【京橋カフェ】絶品スイーツやトーストが楽しめる5軒!デイリー使いからご褒美まで。
2019.10.06

モード空間で楽しむデザートフルコースも。 【京橋カフェ】絶品スイーツやトーストが楽しめる5軒!デイリー使いからご褒美まで。

ここ数年の再開発により、街の景色も様変わりした京橋。なかでも注目したいのが、新たに生まれた商業施設に、最新のグルメスポットと共に老舗の名店が甦ったことだ。一方で、路地に迷い込めば、粋な店が立ち並ぶ。今日はどこにしよう?…京橋には幸せな悩みが尽きない。Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』「主要5エリア136軒!EATSグルメブック。」より、京橋のカフェ5軒をご紹介。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈CAFE SETSUGEKKA 京橋店〉木の温もりに癒やされつつゆったりと一杯。

清水建設本社ビルの1階にある〈榮太樓〉が手がけるカフェは、杉の木のいい香りに気持ちが安らぐ空間。「榮太樓の黒蜜ほうじ茶ラテ」Mサイズ310円を頼めば、ほうじ茶のホッとする味わいが心をさらに落ち着かせてくれる。

チョコ・メープルバター・キャラメルからソースが選べる「パンケーキ」350円(各税込)も人気。

〈CAFE SETSUGEKKA 京橋店〉
■東京都中央区京橋2-16-1 清水建設ビル1F
■03-3561-6310 
■7:30~18:30LO 土日祝休 
■23席/分煙

2.〈CAFE & BAKERY GGCo.〉大きな窓からたっぷりの光が差し込むリラックス空間。

横浜の〈テラコーヒー&ロースター〉から焙煎48時間以内に届くコーヒー豆を使用した、フレッシュな一杯が楽しめるカフェ。店内は、スタイリッシュなガラス張りの造りながら木の温かみも感じられ、開放的な気分に。

季節限定の「和栗コーヒーゼリー」550円と「和栗ラテ」530円は、和栗の上品な甘さが楽しめる。

信州産のフジ種のりんごをギッシリ詰め込んだ「アップルパイ」400円は、ほっくりとした食感。シナモンがふんわりと香る。

〈CAFE & BAKERY GGCo.〉
■東京都中央区京橋2-1-3 
■03-3516-9555
■7:30~19:30LO、土10:00~17:30LO 日祝休 
■68席/禁煙

3.〈トシ・ヨロイヅカ 東京〉光と緑の心地いい空間で上品な特製スイーツを!

鎧塚俊彦が手がけるパティスリーの旗艦店はイートインも可能。

「ジャン・ピエール」580円(税込)はチョコムースに包まれたクリームブリュレにピスタチオがたっぷり使われており、チョコの甘さの後から豊かなナッツの香りが追いかけてくる。

〈トシ・ヨロイヅカ 東京〉
■東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F・2F
■03-6262-6510
■11:00~20:00(19:00LO) 施設休館日(2Fは火曜休) 
■1F 28席、テラス席24席(10月まで)、2F 18席/禁煙

4.〈BLESS COFFEE〉1人でも気軽にくつろげるアットホームカフェ。

店で使用するコーヒー豆はエチオピアから直輸入。現地では、コーヒーは薬としても飲まれているというだけあり、料理もすべて手作りで身体にいいものにこだわっている。

食べごたえ満点の「アボカドチーズバーガー」788円(税込)は、分厚いパテと新鮮な野菜をサンド。手作りのやさしい味に元気が湧いてくる。

〈BLESS COFFEE〉
■東京都中央区京橋2-5-17 
■03-3563-5580
■7:30~21:00、土9:00~18:00 日祝休 
■56席/分煙

5.〈Kominasemako〉モードな雰囲気でいただくデザートのフルコース。

デザートのコース料理がいただける“デザートレストラン”。「シーズンコース」12,960円(税込)は旬の素材を使用するため、季節の移ろいに合わせて内容も変化。

自然の素材そのものが持つポテンシャルを尊重しつつ、それぞれの熱量を整えて丁寧に作り上げている。やさしい味わいと美しさが調和した一皿に心躍る。

〈Kominasemako〉
■東京都中央区京橋3-12-7 GINZA EAST SQUARE 1B 
■12:00~19:00 不定休 
■6席/禁煙

Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』では、東京駅イーストエリアの楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部

Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』はこちら!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る