季節を問わずに愛されるイタリアの国民食。本場のジェラート名店4軒を巡る!
2018.10.27

「伊太利亜 ミラノ村からBuongiorno!」第2回 季節を問わずに愛されるイタリアの国民食。本場のジェラート名店4軒を巡る!

人生の転機でミラノへ引越しした元築地OLによる、伊太利亜通信。~街を駆けまわるのが大好きな好奇心旺盛の食いしん坊が、意外と田舎でミニサイズの愛すべきミラノから、リアルな日常をお届けします。第2回は、そこかしこに散らばるこだわりのジェラテリアの中から4軒をピックアップ!
静谷 麻衣
静谷 麻衣 / ライター

「いままでに訪れた国、約35カ国。イタリアに住んでからというもの、太陽が照りつける真夏の海で泳ぐことが何よりの楽しみとなりました!(Instagram @shizuraaa)」

静谷 麻衣さんの記事一覧 →

イタリアの国民食、ジェラート。

C16F138E-61EA-4703-B44D-6BAE79BDFDAB

夏が終わり、季節は秋へ。ジェラテリアが暑い時期に繁盛するのは当然ですが、この時期も安定の人気ぶり。一年中、老若男女に愛されています。ミラノの街を歩いていると、ジェラート片手にビシっと決めたスーツ姿で闊歩するビジネスマンを目にすることも。なんだか愛らしく、思わずこちらも幸せな気持ちになる瞬間です。

その1. 隠れた名店〈 BACI SOTTOZERO 〉

CC4B5F0B-8763-4318-8AB8-5EC34B056D48

街路樹の緑が爽やかな大きなロータリーの一角。ここで車が減速したかと思いきや、助手席からジェラートを買い求めにお客さんが出てくる光景も珍しくありません。季節を問わず夜間になると、住宅街に潜む小さなお店が人でいっぱいに。待つことが嫌いなイタリア人も、この時ばかりは自分の番を今か今かと待っています。

7895A343-78B4-4BDD-87E4-47F03859745F

〈 Baci 〉はピスタチオが有名なシチリア発のジェラテリア。ジェラートが7層に重なった「7 al Pistacchio」が大人気。アラブ、地中海、南アメリカ、オーストラリアの各ピスタチオを使ったジェラートの層が4つと、チョコレート、ブラックチョコレート、生クリームのジェラートで、計7層。たまに挟まれているキャラメルのカリカリとした食感と上にふりかけられた荒削りのピスタチオの効果も相まって、一口ひとくち違う味わいが楽しめます。見た目も味もとっても豪華。甘さの中に軽~く塩味が効いていて、良い塩梅なんです。スモールサイズのカップかコーンで、2.7ユーロ(約351円)。

4DC5BFF0-C5E1-465D-9640-A4FADCDB79D4

余談ですが、実はこの隣にシチリア名物「アランチーノ」(ライスコロッケ)を売る小さなお店が併設されていて……これまた絶品!中に茄子やチーズが入った、日本で言う「おにぎり」を揚げたもの。ここで小腹を満たした後に、ジェラートで〆るのも良いかも!

その2. 超老舗〈 antica gelateria SARTORI dal 1937 〉

巨大なミラノ中央駅の脇に、何やらひっそりと存在する屋台。露店のような簡易的なボックスの外観でありながら、実は親子三代にわたってもう80年以上も美味しいジェラートを提供している歴史あるジェラテリアだというのだから、驚き。

4E30E17E-DDD1-4B6B-93BD-B9D4F2892E97

「Ciao!ここのおすすめは何?」との問いに、「一番売れているのはピスタチオとヘーゼルナッツね」とウィンクをしたお兄さん。イタリアでは言わずと知れた、不動の人気ツートップです。ピスタチオは細かく砕かれた粒が目に見えて、味が濃厚。それもそのはず、惜しげもなく100%シチリア・ブロンテ(火山灰を含む土壌と寒暖差の大きな気候によってできる濃厚なピスタチオのメッカ)産を使っているとのこと。一方は、まるでキャラメルポップコーンのように香ばしいヘーゼルナッツが実ごとゴロっと潜んでいて、満足感でいっぱい!ここでは絶対に、この2つの人気味を試す価値アリ!スモールサイズは2.5ユーロ(約325円)。

3619C7BC-3D81-4E01-9FEB-BF735F7885EE

その3. 素材にとことんこだわった〈 Gelato ecologico & Frozen Yogurt 〉

とにかく甘さ控えめで、大人の味。ナチュラル志向のビーガンジェラート。そんなものを求めている時、行きたいジェラテリアはこちら。

C40CE6DA-B0A1-4A1C-9E2F-4E71E244B915

「豆乳シナモン」、「豆乳ヘーゼルナッツ」といった豆乳入りのさっぱり味が楽しめ、そのほか滋養強壮に効果がありそうな「甘草の根」や、まるで蒸かしたかぼちゃを食べているような「かぼちゃのベルベット」など、他のお店にはない変わり種があるんです。気になる糖質も、心配無用。スモールサイズは1.9ユーロ(約247円)。なんと2ユーロを切る安さ(ミラノではだいたい2.5ユーロ~3ユーロ前後)。最近いちおしの場所です。

05E632BF-67AA-47B7-888A-B1F022B6DA56

どのジェラテリアにも発泡スチロールのお持ち帰り用パックが用意されていて、このように自宅用に詰めてもらうことができます。このお店では最大4種類まで選べ、量り売りで約750gが13.5ユーロ(約1,755円)でした。自宅用詰め合わせも、ミラノの平均価格より2、3ユーロ安め。今回は「アーモンド」、「ミルク」、「ヘーゼルナッツ」、「チョコレート」を選択し、友人宅へのお土産に持参。甘さが控えられているので食後のデザートに大好評でした!

そういえば、このお店をいつ訪れても、イタリアで一番人気のピスタチオ味が見当たらない!ピスタチオ好きの私には大問題です!!!口数の少ないこだわり店主に何度か尋ねたものの、「ピスタチオ味は作っていないんだよね」と、それ以上のことは語ってくれません……。一番売れる味以外で、勝負。素朴ですが侮れないジェラテリアなのです。

その4. 口コミで絶大な人気を誇る〈 il Massimo del gelato 〉

6DFE04BB-0492-4661-8B79-C9F6C69FC9A5

広々とした店内に一歩足を踏み入れると、ふわふわと波打つようにディスプレイされた豪華な見栄えのジェラートに釘付け。奥に置かれた長椅子に腰掛けて落ち着いてジェラートを楽しめるのも、魅力の一つです。

981DEF58-23A6-43A2-8132-1F1CAA9094CD

店先の棚には、ジェラートに使われる桃や生姜、メロンが置かれており、なんだか安心。きちんと作られたジェラートだと分かると、ホッとしますね。

07D5AA92-BBD2-4921-84AA-25FE9027C6C0

大体決まって「ピスタチオ」と「fior di latte」(ミルク)を選択する私。「ヘーゼルナッツ」も捨てがたいのだけど……そういえば、ここはチョコレートが自慢のジェラテリアでした(苦笑)。10種類にも及ぶチョコレートジェラートが美しく並べられているので、必見です!スモールサイズは2.8ユーロ(約364円)。そうそう、どこのジェラテリアでもスモールサイズで十分に満足できると思いますよ。

~今回ご紹介したお店はこちら~

〈 BACI SOTTOZERO 〉
■住所:Piazzale Siena 18, 20147 Milano
■アクセス:メトロM1「Bande Nere」駅から徒歩5分
■営業時間:12:00~0:00
■定休日:なし

〈 antica gelateria SARTORI dal 1937 〉
■住所:Piazza Luigi di Savoia, 20125 Milano
■アクセス:メトロM2「Caiazzo」から徒歩3分。またはメトロM2・M3「Centrale」から徒歩7分。
■営業時間:11:00~1:00(日曜日のみ10:30~1:00)
■定休日:なし

〈 Gelato ecologico & Frozen Yogurt 〉
■住所:Via Carlo Ravizza 5, 20149 Milano
■アクセス:メトロM1「De Angeli」から徒歩5分。
■営業時間:14:00~0:00
■定休日:なし

〈 il Massimo del gelato 〉
■住所:Via Lodovico Castelvetro 18, 20154 Milano
■アクセス:メトロM5「Gerusalemme」から徒歩4分。
■営業時間:12:00~0:00
■定休日:月曜日

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る