top3
2019.06.30

Hanako w/ Seibu 〜22人のお店と、その暮らし。〜 1枚のピッツァから石神井の食文化を発信。〈ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ〉店主が気づいた、この街の魅力とは。

池袋線「石神井公園」駅の西側に延びる商店街、通称“西友通り”に店を構える〈ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ〉は、グルメ通もわざわざ足を運ぶピッツァの名店。ナポリピッツァを日本に広めた〈サルヴァトーレクオモ〉で腕を磨き、世界大会で1位になった華々しい経歴を持つ店主の岩澤正和さんが、なぜ独立の場所に石神井を選んだのか。店を開いたことで気づいた、石神井のポテンシャルと魅力を語っていただきました。

商店街の懐の深さが結びつけた、石神井が誇る名ピッツェリアの誕生。

店名の〈ジターリア〉は、イタリアにジャポネの「G」を合わせた造語。石神井のGや、グラーノ(小麦)のGなどの意味も込められている。
店名の〈ジターリア〉は、イタリアにジャポネの「G」を合わせた造語。石神井のGや、グラーノ(小麦)のGなどの意味も込められている。

ここ数年、都会的な空気感をバランスよく取り入れた、センスのいい飲食店が増えつつある石神井公園エリア。7年前にオープンした〈ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ〉は、そのパイオニア的な1軒。オープン当時、「ナポリピッツァの世界大会で1位になった人の店」が石神井に誕生したことは、地元で大きな話題になりました。

「最初は、中目黒、恵比寿、自由が丘、茅ケ崎、阿佐ヶ谷を候補に物件を探していました。でも申し込んだ物件すべての審査に落ちちゃって。それで、たまたまこの商店街のケーキ屋さんに寄ったら、お隣の松村不動産を紹介してくれたんです。経営者としての実績はまったくのゼロだけど、前職での経験や大会での実績を話したら『イケるぞ!』って。『ここの商店街はみんな応援してくれる街だぞ』って背中を押してくれたんです」

ご近所の農家さんから毎日届く新鮮野菜。お隣さんやご近所の飲食店とLINEグループを作り、ほしい野菜をまとめて発注している。
ご近所の農家さんから毎日届く新鮮野菜。お隣さんやご近所の飲食店とLINEグループを作り、ほしい野菜をまとめて発注している。

同じ区内の関町に15年ほど住んでいる岩澤さんは、もともと石神井に土地勘があり、「畑が近いことも魅力だった」と言います。

「石神井には近所にたくさん農家さんがいるから、作り手の顔が見える、新鮮で安心安全な野菜を使えるのは大きなメリットでした。ナポリから種を仕入れて、野菜を育ててもらったりもしています」
■続きは「Hanako w/ Seibu」をチェック。

Hanako w/ Seibu
Hanako w/ Seibu / 編集部

「私が出会ったお店と、その暮らし。サイト「Hanako w/ Seibu」はこちら

Hanako w/ Seibuさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る