再び開通した「三陸鉄道リアス線」の鉄道旅へ。半日かけて、美しい景色とグルメを堪能。
2019.08.02

海鮮たっぷりの駅弁や限定ソフトクリームも。 再び開通した「三陸鉄道リアス線」の鉄道旅へ。半日かけて、美しい景色とグルメを堪能。

再びつながった三陸鉄道リアス線を、半日かけて乗っていきます。レトロな駅舎、次々と変わる沿線の景色など、小さな鉄道をじっくり味わう旅へ。長い鉄道旅にはおやつやお弁当が欠かせないから、乗り継ぎ時間を利用して、旅のお供を買い足そう。Hanako『よくばる夏の旅2019』「鉄道旅を楽しむ。」「旅のお供を買い込む。」よりお届け。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

三陸鉄道リアス線に乗って潮騒の北へ向かう。

0628hk_0H8A0594_bDN
三陸鉄道を北上するルートで出発。始点の盛(さかり)駅は、JR大船渡駅から1駅、大船渡線の終点だ。

約8年ぶりに三陸鉄道が全線開通した。

0628hk_0H8A1058_bDN
ボックスシートが楽しい。
0628hk_0H8A0645_bDN
三陸鉄道はトンネルも多い路線。緑とのコントラストが美しく、癒される。
0628hk_0H8A0666_bDN
恋し浜駅ホームから見える小石浜。電車が少し停車してくれることもあるので、しばし景色を堪能できる。

リアス海岸の美しい景色を走る鉄道旅を楽しみつつ、乗り継ぎ駅ではお土産をゲット。辿り着いた八戸では、「ねぶた」の部屋で東北の夜を明かそう。

〈かもめテラス〉銘菓をその地の景色と一緒に味わう。/大船渡

0628hk_0H8A0329_bDN

三陸鉄道に乗り込む1つ前の大船渡駅で、おやつとお土産を調達しよう。ここは「かもめの玉子」で有名な〈さいとう製菓〉が2017年にオープンさせた旗艦店。

0628hk_0H8A0369_bDN
こしあん入り「冷やし串だんご」3本入り360円は夏限定。

店のルーツとなったブランド〈齊藤餅屋〉をはじめ、パンや洋菓子など4つのブランドが並ぶ。

0628hk_0H8A0952_bDN
かもめの玉子。左から、りんご 3個入り432円、かもめの玉子 ミニ6個入り583円、ばなちょ 3個入り480円。

「かもめの玉子」には、りんごやチョコレートなどのバリエーションがあるというのは東北ではメジャーな話。ポケットに忍ばせるおやつとお土産に、全部そろえたい!

0628hk_0H8A0338_bDN
この店限定の「かもめソフト」450円。「かもめの玉子」の黄味餡がけ。

〈かもめテラス〉
お団子やソフトクリームはカフェで食べられる。縁側をイメージした屋外テラスも。
■岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前38-1
■0120-311-514
■9:00~19:00 無休 
■30席/禁煙

〈さんてつや〉三陸鉄道を盛り上げる公式土産を買いに。/宮古

0628hk_0H8A1089_bDN

宮古駅での乗り継ぎ時間に途中下車。鉄道旅のお土産を買いに、三陸鉄道のオフィシャルショップへ向かう。全線開通に合わせてこの3月に誕生した店内は、三陸鉄道のオリジナルグッズやコラボお菓子など、パケ買い必至な品ぞろえ。材料が地産なのはもちろん、デザインにも地元クリエイターを起用した三陸スペシャルだ。

0628hk_0H8A0882_bDN
「さんてつサイダー」240円(各税込)

車内で飲めるサイダーやビール、お菓子も買い足して旅をパワーアップさせよう。

〈さんてつや〉
宮古駅の改札を出てすぐ。キーホルダーや文具など、ここでしか買えないグッズもたくさんあり、必ずチェックしたい。
■岩手県宮古市宮町1-1-80
■0193-63-7738
■8:00~18:00 不定休

お弁当はこれをGET!!
三陸の海鮮がたっぷり!人気寿司店のお弁当。〈蛇の目本店〉のちらし弁当。

0628hk_0H8A1177_bDN
1,080円(税込)

わざわざ目指してくるファンも多数という寿司屋は、頼めば2~3分でお弁当を作ってくれる。えび、ホタテ、マグロなどが満載で、具が潰れないように蓋はラップ。

〈蛇の目本店〉
■岩手県宮古市栄町2-8 
■0193-62-1383 
■10:00~21:00 水不定休

予約できればラッキー!?終着駅で幻の味を。〈三陸リアス亭〉のうに弁当。

0628hk_0H8A1407_bDN
0628hk_0H8A1431_bDN

ご飯の上に蒸しウニが美しく並べられたうに弁当 1,470円。久慈駅で必ず手に入れたいこちらは1日20食限定で、開店前から並ぶ人もいるほど。電話予約も受け付ける。

〈三陸リアス亭〉
■岩手県久慈市中央3-38-2 三陸鉄道久慈駅舎内 
■0194-52-7310 
■7:00~16:30 不定休

【information】

東京からは東北新幹線、大船渡線を乗り継いで約6時間で三陸鉄道の南端・岩手県の盛駅に到着。全線で約5時間の鉄道旅を満喫するには、前日から盛駅周辺に移動しておくのがオススメ。そこから海岸沿いの旅が始まる。

Hanako『よくばる夏の旅2019』特集では、日本全国の楽しみ方を多数ご紹介しています!

HANAKO201909_001

(Hanako1174号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) model : Mai Hokazono text : Kahoko Nishimura)

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る