神保町のカプセルホテル〈MANGA ART HOTEL, TOKYO〉で叶う「漫泊」とは?5,000冊の漫画がずらり。
2019.08.05

一晩中マンガの世界におこもり。 神保町のカプセルホテル〈MANGA ART HOTEL, TOKYO〉で叶う「漫泊」とは?5,000冊の漫画がずらり。

日本ならではのディープな世界がそのままホテルに!この国で生まれたカルチャーに、どっぷり浸って。Hanako『よくばる夏の旅2019』「ディープな世界へようこそ。」より、ホテル〈MANGA ART HOTEL, TOKYO〉をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

一晩中マンガの世界におこもり。「漫泊」という提案。

フロアは男女別。気に入ったものはすべて購入でき、一作品ごとに日本語&英語の解説が置かれているのもうれしい。フロントにはその日のおすすめ作品が並ぶ。

“漫泊”というキーワードを掲げ、マンガに没頭することに特化した設計が話題。館内には約700タイトル、5,000冊ものマンガが並び、マンガをアートとして捉えた、センスのいいレイアウトにも注目が集まる。

約2畳のシンプルな部屋も、作品の世界に浸るには最高の空間だ。「恋をしたい」「旅に行きたくなる」など、“いまどんな気分になりたいか?”で、ぴったりの本がすぐ読めるのも至福。

〈MANGA ART HOTEL, TOKYO〉

■東京都千代田区神田錦町1-14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 4・5F 
■1泊平日4,800~5,800円、土日祝、祝前日5,800~6,800円(税サ込) 
■全35室(女性16、男性19)

Hanako『よくばる夏の旅2019』特集では、の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1174号掲載/photo : Kenya Abe text : Wako Kanashiro edit : Yoshie Chokki)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る