t_MMM3777
2018.08.29

レンタカーがなくても大丈夫! 【ハワイ】ワイキキから日帰り!サーファーの聖地・ノースショアの、バスでの行き方とは?

オアフ島北部、サーフカルチャー感じるハワイの人気エリア・ノースショア。レンタカーがなくても、オアフ島の公共バス「The Bus」を利用すれば、ワイキキから日帰りで行けちゃうんです!今回は、バスの乗り方からノースショアへの行き方、快適な乗車のコツまで詳しくご紹介します。

いざ乗車!目指すは52番バス。

MMM3025

ノースショアに行くバスは、〈アラモアナセンター〉から出発する。海とは反対側の、コナ・ストリート沿いのバス停に向かおう。52番バス「Wahiawa-Haleiwa」が乗り換えなしの最短ルートで、約30分おきに便がある。

MMM3018

この看板がある場所がバス停。右側の数字がルート番号だ。アラモアナセンターには複数のバス停があるので注意。

MMM30191

運賃は大人2.50ドル。おつりは出ない。乗車時に、運転席の横の料金箱に入れる先払い制。

MMM3033

乗車時に、運転手にこの「トランスファーチケット」をもらおう。これがあると、約2 時間以内なら2回まで乗り換えが無料に。ただし往復での使用は禁止。

MMM3040

バスを降りるときには、車内に張ってある紐を引っ張る。バス停の名前は小さくしかアナウンスされないので、不安なら運転手に降りるバス停を伝えて、着いたら知らせてもらうよう頼もう。

■The Busのコツ①
アプリを活用しよう。
アプリ「Da Bus」はぜひダウンロードを。英語しか対応していないが操作はそれほど難しくなく、GPSで近くのバス停を調べたり、次にバスが来るまで何分かを表示したりできる。

■The Busのコツ②
車内の防寒対策を忘れずに!
バスの車内はかなり冷房が効いている。あまりの寒さに途中下車してしまった、という観光客の声も。外は暑くても、上着や膝にかけられるものを用意しておいたほうがいい。

時間に余裕があるなら途中下車も。

ノースショアに着くまでに途中下車して、観光を楽しんでも。例えば、ワヒアワにはパイナップルで有名な〈ドール・プランテーション〉のショップや、パワースポットとして知られる〈バース・ストーン〉などがある。

MMM3233

パイナップル栽培で有名な〈ドール・プランテーション〉。
■64-1550 Kamehameha Hwy., Wahiawa

MMM3231

かつてハワイ王族の出産場所だったという〈バース・ストーン〉。手前の岩ではなく、右奥の木々のある場所だ。

緑豊かなハレイワの海でのんびり。

バス乗車から約1時間半~2時間、高層ビルは姿を消し、パイナップル畑を両側に眺めて、海を望む坂道を下れば、いよいよノースショアのハレイワの街に到着。ハレイワのビーチは緑豊かで、のんびりした雰囲気だ。

MMM3759

ノースショアの海はサーフスポットとしても人気。ボードを持って歩く人もちらほら。

MMM3725

細かな砂が美しいビーチ。小さくて可愛らしい貝殻がたくさん落ちている。

MMM3777

ハレイワからやや離れるが、緑に囲まれた「ワイメア・ベイ・ビーチ・パーク」はロコにも人気のビーチだ。

■The Busのコツ③
ハレイワでバスを降りよう。
ハレイワのメイン通り「カメハメハ・ハイウェイ」にはバス停が多いので、行きたい場所の最寄りを調べておこう。もし少し乗り過ごしたとしても、歩ける距離なので大丈夫。

(Hanako1132号掲載/photo:Yuko Moriyama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る