郷土料理に珍グルメ!?何でも揃ってとにかく安い!漁港町・八戸の巨大朝市へ。
2017.07.22

『日本全国おいしいものをめぐる旅』特集よりお届け! 郷土料理に珍グルメ!?何でも揃ってとにかく安い!漁港町・八戸の巨大朝市へ。

『日本全国おいしいものをめぐる旅』「日曜の朝は港町が大にぎわい。日本最大級の朝市へ!」では、イカとサバで知られる漁港町である青森・八戸の巨大朝市をご紹介。魚介はもちろん、野菜にパン、お菓子までありとあらゆるものが揃い、テイクアウトフードも充実しているこちら。個性派グルメを食べ歩きしませんか?
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

日本最大級の八戸館鼻岸壁朝市をご紹介しています!(p74~77掲載)

DSC_3743_atari

大きくL字に区画された即席の「通り」に、約300もの店が並ぶ。朝6時~8時頃に市場のにぎわいはピークとなり、人気店では名物メニューが品切れになることも珍しくない。

めくるめく館鼻岸壁朝市のグルメワールドを満喫。「食べてみたい!」と思う好奇心が市場散策を楽しむポイント。

DSC_3571_atari

10台のフライヤーをフル稼働させ、夜明け前から揚げ続ける〈大安食堂〉の店主。定番の「しおてば」70円のほか、「とりカツ」150円や「ももちゃんからあげ」350円なども人気。

DSC_3699_atari

容器にぎっしり詰めるばあちゃんの「焼きそば」300円も市場名物。

DSC_3672_atari

「うにの貝焼き」580円や「うにご飯」350円も格安で味わえる。

DSC_3659_atari

サバを材料にした〈串わ〉のコロッケ「サバコロ」80円はおやつ感覚で。

DSC_3835_atari

旬の野菜を扱う市場ならではの店も多い。時期によっては青森の伝統野菜も並ぶ。

DSC_3617_atari

焼きたてパンを販売する〈アンジェリーナ〉の「ハニートースト」250円。

DSC_3713_atari

八戸のご当地グルメ「せんべい汁」小200円、大400円。〈なべ屋〉にて。

DSC_3594_atari

雛祭りなどで見かけるカラフルな落雁(らくがん)。イカは八戸ならでは!?

『日本全国おいしいものをめぐる旅』特集では、八戸館鼻岸壁朝市で楽しめるグルメをその他多数ご紹介しています!

HANAKO1137_001

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る