お茶グッズを贈る。ティータイムを彩るおしゃれな紅茶グッズ8選
2018.12.24

“五感”を贈る、冬のギフト【味わう】 お茶グッズを贈る。ティータイムを彩るおしゃれな紅茶グッズ8選

Hanako『全国、いま絶対に行きたい店』「“五感”を贈る、冬のギフト」より、【見る】【味わう】【聴く】【触れる】【嗅ぐ】の五感に働きかけるおすすめ冬ギフトをお届けします。今回は【味わう】よりティータイムをおしゃれにしてくれるグッズをご紹介。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

お茶を淹れる、飲む、茶葉を保存する。それぞれの作業に便利で、使用感も見た目も楽しい定番グッズを選んで、優雅なティータイムをプレゼントして。

1.美しい砂時計を見ていれば、待ち時間も優雅なひとときに。

18_1017_hanako_3688_ok

茶葉を蒸らす時間は味を左右する大事な工程。ゆったりと時を刻む砂時計は眺めるのも楽しく、オブジェとしても素敵。右から、1分金メッキ、2分銀メッキ各3,000円、3分黒2,500円(全て廣田硝子すみだ和ガラス館 03-3623-4145)

2.吹きガラスで作られたポットは、お茶が映える洗練されたデザイン。

18_1017_hanako_3695_ok

ガラスと取っ手に使われたアケビのコンビがモダンな「スタジオプレパ」のティーポットは、茶葉の抽出加減を目視できるのがなにかと便利。淹れたお茶がキラキラと輝いて見えるのもきれい。22,000円(コトゴト 03-3318-0313)

3.天然素材で手作りされた、飴色のスプーンを茶匙に。

18_1017_hanako_3726_ok

イギリスの女性デザイナー、サラ・ぺセリックが作るカトラリーの素材は水牛の角。飴色でニュアンスのある表情が新鮮で、丸みを帯びた柔らかいフォルムも可愛らしい。各1,600円(共にSwimsuit Department 03-6804-6288)

4.日常にユーモアを添える、アートのようなピッチャー。

18_1017_hanako_3648_ok

愛らしい牛の形をしたミルクピッチャーは、創業200年を超えるフランスの磁器ブランド「ピリヴィッツ」のもの。口からミルクを出す姿がクスッと笑えて癒される。3,800円(The Tastemakers & Co.03-5466-6656)

5.ティーブランドが手がけた、真鍮製のモダンな茶漉し。

18_1017_hanako_3651_ok

新たなお茶文化を提案する「ベロック・ティー・アトリエ」の茶漉しは、カップにのせてお湯を注げば手軽にお茶が淹れられる。手織りワイヤーのクラフト感あふれるデザインも美しい。1,600円(H.P.DECO 03-3406-0313)

6.どこに置いてもなじむ、ミニマルなデザインの茶筒。

18_1017_hanako_3629_ok

思わずキッチンに並べたくなる優しい色合いと洗練されたデザインが印象的な「MOHEIM」のティン・コンテナー。密封性も高くしっかり茶葉を湿気から守ってくれる。S 2,600円、M 2,800円、L 3,100円(全てMOHEIM moheim.com)

7.ガラス製の個性的なカップは、光による綺麗な陰影が生まれる。

18_1017_hanako_3706_ok

デコラティブなデザインのガラスのティーカップとポップなカラーリングのソーサーの組み合わせがとても新鮮。プレーンルヌ グラス3,000円、ソーサー1,500円(共にマリアージュ フレール 銀座松屋通り店 03-3564-1854)

8.ティーブレイクにぴったりな、コンパクトサイズのケトル。

18_1017_hanako_3657_ok

お茶用にお湯を沸かすなら、「OPA」のステンレスケトルのような0.5ℓの小ぶりサイズがちょうどいい。容量が少ないので短時間でお湯が沸き、そのまま急須やカップに注ぎやすいのがうれしい。7,500円(ドワネル 03-3470-5007)

(Hanako1167号掲載/photo : Naoki Seo text : Yuichi Samejima)

TOPに戻る