【ハワイ】自然へのリスペクトが詰まった伝統工芸「ラウハラ編み」のバッグや帽子が欲しい!
2018.09.02

注目作家からおすすめショップまで。 【ハワイ】自然へのリスペクトが詰まった伝統工芸「ラウハラ編み」のバッグや帽子が欲しい!

ハラの葉を使って帽子やバッグなどを編むハワイの伝統工芸「ラウハラ編み」。今回は、貴重なラウハラ編み作家・スザンヌ・スワートマンさんとその気になる作業工程、さらにラウハラ編みを取り扱うおすすめショップをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

自然への感謝が生み出す美しいラウハラ編み。

ハワイで暮らす人々にとって自然は、身近であると同時にとても尊い存在。ハワイの文化や芸術には、大自然と共生していくという人々の思いが色濃く反映されているものが多いが、ハワイを代表する伝統工芸品として、いまふたたび注目を集めているラウハラ編みもそのひとつだ。

MG_5555

ハワイでも数少なくなったラウハラ編み作家のスザンヌ・スワートマンさんも、はじめはラウハラ編みの美しさに魅了されたファンのひとりだった。

MG_5539

バカンスでかぶるラウハラ編みの帽子が欲しくて探していたが、そのときにはすでに作り手の数が減少していて購入できる場所がない。そんなときに〝師匠〞となる作家に出会い、帽子をオーダーしたところ「私が教えるから、自分で作ってみなさい」と言われたのが、ラウハラ編みをはじめたきっかけだったのだという。はじめは、絶望的な気持ちになるくらいうまくいかなかったが、作り続けるうちに編むスピードや仕上がりにも変化が。鍛練を重ねた職人の技によって、新しい姿へと生まれ変わった帽子やバッグはナチュラルな風合いながら洗練されていて、ため息が出るほどの美しさ。

MG_5689

スザンヌさんは「ラウハラ編みは、ハワイの大切な文化のひとつとして、もちろん引き継がれていくべきものだけど、私はただ帽子が欲しかっただけなのよ」と笑うが、ハワイの自然が持つ力が彼女のものづくりに向き合うエネルギーになっていることは間違いない。

ラウハラ編みの工程

①ハラの葉を摘む

MG_5391

スザンヌさんの自宅庭には立派なハラの木が。乾燥して枝から落ちかかっている葉を選ぶ。

②葉をなめす

MG_5364

選んだ葉のとげや汚れをきれいに取り、専用マシーンでスムースな質感になるようになめす。

③均等の幅に裂く

MG_5417

なめした葉は均等な幅になるように裂く。葉の色によって束をわけて保管する。

④葉を編む

MG_5475

1本ずつ編むマカモエナや2 本まとめて編むマカオエノなど編み方もさまざま。

貴重なラウハラ編みを取り扱うショップ。

X2A1341

昨年末にワードビレッジにオープン。モロカイ島発のブランドで、素材にこだわったウェアを展開。

X2A1347

モダンなハワイを感じさせるセレクトアイテムも扱う。スザンヌさんの作品も。

〈Kealopiko〉
店はサウスショア・マーケット内に。ハワイアンカルチャーを感じさせるアイテムにテンションもアップ。
■1170 Auahi st., Honolulu 
■808-593-8884
■10:00~21:00(日~18:00) 無休

(Hanako1132号掲載/photo:Kenya Abe text:Keiko Kodera)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る