高千穂 国見ヶ丘
2019.01.15

自然蓋かな高千穂ならではの、幻想的な絶景も。 日本三大聖地、宮崎・高千穂のおすすめパワースポット・神社4選

高千穂には神々にゆかりの深い神社やスポットがたくさん。ゆったりと時間をかけて巡りたい。宮崎・高千穂のおすすめパワースポット4選をご紹介します。

1.天岩戸を川向こうに拝む社殿と、神々が神議した河原へ。〈天岩戸神社 西本宮〉&〈天安河原〉

天安河原の御祭神は思兼神(おもいかねのかみ)と八百萬神(やおよろずのかみ)。
天安河原の御祭神は思兼神(おもいかねのかみ)と八百萬神(やおよろずのかみ)。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)が籠もった天岩戸を祀る天岩戸神社 西本宮。天安河原は、天照大御神にどう出ていただくか、八百万(やおよろず)の神々が集まって神議(かみはかり)したと伝わる巨大な洞窟。参拝者が祈りを込めて積んだ石がミステリアスな雰囲気を醸し出す。

拝殿の奥に御神体・天岩戸の遥拝所があり、神職による案内でのみ向かうことができる。
拝殿の奥に御神体・天岩戸の遥拝所があり、神職による案内でのみ向かうことができる。

〈天岩戸神社 西本宮〉
■宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1
■0982-74-8239
■拝観自由(社務所8:30~17:00)

2.神社と共に史跡も巡りたい瓊瓊杵尊が降り立った峯。〈槵觸神社〉

杉の巨木に囲まれた本殿。
杉の巨木に囲まれた本殿。

天照大御神の命で瓊瓊杵尊が降り立った槵觸の峯。神山として長く信仰された後、江戸時代になり社殿が創建された。

槵觸神社に連なる、小高い丘の上にある高天原遥拝所。九州自然散歩道に繋がっているため、向かう道すがらも豊かな気持ちにさせてくれる。
槵觸神社に連なる、小高い丘の上にある高天原遥拝所。九州自然散歩道に繋がっているため、向かう道すがらも豊かな気持ちにさせてくれる。

周囲には天孫降臨の後に神々が高天原(たかまがはら)を遥拝した高天原遥拝所、水がなかった地上に天村雲命(あめのむらくものみこと)が水種を移した天真名井(あめのまない)などが。

〈槵觸神社〉
■宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713
■0982-72-2413(高千穂神社)
■拝観自由

3.槵觸の峯にひっそり立つ縁結びと芸能の守り神。〈荒立神社〉

こぢんまりした社殿ながら訪れる人が後を絶たない。
こぢんまりした社殿ながら訪れる人が後を絶たない。

瓊瓊杵尊が天孫降臨する際に道案内をした猿田彦命と、日本最古の踊り子の天鈿女命(あめのうずめのみこと)が結婚して住んだ地で、縁結びや芸能のご利益があるとされる。

縁結びと芸能を祈願する御幣500円
縁結びと芸能を祈願する御幣500円
芸能武道学業成就など7つの願いを叶えてくれるという七福徳寿板木
芸能武道学業成就など7つの願いを叶えてくれるという七福徳寿板木

宮居が荒木を使って急いで作られたことから荒立の名が。心を込め7回打つと願いが叶う板木も。

〈荒立神社〉
■宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井667
■0982-72-2368
■拝観8:30~17:00

4.雲海の名所として知られる高千穂を一望する丘へ。〈国見ヶ丘〉

高千穂盆地は雲海の下に広がっている。刻々と変化する早朝の景色は、早起きした甲斐があったと思わせるもの。
高千穂盆地は雲海の下に広がっている。刻々と変化する早朝の景色は、早起きした甲斐があったと思わせるもの。

神武天皇の孫、建磐龍命(たていわたつのみこと)が九州統治の際に立ち寄り、国見をしたと伝わる。東に高千穂盆地、西に阿蘇外輪山や五岳、北に祖母山を中心とした連峰、南に二上山に続く椎葉の山々を望む丘。神話の世界にトリップしたような雲海は、秋から初冬の早朝に現れる幻想的な光景だ。

〈国見ヶ丘〉
■宮崎県西臼杵郡高千穂町押方
■0982-73-1213(高千穂町観光協会)

(Hanako1168号掲載/photo : Noriko Yoshimura illustration : Maori Sakai text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る