OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2019.01.21

最強パワースポット〈三峯神社〉参拝後はここへ。 温泉・神社・グルメで秩父を満喫!埼玉・秩父観光で訪れたいおすすめスポット3選

温泉にご当地グルメ、とっておきの観光名所が揃う秩父には魅力がたくさん。秩父に行くならおさえておきたい、新旧3つのおすすめスポットをご紹介します。

1.〈西武秩父駅前温泉 祭の湯〉温泉からグルメまで秩父の魅力を一堂に。

秩父 〈西武秩父駅前温泉 祭の湯〉

西武秩父駅に2017年に開業した複合型温泉施設。館内は温泉エリア〈祭の湯〉、フードコート〈呑喰処祭の宴〉、秩父みやげを販売する〈ちちぶみやげ市〉と3つのエリアからなり、シーンごとにさまざまな楽しみが待ち受ける。

露天風呂〈花見湯〉。露天はほかに寝ころび湯やつぼ湯が、内風呂には高濃度人工炭酸泉や塩サウナも。
露天風呂〈花見湯〉。露天はほかに寝ころび湯やつぼ湯が、内風呂には高濃度人工炭酸泉や塩サウナも。

入浴施設〈祭の湯〉には、岩風呂をはじめ4つの露天風呂と6つの内湯を完備。さらに休憩所やプレミアムラウンジもそろい、週末は宿泊も可能に。

フードコート〈呑喰処 祭の宴〉。わらじかつ丼をはじめ秩父名物がそろう。
フードコート〈呑喰処 祭の宴〉。わらじかつ丼をはじめ秩父名物がそろう。
フードコートでは秩父の食材を使ったジェラートを販売。写真は赤ワイン秩父ルージュとメープル。ダブル500円(各税込)。
フードコートでは秩父の食材を使ったジェラートを販売。写真は赤ワイン秩父ルージュとメープル。ダブル500円(各税込)。
立ち飲み〈酒匠屋台〉では日本酒3種の飲み比べや地酒を楽しめる。
立ち飲み〈酒匠屋台〉では日本酒3種の飲み比べや地酒を楽しめる。

また〈呑喰処 祭の宴〉では秩父名物やB級グルメを、〈ちちぶみやげ市〉では秩父の特産物や銘菓を販売。

〈ちちぶみやげ市〉で人気No.1の秩父みやげ。
〈ちちぶみやげ市〉で人気No.1の秩父みやげ。
秩父みそ360円。秩父の老舗味噌蔵が製造する定番みやげ。
秩父みそ360円。秩父の老舗味噌蔵が製造する定番みやげ。

旅の醍醐味が全て詰まった新たなランドマーク。秩父を訪れた際はぜひ立ち寄って。

〈西武秩父駅前温泉 祭の湯〉
■埼玉県秩父市野坂町1-16-15
■0494-22-7111
■入館・入浴 10:00~23:00、金土祝前日・特定日~24:00、朝風呂 土日祝・宿泊日の翌日6:00~9:00
■宿泊 金土祝前日・特定日20:00~9:00無休
■入館料980円、土日祝・特定日1,080円(各税込)

2.〈三峯神社〉標高1,100mの社で頑張る力を授かる。

木々が立ち込める参道は神秘的。境内の西のはずれには「えんむすびの木」が。
木々が立ち込める参道は神秘的。境内の西のはずれには「えんむすびの木」が。

関東屈指の名社として名高いのがここ〈三峯神社〉。3つの鳥居を配した珍しい「三ツ鳥居」や杉林の参道、きらびやかな装飾が美しい「随身門」など、凛とした佇まいに圧倒される。

「伊いざなぎのみこと弉諾尊」「伊いざなみのみこと弉册尊」を祀る本殿。
「伊いざなぎのみこと弉諾尊」「伊いざなみのみこと弉册尊」を祀る本殿。

本殿は340年前の建物が今でもそのまま。樹齢700年と伝えられるご神木「重忠杉」が傍らにそびえ立つ様子は、まるで守り神のよう。

青や赤などカラフルで見た目もかわいい「氣守」。計4色あり各1,000円。
青や赤などカラフルで見た目もかわいい「氣守」。計4色あり各1,000円。

こちらに参拝したら、忘れてはいけないのが「氣守」。中にご神木が入った御守で心願成就のための「気」、つまりパワーをいただけると評判。自分への元気づけにもいいし、おみやげにしても喜ばれるはず。

「遥拝殿」からは妙法ヶ岳や秩父盆地を見渡せる。運がよければ雲海も。
「遥拝殿」からは妙法ヶ岳や秩父盆地を見渡せる。運がよければ雲海も。
秩父 〈三峯神社〉

〈三峯神社(みつみねじんじゃ)〉
「御眷属(ごけんぞく)」様として祀られている狼たちもお見逃しなく。西武秩父駅から急行バスで約75分(秩父鉄道の三峰口駅から乗車すれば約50分)。西武秩父駅までは池袋から特急レッドアロー号で1時間20分ほど。
■埼玉県秩父市三峰298-1
■8:00~18:00 ※季節により変動あり

3.〈みやび庵〉武甲山の伏流水で打つ十割蕎麦専門店。

秩父 〈みやび庵〉

さらしなからいなか蕎麦まで、蕎麦は全て手打ちの十割蕎麦を提供。石臼で挽く自家製粉と秩父・武甲山から届く天然伏流水を使い、ご主人が毎日丹精込めて作り上げている。

「三種蕎麦きり」1,530円
「三種蕎麦きり」1,530円

なかでもおすすめは、一番粉、二番粉、三番粉で作る3種類の蕎麦を盛り合わせた人気メニュー「三種蕎麦きり」。3種の蕎麦を食べ比べ、それぞれの喉ごしや食感、香りの違いを味わうのも楽しい。

秩父こんにゃくの天ぷら500円。蕎麦つゆと醤油で下味を付けて天ぷらに。ぷりっとした新食感に驚き!
秩父こんにゃくの天ぷら500円。蕎麦つゆと醤油で下味を付けて天ぷらに。ぷりっとした新食感に驚き!

〈みやび庵〉
柚子や桜をはじめ、季節限定の蕎麦も随時登場。そのほか蕎麦粉入りの衣で揚げる天ぷらなど一品料理もおすすめ。地元秩父の蔵元が作る日本酒も用意。
■埼玉県秩父市日野田町2-6-24
■11:00~15:00(蕎麦が売り切れ次第終了)不定休
■30席禁煙

(Hanako特別編集『思い立ったらすぐ行ける!自分のための心休まる宿へ。』掲載/photo : Yuko Moriyama, Tetsuya Ito (Mitsumine Jinja) text : Etsuko Onodera, Hiroko Yabuki (Mitsumine Jinja) edit : Chiyo Sagae)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る