いが増す。

自由が丘 オリエンタル・ラグ・ファクトリー ショールーム
140×200cmのラグサイズでも職人が2人がかりで約半年かかる。40×40cmのミニマット 12,000円~。オーダーメイドも応相談。

無着色の羊毛の色をそのまま生かしたブラウンやオフホワイトのラグは、和モダンな空間にもおすすめ。種類やサイズが豊富で、意外にリーズナブルなので、気軽に足を運んでみよう。

〈オリエンタル・ラグ・ファクトリー ショールーム〉
■東京都目黒区自由が丘1-8-5 村上ビル3F
■03-5726-9604
■10:30~19:00 水休

Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』では、自由が丘の楽しみ方を多数ご紹介しています!

Hanako CITYGUIDE 自由が丘 百科事典

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/photo: Atsushi Goto,Sai Santo text: Hisako Iijima)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る