自由が丘でおしゃれモーニング!朝活で行きたいおすすめカフェ4軒
2019.10.13

人気ベーカリーカフェの名物クロックマダムも。 自由が丘でおしゃれモーニング!朝活で行きたいおすすめカフェ4軒

人気エリア・自由が丘には、朝活にもぴったりなお店がいっぱい!Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』「JIYUGAOKA LIVING GUIDE」より、チーズと卵がとろけるクロックマダムなど、おしゃれモーニングが楽しめるカフェ4軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈café & books bibliothèque〉本や雑貨とともに、カフェで過ごす幸せなひととき。

季節のフルーツグラノーラはドリンク付きで720円。

のんびりブランチ、待ち合わせの一杯、夜遅くのしっかりごはんまで、時間帯と用途に応じて使える人気店。ドリンクカウンターを挟んで左にカフェ、右側には本&雑貨コーナーが設置されている。自由が丘特集の雑誌やガイド本も並んでいるので、散策のはじめに立ち寄って情報収集もできるのがうれしい。駅と街を歩く人の流れを眺めながらお茶を一杯。ゆっくり過ぎていく時間に包まれる、幸せなひとときを。

〈café & books bibliothèque〉
■東京都目黒区自由が丘1-11-7 エトモ自由が丘1F
■03-5726-8172
■9:00~23:00(22:00LO) 1月1~3日休
■65席/禁煙 ※内容は予告なく変更となる場合あり

2.〈Jiyugaoka BAKE SHOP〉国産小麦のパンとひきたてコーヒーで、元気をチャージ。

一番人気は、半熟卵とトリュフオイルのクロックマダム 1,150円。休日、遅めのブランチなどに。

朝から夜まで“ お客様の日常のそばに” をテーマに、様々な人のサードプレイスとして機能している人気のカフェベーカリー。国産小麦を使用したこだわりのパンと、ひきたてのコーヒーの香りが漂う店内には多くの人が集まる。時間帯によってメニューが異なるため、いつ行っても新鮮な驚きと楽しみが。チーズと卵がとろけるクロックマダムは、ぜひ食べてほしい一品。明るい店内で、一日を気持ちよく始めよう。

〈Jiyugaoka BAKE SHOP〉
■東京都目黒区自由が丘2-16-29 IDÉE SHOP Jiyugaoka 4F
■03-3723-2040
■10:00~22:00LO 無休
■52席/禁煙

JIYUGAOKA BAKESHOP

JIYUGAOKA BAKESHOP

  • カフェ/ベーカリー
  • 自由が丘駅

3.〈potage〉体も喜ぶ野菜系スープと焼きたてパン。

日替わり2種から選ぶスープに、デリとパンのモーニングセット 550円。プラス200円でドリンクも付けられる。

元パン職人のオーナーが、一人で営むベーカリーカフェ。スープは鶏ガラ主体の自家製ブイヨンベースで、具は野菜中心。特に人気の「いろいろ緑野菜のポタージュ」は、あえて裏ごしせず、口の中で繊維を感じながら食べていただく、まさに食べるスープ。白菜、キャベツ、長ネギ、セロリ、ブロッコリーなどの定番野菜に旬の野菜をプラスした、栄養たっぷりの贅沢スープだ。焼きたてのパンとともに、朝の体にしみわたる。

〈potage〉
■東京都世田谷区奥沢4-28-4
■03-3727-8525
■8:00~10:00、11:30~20:00 水、第1・3 木休
■8席/禁煙

4.〈LATTE GRAPHIC 自由が丘店〉メルボルン仕込みのコーヒー&フード。

手前は、フラットホワイト 550円。伝統的なスポンジケーキ「ラミントン」630円とともに。

オーストラリア・メルボルンのコーヒー文化を伝えるカフェ&ダイニング。現地のロースタリー〈オールプレス・エスプレッソ〉が日本に上陸する以前から豆を仕入れ、店で働くバリスタもオセアニア式の淹れ方をマスターしている。フラットホワイトをはじめとしたオーストラリア独特のコーヒーに加え、スイーツやフードも本場流のものばかり。一人でもグループでも過ごしやすく、どの時間帯でも利用しやすい。

〈LATTE GRAPHIC 自由が丘店〉
■東京都目黒区自由が丘1-8-18 自由が丘ノーブル2F
■03-6421-2242
■8:00~23:00LO 無休
■65席/禁煙

LATTE GRAPHIC 自由が丘店

LATTE GRAPHIC 自由が丘店

  • カフェ/その他専門店
  • 自由が丘駅

Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』では、自由が丘の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』掲載/text:Satoko Nakano)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部

Hanako CITYGUIDE『自由が丘 百科事典』はこちら!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る