フルーツ王国・岡山の絶品フルーツスイーツ11選!インスタ映え必至の「まるごと桃パフェ」など。
2019.08.06

フレッシュなもぎたてフルーツを堪能するなら。 フルーツ王国・岡山の絶品フルーツスイーツ11選!インスタ映え必至の「まるごと桃パフェ」など。

岡山に来たならば旬のフルーツを食すのはマストオブマスト。7~8月が最盛期の白桃やマスカットはフルーツ王国・岡山のもぎたて新鮮スイーツで食べ尽くそう。Hanako『よくばる夏の旅2019』「フルーツ!フルーツ!フルーツ!」より、お届け。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈パーラー果物小町〉/倉敷市美観地区

「清水白桃ソフトクリーム」(430円)

岡山・蒜山高原のジャージー牛ミルクをベースに、旬の清水白桃の果汁を極限まで練り込んだ「清水白桃ソフトクリーム」は、「白桃プレミアムパフェ」にも盛られる看板商品。

「白桃プレミアムパフェ」(1,500円)(各税込)

香料・着色料無添加で、清水白桃本来の風味を堪能できる。どのメニューも上品な味わい。

〈パーラー果物小町〉
■岡山県倉敷市中央1-4-22 くらしき宵待ちGARDEN東棟1F
■086-425-7733
■10:00~18:00 月休 
■50席/禁煙

2.〈STAR ISLAND SMOOTHIE〉/倉敷市美観地区

「白桃スムージー」(600円)(税込)

贅沢に桃を丸々1個使用した「白桃スムージー」は夏季限定の特別な一品。桃は“清水白桃発祥の地”として有名な一宮地区の〈雅桃園〉から仕入れており、果肉は口の中でとろけるほど柔らかい。ベースはオーガニックの豆乳かココナッツウォーター(+100円)を選択できるが、より“桃感”を味わうなら後者がおすすめ。1日数杯限定のためお早めに! 

〈STAR ISLAND SMOOTHIE〉
■岡山県倉敷市本町11-27
■086-441-0413
■10:00~18:00 無休 
■禁煙

3.〈くらしき桃子〉/倉敷市美観地区

左「まるごと桃パフェ」(1,512円)、右「シャインマスカットパフェ」(2,160円)

映えるビジュアルで観光客から大人気。美観地区内に3店舗を構える。倉敷中央店の「まるごと桃パフェ」。シャインマスカットのおいしさを生かした「シャインマスカットパフェ」と「メロンのゼリー」、「パレットプレート 夏のフルーツガーデン」はすべて総本店にて提供。

「メロンのゼリー」(540円)
「パレットプレート 夏のフルーツガーデン」(2,376円)(各税込)

〈くらしき桃子〉
■岡山県倉敷市中央1-3-18(総本店)
■086-454-6611(総本店)
■10:00~18:00(総本店) 無休 
■56席(総本店)/禁煙

4.〈おまち堂&FRUTAS〉/岡山市問屋町

「白桃ミルミルクスペシャル」(900円)

岡山県民が「かき氷といえばおまち堂」と口をそろえるほど地元に愛されるお店。「白桃ミルミルクスペシャル」は果物を生かす秘伝の自家製シロップを使うことで、濃厚なミルク風味なのにサッパリ食べ進められる。

「シャインマスカットタルト」(864円)

もりもりのぶどうに目を奪われる「シャインマスカットタルト」は864円、「FRUTASゼリー」583円(各税込)。

「FRUTASゼリー」(583円)(各税込)

〈おまち堂&FRUTAS〉
■岡山県岡山市北区問屋町12-101 
■086-246-3686
■10:00~19:00 不定休 
■14席/禁煙

5.〈ジェラテリアMISAO〉/岡山市南区

「ダブルコーン」(460円)、左「白桃ミルク」、右「バナナミルク」

〈みさお牧場〉直営のジェラート店。ジャージーなど3種類の乳牛から搾ったミルクをブレンドし、「コクがあるのにクセがない」MISAOらしい味わいを実現。岡山・玉島産の白桃が用いられる「白桃ミルク」は果肉の食感が楽しいフレーバー。「岡山バナナ」使用の「バナナミルク」はほっこりする甘さ。ジェラート2種が選べる「ダブルコーン」は460円。

〈ジェラテリアMISAO〉
■岡山県岡山市南区北七区628
■086-362-5542
■10:30~18:00 無休
■6席/禁煙

【information】

JR東京駅からJR岡山駅まで東海道・山陽新幹線で約3時間強。空路なら羽田空港から岡山桃太郎空港まで1時間強。岡山桃太郎空港からJR岡山駅までバスで約30分。JR岡山駅からJR倉敷駅までは約20分。

Hanako『よくばる夏の旅2019』特集では、日本全国の楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1174号掲載/photo : Noriko Matsumoto text : Asami Asai, Saki Ikuta (Kokohore Japan))

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ichikami_sidebar
TOPに戻る