t_M4A8969atari
2019.02.16

“プロ料理人御用達”そんな敷居の高さを払拭! 料理道具を求めて多くの人が訪れる、合羽橋・老舗専門店〈釜浅商店〉の魅力。

明治41年創業の〈釜浅商店〉には、使い勝手のよい料理道具を求めて多くの人が訪れます。海外からの注目度も高く、パリで行われたイベントも大盛況。良い道具をみんなのために。街を変えた商店には4代目店主のアイデアがあふれていました。

老舗の4代目が改革!合羽橋をみんなの場所に。

浅草の合羽橋といえば、料理道具を扱う商店が並ぶ聖地として有名だが、数年前まで、素人は足を踏み入れづらいプロの料理人御用達のエリアだった。国内外から多くの人が訪
れるようになったのは2012年に東京スカイツリーが開業したこともあるが、時期を同じくして〝改革〟に打って出たひとつの商店の存在も大きい。その店の名は〈釡浅商店〉。

熊澤大介/〈釜浅商店〉4代目店主。創業103年目に店のリブランディングを行い、店の認知度を確たるものに。“良理道具”を広めるため奔走の日々。
熊澤大介/〈釜浅商店〉4代目店主。創業103年目に店のリブランディングを行い、店の認知度を確たるものに。“良理道具”を広めるため奔走の日々。

今年で創業109年目を迎える老舗の料理道具専門店だ。現在、4代目の熊澤大介さんが店主をつとめる〈釡浅商店〉が、一般の人にも良い料理道具に触れてもらえるようリブランディングを果たしたのは11年のこと。

上から時計回りに本手打行平鍋(6寸)9,849円、南部浅鍋(18㎝)5,940円、大矢製作所の銅おろし金1,890円(亀)、1,555円(ミニ)、高田耕造商店のしゅろのたわし756円(特小)、637円(丸)、ペティナイフ7,203円。汎用性が高い南部鉄鍋は、レシピ付きで販売。
上から時計回りに本手打行平鍋(6寸)9,849円、南部浅鍋(18㎝)5,940円、大矢製作所の銅おろし金1,890円(亀)、1,555円(ミニ)、高田耕造商店のしゅろのたわし756円(特小)、637円(丸)、ペティナイフ7,203円。汎用性が高い南部鉄鍋は、レシピ付きで販売。

「良い料理道具を丁寧に伝える」という本質を変えずに多くの人に店を訪れてもらうにはどうしたらよいかを模索。

整理整頓の美。

M4A8969atari

ファサードのデザインを入りやすい雰囲気に変え、商品の陳列をわかりやすく、自分たちが伝えたいことの意識共有を徹底した結果、店は多くのお客でにぎわい、街全体の流れが大きく変わった。

M4A8966atari
M4A8973atari
商品が見やすいように整然と陳列するのも、リブランディング時に熊澤さんが考えたアイデアのひとつ。鍋、せいろ、フライパンなど、なにがどこに置いてあるか一目瞭然。アイテム数が多くてもお目当ての商品を簡単に探すことができる。料理道具と庖丁は隣接する別棟で販売。
商品が見やすいように整然と陳列するのも、リブランディング時に熊澤さんが考えたアイデアのひとつ。鍋、せいろ、フライパンなど、なにがどこに置いてあるか一目瞭然。アイテム数が多くてもお目当ての商品を簡単に探すことができる。料理道具と庖丁は隣接する別棟で販売。

外国人客の信頼も厚い。

M4A8976atari

「形状だったり素材だったり、良い道具には理由がある。そうした道具の魅力を合羽橋からたくさんの人に伝えたい」と熊澤さん。その言葉通り、今年パリで開催したイベントで
は多くの外国人の心を惹きつけた。

海外から訪れる外国人客のために英文と仏文の説明書を用意し、英語とフランス語が得意なスタッフも増員。これは「対面販売の商店だからこそ、商品のことをきちんと理解して購入してほしい」という熊澤さんの思いのあらわれ。外国人客からの信頼が厚いのも納得だ。
海外から訪れる外国人客のために英文と仏文の説明書を用意し、英語とフランス語が得意なスタッフも増員。これは「対面販売の商店だからこそ、商品のことをきちんと理解して購入してほしい」という熊澤さんの思いのあらわれ。外国人客からの信頼が厚いのも納得だ。

良い道具は一見武骨でも、使うほどに愛着がわき、暮らしを豊かに、楽しくしてくれる。浅草の合羽橋に昔から息づくそんな思いを〈釡浅商店〉は世界へ、未来へと伝えていく。

〈釜浅商店〉

M4A9024atari

日本各地の「良い理」を持つ道具、オリジナル商品も多数。アイテム数は1万点以上。庖丁の名入れサービスも好評。

料理道具フロア
■東京都台東区松が谷2-24-1
■03-3841-9355

庖丁フロア
■東京都台東区松が谷2-23-9
■03-3841-9357
■10:00~17:30 無休

(Hanako1144号掲載/photo : Mao Yamamoto text : Keiko Kodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る