SZ_31372
2019.02.03

Hanako Shopping List 冬のおしゃれをワンランクアップ!おすすめストール&スカーフアイテム6選

もうすっかり冬本番。寒い日々が続くからこそ、ファッションでも気分を上げていきたいもの。そんな時にちょっとしたアクセントとなるのが巻き物。カシミアやウール、モヘアといった冬素材のストールに、変化球のシルクスカーフまで、選択肢はたくさん!今回は手に入れるべき、見た目も実用性もハイレベルな巻き物をご紹介します。

1.カシミアのショートスカーフ。〈JOHNSTONS〉

35×95cm 各20,000円(ジョンストンズ リーミルズエージェンシー 03-5784-1238)
35×95cm 各20,000円(ジョンストンズ リーミルズエージェンシー 03-5784-1238)

高品質なカシミアで知られる〈ジョンストンズ〉。お値段もお手頃なショートスカーフは、タートルネック感覚でキュッと襟元に巻くのがおすすめ。ほかにターコイズブルーやベビーピンクなど様々なカラーが。

2.ウールのフリンジストール。〈JOHN BRANIGAN〉

89×174cm 13,000円(ジョンブラニガン ビショップ 03-5775-3266)
89×174cm 13,000円(ジョンブラニガン ビショップ 03-5775-3266)

アイルランド発の老舗〈ジョンブラニガン〉は、手織りのような風合いが特徴。厚手ウールのフリンジストールは、付属のピンで留めれば羽織り風に。上半身をすっぽり覆う大判サイズなので、室内での寒さ対策にも使える。計4色展開。

3.モヘアのストール。〈STONE〉

左・35×180cm 24,000円(ストーン ジオン商事/ドレスレイブ 03-5792-8003)、右・20×220cm 21,000円(ストーン ジネスペリエ千葉店 043-301-5030)
左・35×180cm 24,000円(ストーン ジオン商事/ドレスレイブ 03-5792-8003)、右・20×220cm 21,000円(ストーン ジネスペリエ千葉店 043-301-5030)

まるでタイダイ柄のような、絶妙な色使いのモヘアストール。細身のタイプなので、スカーフ感覚でさらりと巻いて、アウターにインしても素敵。

4.メルトン素材のスカーフ。〈HYKE〉

48×212cm 15,000円(ハイク ボウルズ 03-3719-1239)
48×212cm 15,000円(ハイク ボウルズ 03-3719-1239)

アウターやトップスの色を選ばないベーシックカラーは、この季節何かとお役立ち。ジャパニーズブランド〈ハイク〉のスカーフは、しっかりとしたメルトン素材。ラフに巻いただけでもシルエットが崩れず、襟元にボリュームが出せる。

5.カシミアのストール。〈A SAUCE MELER〉

70×210cm 各28,000円(アソースメレ アイネックス 03-5728-1190)
70×210cm 各28,000円(アソースメレ アイネックス 03-5728-1190)

エディターの大谷繭子氏によるストールブランド〈アソースメレ〉らしい、ポップなギンガムチェックのカシミアストール。フリンジ部分までぬかりないデザインはもちろん、滑らかな肌ざわりと絶妙なサイズ感も優秀。無地も展開。

6.シルク素材のスカーフ。〈MACKINTOSH〉

15×145cm 16,000円(マッキントッシュ マッキントッシュジャパン 03-3589-0260)
15×145cm 16,000円(マッキントッシュ マッキントッシュジャパン 03-3589-0260)

冬の巻き物はストールやマフラーだけじゃない!ストライプ柄×ひねりの効いた変形フォルムのスカーフは、高品質なシルク素材で肌ざわり抜群。ボウタイのように長くたらしたり、キュッと襟元で結んだり、自由自在。

(photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る