ブランディングディレクター・福田春美さんが愛用する、とっておきのノートとは?
2018.09.22

「仕事をする上でノートは必須!」 ブランディングディレクター・福田春美さんが愛用する、とっておきのノートとは?

仕事をする上でノートが欠かせないという、ブランディングディレクター・福田春美さん。そんな福田さんが愛用する、とっておきのノートとは?実際にどのように使っているのかも合わせてご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

一度触ってみたらわかる、日本製の高品質ノート。

1577_atari

ブランディングディレクター・福田春美/ライフスタイルショップやホテルのブランディング、企業のプロデュースなどを手がける。9月に初の暮らしの本『ずぼらとこまめな家仕事』(主婦と生活社)が発売に。

昭和22年から変わらぬクラシカルな表紙デザイン。その高い品質が海外でも評価されている、日本が誇るクラシックノートのツバメノート。福田さんは仕事にはこのノートが欠かせないのだという。使っているのはA5サイズの大学ノート。
「まず、〈ツバメノート〉が独自で特許までとったツバメ中性紙フールスが素晴らしいです。滲まないし、ペンがスルスルと乗る。裏写りも少ないし、ページをめくる時の手離れもいい。一度触ってみたら、やめられなくなるのがわかると思う」

ノートには、仕事にまつわるすべてを書き込む。会議やプレゼンの時にもノートを開き、会話を進める。
「私は言葉や文字で全部を説明するのが苦手。それよりどういうイメージか、どう進みたいのかを図や絵にしてみんなと共有したい。ホワイトボードのように次々と書き込める場所が、このノートなんです」

1540_atari

10年以上愛用しているノートは取り出しやすい場所に。「新しい仕事で行き詰まって過去のノートを見返すことも」。表紙にはその時々の気分やテーマなどを書く。

1551_atari

ノートはプロジェクト別にしたこともあったが今は一冊に。「何冊も持ち歩くよりシンプルに」

1532_atari

あるブランドの商品展開のイメージ。ノート上に多面的に図案化し、頭の中のイメージを広げていく。

1581_atari

福田さんの自宅の文房具。お気に入りは最近足繁く通う北海道で見つけたマスキングテープ。「〈六花亭〉や立体作家の大西重成さんの〈シゲチャンランド〉のものなど、レアなマステをいくつかキープしてます」。

1578_atari

福田さんのペンケース。〈ぺんてる〉のトラディオ・プラマンは青と赤を2色。〈ゼブラ〉の筆ペン、〈パイロット〉のサインペンも愛用。

(Hanako1163号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki text : Kana Umehara edit : Rie Nishikawa)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る